その恋もう少しあたためますかの動画を1話から無料視聴する方法【最新話まで】

その恋もう少しあたためますかの動画を無料視聴する方法

「その恋もう少しあたためますか」

動画配信サービス「Paravi」

第1話から最新話まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<Paraviのおすすめポイント>
 
・TBS系列の人気ドラマやテレビ東京系列の人気ドラマが見放題
・最新の連続ドラマやバラエティ番組も見逃し配信
・アニメ、海外ドラマなどParavi独占でラインナップ!話題の新作映画も
・スマホのアプリでは動画のダウンロードも可能
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々1017円(税込)で継続できる
 
<Paraviユーザーの声>

20代女性

下町ロケットが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れて便利だなって感じた!スマホのアプリで見れるし、すぐ見れるところがとにかくお手軽。他の動画配信サービスでは配信されていないTBSやテレビ東京の独占ドラマがあり、ドラマ好きには必須の動画配信サービスだと思う。また、水曜日のダウンタウンなどのバラエティ番組も充実してるから、自宅で退屈なときに重宝してる♪

その恋もう少しあたためますかの見逃し動画まとめ

■第1話から最新話までフル動画の視聴方法■

Paravi

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

本編のこの恋あたためますかはこちら
<見逃し動画>第4話 「その恋、一触即発!」
 
TVerでの配信は終了しました
 
第4話の公式あらすじ

客(土田英生)とのトラブルからスー(古川琴音)を守る陸斗(一ノ瀬颯)。居合わせた石原(佐野ひなこ)の連絡で上杉(飯塚悟志)が駆け付けて…それぞれの恋が加速する!
 
