ハリーポッターと炎のゴブレットを動画配信で無料視聴する方法|DVDレンタル以外の方法

ハリーポッターと炎のゴブレットの動画を無料視聴する方法

「ハリーポッターと炎のゴブレット」

業界ナンバー1の動画配信サービス「U-NEXT」

フル動画を配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「U-NEXT」31日間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<U-NEXTのおすすめポイント>
 
・国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
・映画、ドラマ、アニメなどのジャンルで見放題作品数でNo.1
・スマホ、テレビ、PS4などで動画が視聴可能
・追加料金無しで最大4人まで同時に視聴することができます
・70誌以上の雑誌が読み放題でダウンロードできる
・無料期間後は、月々1990円(税抜き)で継続でき、毎月1200ポイントもお得
 
<U-NEXTユーザーの声>

30代女性

14万本以上の動画が見れて、それがしかも見放題というところに惹かれました。1か月だけお試しで入ったけど、何より新作映画が見れたことがビックリでした。動画も綺麗でチラツキや音声の乱れもなくてサクサク鑑賞できました。また、ダウンロード機能がついているので、家でスマホにダウンロードして通勤中で電車で見ることもできて便利です♪かなり充実している動画配信だと思います。
 
無料登録で600ポイントがもらえ、新作映画でも無料で視聴できるからお得!

ハリーポッターと炎のゴブレットの動画まとめ

■ハリーポッターと炎のゴブレットのフル動画の無料視聴方法■

今すぐU-NEXTで動画を見る

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

「ハリーポッターと炎のゴブレット」 2005年11月26日劇場公開
 
U-NEXTで動画が配信されています
 
 
公式あらすじ

夏休み、ハリーは、奇妙な夢で目が覚める。その夢とは、リトル・ハングルトンにあるリドルの館でヴォルデモートとピーター・ペティグリュー(ワームテール)が自分を殺す計画を立てていて、そこへ現れたマグルの老人フランク・ブライスがヴォルデモートに殺されるというものだった。
 
その後、ハリーはウィーズリー家からの招待を受け、上級生のセドリック・ディゴリー、その父エイモスとともにクィディッチ・ワールドカップの決勝を観戦しに行く。ハリーは会場で、魔法省の「魔法スポーツ・ゲーム部」部長、ルード・バグマンやロン・ウィーズリーの兄であるパーシーの上司、バーテミウス(バーティ)・クラウチ、そして彼の屋敷しもべ妖精のウィンキーと出会う。ウィンキーはハリーの手で自由の身となった屋敷しもべ妖精ドビーの知り合いであり、ドビーは本来は無給で働かなければいけない屋敷しもべ妖精でありながら、給料をもらえる職場を探しているため、新しい職場が見つからないのだと語る。
 
アイルランド対ブルガリアのクィディッチの試合をアイルランドが制した激戦のその夜、仮面をつけた複数の魔法使い、通称「死喰い人」と呼ばれるヴォルデモート卿の配下たちによって13年ぶりにとある事件が起こる。そしてハリー、ロン、ハーマイオニーの3人が混乱から逃げる途中、13年ぶりに不気味な闇の印(ヴォルデモート卿と死喰い人の印)が打ち上げられる。事件現場の真下には魔法省の役員数十名が放った「失神呪文」に当たったウィンキーが、気づかないうちに失くしていたハリーの杖を持ち、失神していた。クラウチは自分が指示した場所にウィンキーがいなかったことに激怒し、ウィンキーを解雇する。ハーマイオニーはそんなクラウチの行動に納得がいかず腹を立てる。
 
新学期が始まり、元「闇祓い」アラスター・ムーディ(マッド-アイ)が「闇の魔術に対する防衛術」教授に就任する。そしてアルバス・ダンブルドア校長が、ホグワーツ魔法魔術学校、ダームストラング専門学校、ボーバトン魔法アカデミーの3校による「三大魔法学校対抗試合(トライ・ウィザード・トーナメント)」が約100年ぶりにこの一年間にわたって行われることになり、代表選手は各校の17歳以上の生徒からひとりずつ選ばれると発表する。
 
ハロウィーンの日、ダームストラングとボーバトンの生徒たちと各校長たちがホグワーツに到着する。その夜、ダンブルドアは代表選手を選び出す「炎のゴブレット」を紹介し、立候補する者は名前を書いた紙をゴブレットのなかに入れるよう告げる。代表選手の名前のみが、ゴブレットから出ることになっている。結果、ホグワーツからはセドリック・ディゴリー、ダームストラングからはビクトール・クラム、ボーバトンからはフラー・デラクールが出場することとなる。しかし、その3人が選ばれたあとも火は燃えつづけ、ゴブレットからハリーの名前が出てくる。ハリーは自分の名前を入れていなかったため困惑するが、魔法契約の拘束力により辞退できず、4人目の代表選手として三大魔法学校対抗試合に出場することになる。
 
規定外でありながらも代表となったハリーは、多くの生徒からひんしゅくを買うことになり、親友のロンにも疑われ、絶交状態になる。さらに記者のリータ・スキーターが悲劇的に脚色した中傷記事が「日刊予言者新聞」に掲載され、生徒たちからはより誤解を受ける。
 
第一の課題は、1頭のドラゴンから第二の課題についてのヒントが隠されている金色の卵を奪うことであった。ルビウス・ハグリッドの助けもあってこの課題を早く知ったハリーは、クラムとフラーの二人も課題の内容を知っていることに気付き、セドリックにも内容を教える。ハーマイオニーの助力を得てドラゴンを出し抜く方法を考えていたハリーは、ムーディからのアドバイスを参考に「呼び寄せ呪文」の練習を始める。
 
第一の課題で、ハリーは呼び寄せ呪文を使って、シリウス・ブラックからもらった箒(ほうき)、ファイアボルトでの飛行による陽動作戦で金の卵を奪う。肩を怪我するものの、結果はクラムと同点で1位になる。ロンの誤解も解け、ふたりは仲直りする。
 
ある日、ハリーがハーマイオニーに連れられホグワーツの厨房を訪れると、そこではドビーが働いていた。彼は、週給1ガリオン、1か月に1日の休日をもらっていると言い、ハーマイオニーは喜ぶ。一方、ドビーと一緒にダンブルドアに雇われたウィンキーは、クラウチを思って泣き続ける日々を送っていた。
 
三大魔法学校対抗試合にともない、クリスマスにダンスパーティが開かれることとなる。ハリーたち代表選手はパートナーと最初に踊ることが決められており、ハリーはパートナーを探さなくてはならなくなる。意を決して初恋の相手、チョウ・チャンに申し込むが、セドリックと行くことになっていると断られる。ロンもフラーに申し込むが断られ、ふたりは焦る。ロンは、最後の手段だとばかりにハーマイオニーを誘うが、彼女はすでにパートナーが決まっていると言われ、断られる。なんとか学年一の美女、パーバティ・パチルを誘うことに成功したハリーは、彼女の妹のパドマ・パチルをロンに紹介してもらえることになり、ふたりともパートナーが決まる。
 
パーティ当日、ハリーとロンは、美しくドレスアップしてクラムのパートナーとなっているハーマイオニーを見て驚く。パーバティとパドマに愛想をつかされたふたりが庭を歩いていると、セブルス・スネイプがダームストラングの校長イゴール・カルカロフにホグワーツから逃げるよう言っているのを聞く。さらに、ハグリッドがボーバトンの校長、オリンペ・マクシームに自分が半巨人であることを明かすのも聞き、ショックを受ける。
 
第二の課題が近づいているにもかかわらず、ハリーは金の卵のヒントの謎を解き明かせていなかった。ダンスパーティの帰りにセドリックから卵を持って監督生のバスルームに入るよう言われていたため、意を決し、それを実行する。そこでハリーは嘆きのマートルに出会い、その助言に従って卵を水の中に入れてみると、水中人(マーピープル)の歌が聞こえてくる。その歌の内容は「湖の深い底にいる自分にとって大切なものを時間内に取り戻せ」というものだった。風呂場から帰る途中、ハリーは「忍びの地図」に書かれているスネイプの研究室に、病気のため、クリスマスからホグワーツに姿を見せていない「バーテミウス・クラウチ」と書かれているのを見つけ、不思議に思う。
 