<出典>Paravi公式

第4話のネタバレはここをクリック
スーの決意

漫画家を目指し日本にやってきたスーは、アルバイトするコンビニ「ココファミリー」の店長の上杉が気になっていた。

しかし、とあるきっかけで仲良くなったゆり子から、スーの本当の気持ちは陸斗にあるのではないかと言われてしまう。

その言葉がどうしても頭から離れないスーは、自分の気持ちをちゃんと理解することができずに困惑するのであった。

そんなスーは、太極拳をしながら陸斗はただのバイト仲間であり、友達なのだと自分に暗示をかけるように言い聞かせる。

なんとか落ち着きを取り戻したスーは、今日一日陸斗とは、仕事の話以外しないと心に固く誓うのであった。

 
素っ気ないスー

その日アルバイトのため「ココファミリー」にやってきたスーに、陸斗はいつものように話しかける。

さらにスーが好きだと話していたキン肉マンのキャラクターのラーメンマンのカードをフリマで見つけたと話すと、それをスーのために買ってきたのだと伝える。

陸斗は、ラーメンマンというキャラクターが弱気を助けるという男前なキャラであることを熱く語るのだが、陸斗とは話をしないと決めたスーは素っ気ない態度を取る。

その後もことある毎にスーに話しかけてくる陸斗に、スーは動揺を隠せない様子で、別の仕事をするようにと指示を出すのであった。

いつもはスーと楽しく話せていた陸斗だったが、急にスーが冷たくなってしまったことに原因もわからず困惑してしまうのであった。

 
トラブル発生

そんな中、ある1人の男性客がやってくると、そのレジ対応をスーがしていると、その男性客はスーがアルバイト店員だと気がつく。

するとその男性客は、アルバイトにはレジを打って欲しくないとあからさまなクレームをいれると、店長を呼ぶように伝える。

しかし店長の上杉が休んでいることを伝えると、その男性客は舌打ちをしながらスーのレジ見ているのであった。

ずいぶんと理不尽なクレームを入れられてしまったスーは、動揺してしまい冷たい蕎麦を温めるか聞いてしまう。

するとその男性客は、それが冷たい蕎麦であることを指摘すると、アルバイトだからといってテキトーな仕事をするなと厳しく話す。

その後お箸を入れようとしたスーの動きを止めさせた男性客がは、自分はフォーク派なのだといちゃもんとしかいいようのないクレームを入れるのであった。

すべての会計を終えたスーが商品を渡すと、その男性客は「テキトーな仕事をするな。辞めてしまえ」と言い残し去っていくのであった。

 
助けに入る

そんな男性客の理不尽すぎるクレームを、品だしをしながら聞いていた陸斗は、我慢ができなくなってしまいその男性客を呼び止める。

そして、スーは一生懸命仕事をしているのだと反論すると、アルバイトだからといって辞めさせる権利はあなたにはないと食って掛かる。

すると男性客は、陸斗もまたアルバイトなら、自分に意見をいう資格はないと陸斗の肩を押してしまう。

男性客に押された陸斗は、先ほどまで床をピカピカに磨いていたせいで盛大に転んでしまうと、それは暴力だと掴みかかってしまう。

なんとかスーが間に入り止めようとすると、そこにゆり子が偶然やってくると、騒がしい店内の様子に気がつく。

ゆり子がやってきたことに気がついたスーは、ゆり子に店長と連絡を取っ手欲しいとお願いするのであった。

 
大人の対応

ゆり子から連絡を受けた上杉は、謝罪のためスーツを着てその男性客がまつ喫茶店へとやってくる。

その男性客から話を聞きながら謝罪する上杉を、問題を起こしてしまったスーと陸斗が心配そうに見つめている。

しかし、偶然を装って近くにいたゆり子は、陸斗やスーは悪くないと2人の行動が間違えでなかなかったことを伝える。

そんな中、男性客に謝罪を終えた上杉が帰ってくると、とりあえずは話がまとまったとスーたちの元にやってくる。

そこで上杉は、男性客から叱られているときに笑ってしまったスーを叱り、お客に掴みかかった陸斗も叱るのだった。

しかし、アルバイトも大切な従業員だと考える上杉は、それを理解できないお客は来る必要はないと告げたのだと話す。

そして、2人は辞めさせないと告げると、これからもよろしく頼むと笑顔を見せるのであった。

 
加速する恋

その後スーと一緒に帰る陸斗は、上杉がかなりの大人の対応をしていたことに、その人間としての度量の大きさを改めて実感するのだった。

そんなスーは、すぐに助けに入ってくれた陸斗もまたラーメンマンのようでかっこよかったと告げる。

そんなスーは、陸斗からラーメンマンのカードを受けとると、家に帰り陸斗への思いが大きくなっていることに気がつくのだった。

その頃喫茶店でゆり子に迷惑をかけたと謝る上杉に、ゆり子は番号が消されていなかったことに安心したと話す。

すぐに消すつもりだったと返答する上杉に、ゆり子は対応がかっこよかったと話すと、連絡先を消さなくてもいいと告げ、上杉は動揺しながらもその嬉しさを隠せずにいるのだった。

第4話の感想はここをクリック
このトラブルを通してなんとスーちゃんが陸斗への思いを強くしてしまったようで、じたばたするスーちゃんが可愛かったですね。
 
さらに大人の対応をする上杉をいいなと思ったゆり子もまだ、その恋を走らせていくようで、今後の展開も楽しみですね。

<見逃し動画>第3話 「その恋、青天の霹靂!の巻」
 
TVerでの配信は終了しました
 
第3話の公式あらすじ

スー(古川琴音)の家に押しかけてきた石原(佐野ひなこ)。それぞれの恋心を告白し合うが…。一方、コンビニの万引騒ぎで上杉(飯塚悟志)と陸斗(一ノ瀬颯)が大もめ!?
 
<出典>Paravi公式

第3話のネタバレはここをクリック
突然のゆり子

ある日、漫画を描いていたスーは、チャイムがなったことに気がつき、ドアスコープを覗き込む。

するとそこには、炭酸子ことゆり子が立っていることに気がつき、スーは驚きながらもドアを開けるのだった。

するとゆり子は、先日突然家にやってきたことやココファミリーの親睦会の邪魔をしてしまったことを謝りに来るのであった。

困惑するスーだったが、その手土産として大量の炭酸水を持ってきたことに笑ってしまい、樹木もいやいことからゆり子を家に上げるのだった。

その頃、上杉は鼻歌を歌いながら品出しを終え片付けていると、店の奥で陳列していたはずの陸斗が大声を上げるのだった。

その声になにごとかと駆け寄った上杉は、陳列しようとしていた新商品が丸ごとなくなっているのだと話すと、万引きにあったのだと慌て始めるのだった。

 
告白

その頃、家にあがったゆり子は買ってきた炭酸水をテーブルに拡げると、好きなだけ飲んでくださいとスーに語りかける。

スーはこんなときまで炭酸水を買ってくるゆり子を見て、本当に炭酸水が好きなんだなと感じるのであった。

するとゆり子は、スーと陸斗の関係が気になったようで、もしかして好きなのではないかと単刀直入に尋ねる。

しかしスーは、そんなゆり子の質問に笑ってしまい、ただのバイト仲間なのだと答えるのであった。

ほっとしたゆり子は、気づいているかもしれないがと前置きしながら、自分は陸斗のことが好きなのだと告白するのであった。

するとそれを聞いたスーは、自分は店長である上杉のことが好きになってしまったと告白すると、お互いに恋がうまく行くようにと応援し合うことを約束するのだった。

 
逆転してしまう

そんな恋ばなで盛り上がるゆり子とスーは、お互いの好きな人のいいところを言い合っており、スーは上杉の大人なところが好きなのだと語る。

それを聞いたゆり子は、怒った陸斗が想像できないくらいの優しい笑顔や、お客である自分を大切にしてくれることに感動し、好きになったのだと語るのであった。

その頃、新商品が丸々無くなってしまったことから、上杉と陸斗は余裕をなくしてしまい、上杉は「もうだめだ」とうなだれる。

さらにそんな上杉を見た陸斗は、上杉の首を掴むと「しっかりしろ」と鬼の形相で語り描けるのであった。

しかし、無いものは無いと諦めた上杉と陸斗は、お互いを責めていたにも関わらず、いつの間にか自分が悪かったのだと、考えが逆転してしまうのだった。

一方、お互いの好きな人を褒め合っていたゆり子とスーであったが、ゆり子は上杉の気の使い方が上手だと褒めるのだった。

さらに勘違いとはいえ、連絡を取り合ってしまったことを真摯に謝る上杉の姿に、彼の真面目な性格を見たのだと話すのだった。

 
キン肉マン

ゆり子からそんな話をされたスーは、突然自分はキン肉マンが好きなのだと語ると、中国にいるときからそれを愛読していたのだと話す。

しかし、だいぶ前の漫画であるキン肉マンの話ができる同年代の日本人はなかなかおらず、スーは孤独感を感じていたのだと話す。

そんなある日、陸斗は自分の知らないところで、キン肉マンを全巻購入し、それを読んでくれていたのだと話す。

そこから、キン肉マンの話をするようになり、陸斗の優しさを感じたことを告げるのであった。

その後、すっかり話し込んでしまったゆり子が帰ろうとすると、スーはまたいつでも遊びに来てと声をかけるのであった。

 
灯台もと暗し

自分を見送りに外にやってきたスーに、ゆり子はやはり上杉との恋は応援することができないと語るのだった。

突然の意見の変わりように困惑するスーであったが、そこでゆり子はスーはまだ本当の気持ちに気がついていないと語る。

そしてスーの本当に好きな人は、上杉ではなく陸斗なのだと声をかけると、上杉との恋は応援できないと告げ、そのまま帰ってしまうのだった。

その頃、店内のどこにも新商品が見つからなかったことから、上杉はついに警察に被害届を出す決意を固めるのだった。

すると陸斗は、上杉が運んでいたばんじゅうにある違和感を覚えると、そのしたばんじゅうに新商品があることに気がつくのだった。

万引きされていなかったことにほっとした上杉は、危うく被害届を出すところだったと笑う。

そんな上杉を見た陸斗は、中国語で「灯台もと暗しだ」と声をかけると、上杉は納得したようにまた笑うのであった。

その頃、ゆり子からスーが好きなのは陸斗ではないかと言われたことが頭から離れず、スーの心は荒れ始めた天気のように混乱してしまうのであった。

第3話の感想はここをクリック
スーちゃんとゆり子がこれを機会に仲良くなりそうでしたが、スーちゃんの話から陸斗への思いがあることを知り、ゆり子だけでなく、見ていたこちらも驚かされました。
 