卵の中のヒントは分かったものの、どうやって水中で呼吸すれば良いのか分からないハリーは、ロンとハーマイオニーと図書室で本を調べるが、ふたりは途中でマクゴナガルから呼び出されたまま戻って来ない。ひとりで探しているうちに眠り、試合開始の10分前にドビーに起こされる。諦めかけたハリーはドビーから鰓昆布を使うアドバイスを受け、試合に参加する。
 
湖の底にはロン、ハーマイオニー、フラーの妹のガブリエル、チョウが水魔に捕らわれていた。チョウがセドリックに、ハーマイオニーがクラムに助けられ陸に向かうなか、フラーだけが現れない。ハリーはロンとガブリエルを連れて、棄権したフラーを除く3人のうちの最後に陸に戻る。ハリーは到着が一番遅かったがその行ないは非常に道徳的であるとの判断で、カルカロフを除くすべての審査員から高得点を受け、2戦の合計でセドリックと同点一位となる。
 
ホグズミード村に隠れ住んでいるシリウス・ブラックを訪ねたハリー、ロン、ハーマイオニーは、彼からクラウチの息子のことを聞かされる。死喰い人だったクラウチの息子は、父親に見捨てられアズカバンに送られたあとに死亡し、クラウチ自身も周りから息子の行状を監督できなかったことを批判され、魔法省での立場が悪くなり、今に至っているという。一方、リータ・スキーターに中傷の記事を書かれたハーマイオニーは、学校に出入り禁止になっているはずの彼女が、なぜ個人的な会話を立ち聞きして記事にできるのかを探り始める。
 
第三の課題の説明を受けたあと、クラムと歩いていたハリーは浮浪者のような姿になったクラウチを見つける。わけのわからないことを口走るクラウチをクラムに見張らせ、ハリーはダンブルドアを呼びに行く。戻るとそこにクラウチの姿はなく、クラムが失神し倒れていた。クラムは無事だったが、ハリーはむやみに出歩かないようにハグリッドとシリウスから注意を受ける。
 
ハリーが占い学の授業中に居眠りをしていると、ヴォルデモートがワームテールを拷問する夢を見る。額の傷の痛みで目が覚めたハリーはダンブルドアに報告に行く。校長室に行くとダンブルドアは留守で、部屋にあった水盆、「憂いの篩(うれいのふるい)」に顔を突っ込むと、ハリーはダンブルドアの「記憶」のなかに入る。過去でクラウチの息子が法廷で父親に裁かれている場面を見て、同級生ネビル・ロングボトムの両親がクラウチの息子とベラトリックス・レストレンジに拷問されたすえに正気を失ったことを知る。その後、戻って来たダンブルドアに夢のことを話し、ネビルの両親については黙っているよう言われ、ハリーは校長室を出る。
 
第三の課題ではハリーは迷路でスフィンクスやほかの選手たちを抜かし、今まで助け合ってきたセドリックと一緒に優勝杯を取る。しかし、優勝杯は移動キーになっており、ふたりは「トム・リドル・シニア(ヴォルデモートの父親)」と書かれた墓があるリトル・ハングルトンに連れて行かれ、セドリックは待ち構えていた配下のワームテールに死の呪いで殺される。そしてその後、父親の骨、下僕(ワームテール)の肉、敵(ハリー)の血という3つのアイテムにより、ヴォルデモート卿はついに復活する。その後、配下の死喰い人たちがヴォルデモートの招集に応じて集まる。そして、ハリーはヴォルデモートと決闘するが、互いの呪文がぶつかりあったとき、ヴォルデモートの杖で殺された人々のゴーストのような姿が杖から現れる。ハリーは現れた両親のアドバイスや、セドリックのゴーストの最後の願いによって助けられ、セドリックの亡骸とともにホグワーツに戻る。
 
直前まで墓場で起きていた惨事をまだ信じきれないハリーは、何があったのかをダンブルドアに嗚咽しながら話す。ハリーは優しく諭すようなムーディに連れられて彼の部屋へ向かうが、そこでムーディは「闇の印」を打ち上げたのもハリーの名前をゴブレットに入れたのも、さらにハリーが優勝するよう仕向け、ゴブレットを移動キーに替えたのも自分だと語る。ムーディは真相を話し終えると、周りを警戒しながらもハリーに向かって杖を上げる。唖然として動けないハリーだが、間一髪のところでダンブルドアに救出される。ムーディが所持していた魔法のトランクの中からは本物のムーディが現れ、狂気に取り憑かれハリーを殺そうとする偽のムーディはポリジュース薬(変身薬)を飲み忘れていたためもとの姿に戻る。その正体はクラウチの息子、バーテミウス・クラウチ・ジュニアだった。「忍びの地図」に現れた「バーテミウス・クラウチ」の名前は、父親と同じ名前をつけられた彼のものであった。
 
「真実薬」を飲まされたクラウチ・ジュニアは、アズカバンにいたとき、命がもう少ないと分かっていた母親が父親に、代わりに自分を助けるよう頼んで、ポリジュース薬で互いに姿を変え脱獄したこと、その後父親に服従の呪文で監禁されたが、徐々に呪文を打ち破り何とか抜け出してヴォルデモートに会ったこと、そして父親を逆に服従させ、ムーディを捕えて彼に変身し、ホグワーツに入ったことを語る。さらに息子は父親をハリーがクラムと歩いていた日に殺したという。その場に呼び出されたウィンキーはそれを聞いて号泣する。
 
ハリーは、ヴォルデモートの杖から両親やセドリックの姿が現れたのは、ヴォルデモートの杖とハリーの杖の芯に使われている不死鳥の尾羽が、フォークスのものだったからだとダンブルドアに聞かされる。ロン、ハーマイオニー、ロンの母のモリー、兄のビル、シリウスに付き添われ医務室に入院することになったハリーのもとに、魔法大臣コーネリウス・ファッジが訪れる。ファッジに付き添っていた吸魂鬼はクラウチ・ジュニアの魂を吸い取り、だんぶるハリーのことを中傷記事にするリータの記事を信じるファッジは真っ向からヴォルデモートの復活を信じず、ハリーに優勝賞金1千ガリオンを与えてすぐに去る。ダンブルドアはファッジと決別し、かつての仲間に連絡をとるようにシリウスに告げ、スネイプにも任務を与える。
 
終業式の祝いの席で、ダンブルドアは生徒たちにセドリックの死とヴォルデモートの復活について語る。ハリーは賞金をセドリックの両親に渡そうとするが断られたため、悪戯(いたずら)用品専門店〔ゾンコ〕を開くのに資金が必要なウィーズリーの双子兄弟に与える。ハーマイオニーは、リータ・スキーターが無許可の「動物もどき」(アニメーガス)であることを暴き、一年間ペンを持たないよう命令する。汽車の中で楽しい一時を過ごしたハリーは、ふたたびダーズリー家に帰宅する。
 
<出典>ハリーポッターと炎のゴブレット WikiPedia

ネタバレはここをクリック
クディッチ・ワールドカップ
14歳になったハリーは、ある夢を見る。
それはヴォルデモートが自身の取り巻きたちと密談を交わしているというもの。
そこではハリーを殺すという内容の話がされていた。
 
その後、ハリーはハーマイオニーに起こされ、ロンの家族と共にクィディッチ・ワールドカップの観戦に出かける。
会場のスタジアム付近はすでに大勢の魔法使いが集まり賑わっていた。
観戦した魔法使いはスタジアム付近にテントを建てそこに寝泊まりするのだ。
ハリーたちも魔法のテントを建て荷物を置きスタジアムへ。
その日はアイルランドvsブルガリアの試合で、ブルガリアには、世界一のシーカーであるクラムがいるということでスタジアムは大いに盛り上がるのだった。
 
試合後、ハリーたちがテントで休んでいるとスタジアム付近にヴォルデモートの手下であるデス・イーター達が現れ、テントを次々と破壊して行く。
魔法使いたちが逃げる中、闇の印であるドクロとヘビのマークが空に描かれ、ハリーの仕業だと疑われてしまう。
ハリーは自分が見た夢と今回の事件について書いた手紙をシリウス・ブラックに送るのだった。
 