そんなスーちゃんの気持ちをちゃんと気づかせようとするゆり子の優しい一面が見れて、とてもいい子なんだなと感じました。
 
これから陸斗を巡る三角関係になってしまうのか、今後の展開を楽しみにしていきたいと思います。

<見逃し動画>第2話 「その恋、誤解の嵐!の巻」
 
TVerでの配信は終了しました
 
第2話の公式あらすじ

陸斗(一ノ瀬颯)に間違われていると知らないまま、石原(佐野ひなこ)とメッセージのやり取りをする上杉(飯塚悟志)。コンビニメンバーの鍋パーティーに石原を誘うが…。
 
<出典>Paravi公式

第2話のネタバレはここをクリック
ソワソワする上杉

日本で漫画家デビューを夢見て中国からやってきたスーは、コンビニ「ココファミリー」でアルバイトをしていた。

そんなスーは、ちょっとした手違いからゆり子が陸斗にあてたメッセージを受け取ってしまった上杉の様子が最近おかしいことに気づくのだった。

上杉は、あの日からスマホを見てはにやついたり、急に真剣な表情になったりと、ずっとソワソワしているのだった。

その翌日、職場にやってきたスーは、上杉の様子を見に行くと、ボーッとしながら発注している姿を見つける。

その機械を覗き込んだスーは、上杉が飲料を5万本も発注しようとしていることに気がつき注意をする。

我に返った上杉は、咄嗟に数量を訂正すると、今日スーの家で鍋パーティをすることを告げられ、空返事をするのであった。

 
受かれるゆり子

整体師として働くゆり子は、念願の陸斗と連絡をとっていることを施術しながら嬉しそうにお客さんに話すのであった。

ゆり子は、その相手が面白いひとなのだとその画面を見せると、名前がコンビニマンであったり、少しオジさんくさいところがあると、送られてきたスタンプを見せるのだった。

その頃、今日行われる鍋パーティにゆり子を誘うおか迷っていた上杉は、やはり外部の人間がいるのはどうかと考えながらスマホとにらめっこしていた。

しかし、ちょっとしたことから、そのメッセージを送信してしまい、さらにそのスタンプを見せていたことからすぐに既読がついてしまう。

慌てる上杉であったが、食事に誘われたことにテンションを上げるゆり子は、その鍋パーティに行くことをすぐに了承するのであった。

 
好きな人

その頃、スーが樹木と住む家で鍋パーティの用意の手伝いにやってきた陸斗は、中国語のハンドブックを見せながら勉強中だと伝える。

そして陸斗は、覚えたての中国語で「あなたが好きです」とスーに伝えるのだが、スーはそんな言葉を気にも止めずにいるのだった。

しかし、諦めきれない陸斗は、好きな人はいないのかとスーに聞くと、スーはふと上杉の顔を思い浮かべてしまう。

咄嗟に慌てるスーは、鍋の準備を進めるとキッチンに向かうと、陸斗には飼っているハリネズミの大福に餌を与えるよう指示を出すのだった。

大福に餌をあげながら、陸斗は大福に向かって全然スーに振り向いてもらえないことを嘆くのだが、ペット相手に何を話しているのだとバカらしくなるのだった。

 
勘違い

そんな時、スーツを身に纏いビシッと決めた上杉がやってくると、スーや陸斗はそれが仮装なのではないかと話していた。

そんなことはお構い無く、上杉は堂々とその姿や今までにないくらいの笑顔をスーたちに向けるのであった。

そんな上杉は、スーに恋愛に年齢差は関係あるのかと質問をすると、自分のことだと感じてしまい、顔を赤らめるのだった。

さらに上杉が思いを寄せる人物が年齢差のある人だと知ると、より恥ずかしくなりスーはオイスターソースを買いに出掛けると話すのだった。

そんなスーを可愛く思う陸斗は、中国語で「あなたが好きです」と呟くと、その意味を上杉に聞かれ、オイスターソースという意味だと嘘をついてしまうのだった。

 
みんな勘違い

慌てて外に飛び出したスーは、そこでゆり子が自分の家にやってきたことを知ると、陸斗に呼ばれたのだと聞かされるのだった。

バイト先である「ココファミリー」の親睦会のつもりで開いた鍋パーティにお客であるゆり子が来たことにスーは不満そうな表情を浮かべる。

家に戻ってきたスーは、陸斗に来客があったことを伝えると、陸斗は不思議がりながらも外へと出ていく。

買い物に行きたかったのにと呟くスーに、上杉はオイスターソースの意味だと勘違いしている中国語を口にする。

スーは、それが自分に向けられた告白だとさらに勘違いすると、また顔を赤くしてしまうのだった。

そんな中、内輪だけで楽しもうとするスーの意見を聞いた上杉は、ゆり子に断りの電話をかけるのだった。

しかし、家に上がり手土産を渡すゆり子は、コンビニマンからの着信がありながらも陸斗がスマホを操作していないことに気がつく。

ここでようやく、それぞれの勘違いに気がつくと、上杉は肩を落とし落ち込んでしまうのであった。

さらに上杉の好きな人がゆり子だったと知ったスーが落ち込んでしまい、そんなスーを見た陸斗がさらに落ち込んでしまうのであった。

その後無事鍋パーティが終わると、元気になった上杉とは対照的に、落ち込み続ける陸斗のことが気にかかるスーなのであった。

第2話の感想はここをクリック
早くもそれぞれの思いが勘違いだったと判明してしまいましたが、陸斗の落ち込みようはかなりのものでした。
 
スーちゃんのあのキャラクターは、とても可愛らしくて陸斗ならずとも優しくしてあげたくなりますね。
 
そんな陸斗を心配するスーちゃんが、これからどう陸斗に接するのか、そしてゆり子も優しくしてくれる陸斗にどうアプローチするのか楽しみですね。

<見逃し動画>第1話 「その恋、一方通行!の巻」
 
TVerでの配信は終了しました
 
第1話の公式あらすじ

スー(古川琴音)の平和な日常が、陸斗(一ノ瀬颯)目当ての客・石原(佐野ひなこ)が取ったある行動に狂わされる!上杉(飯塚悟志)も巻き込んで”恋の四角関係”に!?
 