 
三大魔法学校対抗の大イベント
その後、ホグワーツ魔法魔術学校の新学期が始まり、ハリーたちは4年生に。
 
今年はホグワーツで三大魔法学校が集まり、伝説の大イベントを行なう年ということで、ボーバトン校とダームストラング校の一行がホグワーツにやって来る。
ボーバトンは女子校で、ダームストラングはクディッチの世界一のシーカー・クラムがいる男子校。
イベントは、3校の代表者が3つの課題をクリアに挑むというもので、各校代表者を選出しなければならない。
ダンブルドアは立候補したいものは炎のゴブレットに名前を書いた紙に入れるよう説明する。
 
しかし17歳以上の生徒しか立候補できないよう炎のゴブレットには魔法がかけられていたのだった。
その後、ダンブルドアにより闇の魔術の先生として新たに着任したマッドアイ・ムーディが紹介されるのだった。
その後、ハリー達はマッドアイはの授業を受けるも、使用禁止の呪文を教えようとし、生徒達はドン引き。
マッドアイは使用禁止の呪文の一つ「死の呪い」をかけられ死を免れたのはハリーだけだと説明するのだった。
 
数日後、各校の代表者が発表される。
ダーツストラング代表はクラム、ボーバトンの代表はフラー、ホグワーツの代表はセドリック。
代表者が決まり盛り上がる中、炎のゴブレットがもう1人の代表者としてハリーを選出。
17歳以上という条件を満たしていないにも関わらずハリー代表に選出され一同は先生達も生徒達も困惑。
 
しかし、炎のゴブレットが選出したということで4人目の代表者としてハリーも参加することに。
 
その後、ハリーはみんなからズルをしたと思われ、ロンとも喧嘩をしてしまう。
そんななか、シリウスから「会って話しがしたい」と手紙が来て、ハリーは指定された時間に談話室へ。
そこで暖炉の炎に扮したシリウスと話すハリー。
そこでシリウスはワールドカップにデス・イーターが現れたのも、炎のゴブレットからハリーの名前が出たのもハリーを陥れるためにホグワーツ内の誰かが企んでいると警告するのだった。
 
 
第1の課題
その後、ハリーはハグリッドに呼び出され一緒に森へ。
そこで第1の課題がドラゴンとの対決だと知るのだった。
翌日、ハリーは周りからズルい人間だと馬鹿にされ白い目で見られるように。
 
そんななか、マッドアイがハリーを呼び出す。
そこで、マッドアイはハリーに自分の強みを生かし、杖を使って第1の課題のドラゴンと戦うようアドバイスするのだった。
数日後、第1の課題当日。
課題はドラゴンがいる競技場から金の卵をゲットするというもので、代表者4人は対戦するドラゴンをくじ引きの要領で選ぶ。
その結果、ハリーは最も性格のきついドラゴンが当たってしまう。
 
そして課題がスタートし、フラー、クラム、セドリックは成功し、ラストはハリーの番。
ハリーは暴れ回るドラゴンに苦戦しながら、杖でほうきを呼び、金の卵をゲット。
 
その後、これまで白い目で見られていたハリーはみんなから讃えられ、ロンと仲直りするのだった。
 
 
ダンスパーティー
第2課題の前に、クリスマスにダンスパーティーが開かれることになり、生徒たちは誰とペアを組むかソワソワしていた。
ハリーは密かに想いを寄せるチョウをペアに誘おうとするも、既に相手がいるようで断られてしまう。
 
その後、生徒達は続々とペアを作り、ペアがいないのはハリーとロンだけになり、慌てて2人は双子の女子生徒とペアを組むのだった。
そしてダンスパーティー当日、ハリーたちはハーマイオニーが女子人気ナンバーワンのクラムとペアを組んでいることを知り驚く。
その後、なかなかダンスパーティーに馴染めないハリーとロン。
するとロンはハーマイオニーにクラムの悪口を言い、ハーマイオニーを怒らせてしまうのだった。
 