<出典>Paravi公式

第1話のネタバレはここをクリック
コンビニ・ココエブリィ

日本で漫画家デビューを目指す、中国からやってきたスーは、日々画力を鍛えながら、コンビニ「ココエブリィ」でのバイトをしていた。

スーは、このココエブリィで働く大学生の陸斗そしてここの店長である上杉と毎日楽しく仕事をしているのであった。

ある日、カップルのお客さんの対応をしていた上杉は、そのカップルがお弁当を温めるまでもなく熱々のカップルなことに羨ましさを感じていた。

そんな上杉に淡い恋心を寄せるスーは、なんとか振り向かせようと、そんな冷えきった心を温めてあげると話す。

しかし、スーにまったく興味がないのか、上杉は素っ気ない返事をすると別仕事に手をつけ始める。

そんな上杉は陸斗に明日からのクジの景品を並べておくように指示を出すと、陸斗はスーに一緒にやろうと笑顔で声をかけるのだった。

 
炭酸子

陸斗とスーがクジの景品のディスプレイを始めようとしていた頃、ココエブリィに常連客の石原ゆり子がやってくるのだった。

ゆり子は、毎日のようにやってきては、炭酸水だけを買って帰ることから、店員の間では「炭酸子」と呼ばれているのだった。

炭酸子ことゆり子は、どうやら陸斗に思いを寄せているようで、棚の影から陸斗の仕事の様子を伺うのであった。

ゆり子は、どうにか陸斗に自分の存在を認識させようと、名刺を取り出すと今日こそは渡そうと決意を固める。

そんなゆり子の気持ちを知らない陸斗は、スーへの恋心を抱いており、なんとかデートに誘おうと言葉を選びながら声をかける。

しかし、陸斗の思いはなかなか届かずにスーは皆と一緒なら遊びにいってもいいと応え陸斗を困惑させるのであった。

 
ゆり子の決意

一方、なんとか自分のアドレスを渡そうと試みるゆり子は、自分の名刺を取り出しそこに連絡先を記入しようと画策する。

ゆり子は、その裏面に連絡先を書き込もうとするが、書くものがなく上杉からペンを借りるのであった。

自分の連絡先を記入したゆり子だったが、翌日からのクジの準備に忙しくする陸斗を見てなんとなく渡せずにいるのだった。

仕方なく店内をうろつくゆり子は、いつものようにペットボトルの炭酸水を買おうと、その商品に手を掛けるのであった。

すると、その陳列棚の奥から商品を補充する上杉の顔を見たゆり子は、その不気味さに驚き手に取った炭酸水を放り投げてしまうほど驚くのだった。

その放り投げられた炭酸水は、やっとのこでクジの景品を並べ終えた陸斗に当たってしまい、せっかくのディスプレイを崩れさせてしまうのだった。

 
運命の出逢い

お客様であるゆり子を驚かせてしまった上杉は、慌ててゆり子のもとへ駆け寄っていくのだった。

驚き倒れてしまったゆり子は、眼鏡が外れてしまい、必死にその眼鏡を探しているのであった。

そんなゆり子に声をかけた上杉は、眼鏡を外していたゆり子の素顔を見ると、その可愛さに一気に心を奪われてしまうのだった。

その頃、飛んできたものが炭酸水だと気がついた陸斗は、それを飛ばしてきたのが炭酸水のゆり子だと気がつくのだった。

眼鏡をかけ直したゆり子は、慌てて陸夫のところへ駆け寄ると、優しい陸斗はそんなことも気にせず炭酸水を返す。

しかし、ここまで飛んできた炭酸水のことを考えた陸斗は、これを開けたら吹き出すかもしれないと新しいものを用意すると笑顔を向ける。

ほとんど初めての会話に近いその言葉に有頂天となったゆり子は、勇気を振り絞り名刺を渡そうとする。

しかし、またしてもディスプレイが崩れてきてそれを直そうと忙しくする陸斗を見て、その名刺を商品棚にさして帰っていくのだった。

 
勘違い

ゆり子が帰ったあと、すっかり心を奪われた上杉は、平静を保とうと、陸斗たちの様子を見に行く。

なかなか進んでいないことに驚く上杉だったが、ふと商品棚に挟まれている名刺に気がつく。

すると陸斗から、さっきの炭酸子がそれを置いていったのだと告げられると、それが自分宛だと勘違いするのだった。

それが自分宛だと勘違いした上杉は、眼鏡を外したゆり子を思いだし上機嫌になるのだった。

そんか上杉に、ゆり子から返すようにと頼まれたボールペンを手渡したスーに、上杉は「最高だ」と声をかけるのだった。

スーはそんな喜ぶ上杉に可愛さを感じボーッとしていると、陸斗からの誘いを空返事でOKしてしまうのだった。

その後、メッセージを受け取ったゆり子は、陸斗からのものだと勘違いして幸せな気分になるのだった。

第1話の感想はここをクリック
それぞれが別の人への想いを抱いており、それが見事に交錯しており、それぞれの勘違いで浮かれている様子はとても可愛らしかったですね。
 
本編もさることながら、このスピンオフドラマもかなり面白そうな雰囲気で、これからどうなるのか、すぐに引き込まれてしまいました。
 
それぞれのすれ違った想いがこれからどう発展していくのか、楽しみにしたいと思います。

その恋もう少しあたためますかの内容

公式サイト

片思いが大渋滞!?コンビニ「ココエブリィ」で巻き起こる四角関係ラブコメディ!アルバイトと店長、そして常連客…それぞれの恋、あたたまるまであともう少し!
 
<出典>Paravi公式

<出演者>

古川琴音
一ノ瀬颯
佐野ひなこ< 飯塚悟志(東京03)

第1話から最新話まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

本編のこの恋あたためますかはこちら

その恋もう少しあたためますかの感想

40代男性

スピンオフらしい展開と言えば展開の内容となっています。やはり、このドラマを見ることで、本作の方も良く見えてくると思います。「その恋もう少しあたためますか」第1話は本作の主人公スーたちが働くコンビニ「ココエブリィ」が舞台。ここのスタッフ、スー(古川琴音)店長・上杉(飯塚悟志)陸斗(一ノ瀬颯)石原(佐野ひなこ)と常連客による全員片思いの四角関係の恋物語。舞台だけは同じなのですが、その物語の進行内容は全く違ったもの。とはいえ、本作品と考え方などは同じという内容で、裏ではこんなことがあったんだと思いながら見る事の出来る作品となっています。また、それぞれのスタッフの、このコンビニで働き始めた背景にも言及。スーは、マンガ家を目指して中国から日本にやってきて、自身が働くコンビニでの出来事をネタにしてマンガにしているという、一石二鳥となる生活。こんなところが話の始まりにすることで興味が沸いてきます。このドラマも胸キュン系のドラマになるとは思いますが、どうやって、このそれぞれの片思いが整理されていくのか楽しみにしています。恋バナ部分としては、全員片思いの四角関係の恋物語が売りの今作ですが、それがややこしくなることなく、交通整理が出来たら良いなと思いました。

40代男性

高齢化のせいなのかが無理やりにおじさんを恋の中に混ぜ、ねじ込んでいる所に薄ら寒いものを感じます。しかしながら舞台としてコンビニが舞台となっているようなところに少しばかりのおじさんが生活感を出し、現実味を体感させるのに必要なのかもしれないと感じました。漫画家を目指しているという女性が出演しているところも最近の流行りである二次元への憧れがある若者が多いということに起因しているのでしょう。しかしながら中国から日本にやってきたといったようなそんな樹木の親友である彼女への風当たりが少し厳しくなってしまうのかもしれない、ネトウヨからの強いバッシング受けても大いに納得できるのかもしれないので注意が必要であるのかもしれないのです。このドラマの唯一の拠り所と言えるペットのハリネズミ、このペットのハリネズミがいなければ私はこのドラマの価値は半減すると言っても過言ではないぐらい、このハリネズミに助けられている部分が往々にしてあるのではないかと思いました。とにかく恋に恋するお年頃、そんな女性たちの心を鷲掴む脚本であるということに頷けるのですが、ハリネズミはそんな彼女達だけではなく私のような男性の心も鷲掴みしてくれました。しかしながら握ってしまうと血が出てしまうかもしれませんね。爆