 
第2の課題
金の卵の中に次の課題のヒントが隠されてあるが、ハリーはその謎を解けずにいた。
するとセドリックがヒントをくれ、ハリーは風呂に金の卵を入れる。
水中で金の卵を開けてみると歌が聞こえて来るのだった。
 
その後、次の課題が水中だと推理したハリーは、ネビルから水中で息ができるエラ昆布を調達してもらい課題に向かう。
 
そして湖で第2の課題がスタートする。
エラ昆布を食べ水中を魚のように動けるようになったハリーは目的地に向かうも、水魔・グリンデローがその行手を阻む。
ハリーが目的地に到着すると、そこには水中で意識を失ったロン、ハーマイオニー、フラーの妹、チョウの姿が。
今回は彼らを助けるという課題だったのだ。
セドリックがチョウを、クラムがハーマイオニーを助け、ハリーはロンを助けようとする。
 
しかしフラーは脱落し、フラーの妹を助ける人がいない。
そこでハリーはロンとフラーの2人を救出。
順位は3位だったが、その優しさが評価されクラムを抜き2位となるのだった。
 
その後、魔法省のクラウチが、何者かに襲われ亡くなってしまう。
ハリーがダンブルドア校長の元に行くと、校長室で
ダンブルドアの記憶に入り込んでしまう。
そこでら評議会が行われていて、そこでクラウチの息子がネビルの両親を殺した容疑で逮捕されていた。
そこで見たクラウチの息子は、ハリーが夢で見たヴォルデモートと一緒にいた男だった。
 
そしてバンブルドアの記憶から戻ったハリーはそのことをダンブルドアに話すのだった。
 
 
ヴォルデモートの復活
その後、第3の課題が始まる。
今回は超巨大迷路の森の奥にある、優勝杯を取るというもの。
迷路の森に入って行く4人だったが、まずフラーが植物に襲われ、クラムはセドリックと戦い倒れる。
 
そしてセドリックとハリーは優勝杯を見つけ2人で同時に杯に触れる。
 
しかしそれは本物では無く触れた途端2人はある墓地に移動する。
そこはトム・リドルの墓。
するとそこにワームテールが現れセドリックを殺す。
そしてハリーを拘束し、ワームテールはヴォルデモート復活の儀式を始める。
そしてワームテールがヴォルデモートの体やハリーの血を入れた結果、ヴォルデモートが復活。
 
その後、ヴォルデモートの元にデスイーターたちが集まる。
その中にはマルフォイの父・ルシウスの姿が。
そしてヴォルデモートは更なる力を手に入れるためにハリーと決闘を行う。
そして、ハリーとヴォルデモートの魔法がぶつかった時、両親や過去に殺された人たちの亡霊が現れ、その助けもあり、ハリーは優勝杯を手にみんながいるスタート地点に無事に帰ることに成功。
 
その後、ハリーを代表者にしたのも、優勝杯を墓地にワープするようにしたのも、全てを仕組んでいたのがマッドアイだと判明する。
しかしそのマッドアイは本物では無く、アズカバンの囚人・クラウチの息子が薬で変身しマッドアイになりすまし悪事を働いていたのだ。
ダンブルドアはすぐに彼を捕まえ、監禁されていた本物のマットアイを救出するのだった。
 
<感想>
 
 
今作はハリー・ポッターシリーズの4作目ということで、三大魔法学校対抗イベントがホグワーツで開催され、そこに罠が仕掛けられていて、最終的なヴォルデモートが復活するというストーリー展開でした。
 
それぞれの課題にハラハラドキドキする展開があり見応えがありました。
 
ハリーと優勝杯を巡りを切磋琢磨してきたセドリックがあっさり死んでしまったのは切なかったですね。
 
ラストにはヴォルデモートが復活するなど、この後どんな展開が待ち受けているのか次回作が楽しみになる結末でした。
 
さらにこれまで描かれなかった恋愛模様についても描かれる場面もありました。
 
ロンとハーマイオニーの仲が良いからこその微妙な関係性やハリーの恋模様など、今後どうなっていくのか気になりました。

ハリーポッターと炎のゴブレットの内容

<キャスト>

・ハリー・ポッター:ダニエル・ラドクリフ
・ロン・ウィーズリー:ルパート・グリント
・ハーマイオニー・グレンジャー:エマ・ワトソン
・ドラコ・マルフォイ:トム・フェルトン
・ビクトール・クラム:スターニスラフ・イワネフスキー
・チョウ・チャン:ケイティ・ルング
・ネビル・ロングボトム:マシュー・ルイス
・セドリック・ディゴリー:ロバート・パティンソン
・フラー・デラクール:クレマンス・ポエジー
・ルビウス・ハグリッド:ロビー・コルトレーン

登録後もらえる600ポイントで無料視聴!

今すぐ無料おためし

「U-NEXT」1ヶ月間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

ハリーポッターと炎のゴブレットの感想

50代女性

ハリー・ポッターの少年期がいよいよ終わりを告げ、激動の青年期へ突入する段階です。しかも、この章では、親友ロンと仲違いをしてしまい、ハーマイオニーは味方に付いてくれるものの、孤軍奮闘の辛さがあります。ヒーロー故に降りかかるやっかみと妬みから孤立しがちなハリーを支えてくれたのは、何時も二人の親友でした。三人が連れ立ってホグワーツの中庭を歩く姿は、微笑ましさと冒険への企みがあり、思わずニヤリとしてしまう。元気で歓声を上げ大袈裟に喜んだり、まだ丸さが残る頬を強張らせて怒りに眉を吊り上げた少年達は、確実に成長を遂げる。そして、自分の道を見つけるのだろう。進む方向は同じでも、決して同じ道を辿れない事を暗示している。ロンは、ハリー・ポッターになれぬ事を心底認識し始めました。だから、彼は親友から離れなければならなかったのです。自分が何者であるかを知るために。ハーマイオニーは、成長速度が速い女子であるだけにもっと早く悟ったのでしょう。彼女の主人公を助ける姿勢は揺るぎないのは、彼が負う運命に対する優れた洞察力があると思う。もう一人の男子は自分に向き合い、葛藤するのに精一杯で冷静沈着な判断など出来てはいない。恐らく、ロンがグリフィンドールの勇気を示すのは、生死を分かつ追い詰められた時なのだろう。

20代女性

成長したハリー・ポッターの大迫力の戦闘シーンが見所です。とにかくスケールが大きく、現実的なところと非現実なところが相まって、思わず自分もその場にいるような感覚になります…!今回はロケーションも様々なので、最後までワクワクドキドキが止まりません!見所は戦闘シーンですが、ハリー・ポッターや周りの人たちの気持ちの動きや葛藤など、人間らしさがものすごくリアルに描かれていて、一緒になって考えたり私だったらこうするかな…など魔法使いとはいえ人間らしいストーリーがふんだんに盛り込まれています。映画を見ている途中に感情移入してしまい、さらにストーリーが面白くなりました(笑)そのくらい心情が細かく描かれています。特にハリー・ポッターに関しては、ずっと特別な存在として扱われてきましたが、その分いろんな試練が待っていて今回も応援の気持ちでいっぱいになりました。ハリー・ポッターシリーズ、個人的にエマ・ワトソンさんのファンなのですが、シリーズが進むにつれて落ち着いた大人の魅力が増しています…!エマ・ワトソンという役者としてもハーマイオニーという役柄としても、一緒に成長していっているのではないかと思えるような、そんな物語です。おもしろい!

30代女性

ハリー、ロン、ハーマイオニーは、クイディッチのワールドカップをロンの家族たちと一緒にみにいきます。そこで盛り上がっていたりもかかわらず、ヴォルデモートの手下デスイーターたちがテントを次々と襲って恐怖をまきちらします。ハリーは無事でしたが、不安はのこるものでした。ホグワーツ魔法学校では、他校の魔法学校が集まって三対抗試合を行うことになりました。ボーバトン校、ダームストラング校もパレードさながらの入場をしてホグワーツに現れます。ダームストラング校からは、クイディッチのワールドカップ選手のビクトールクラムの姿があります。杖と炎とアクロバティックな演出をしました。ボーバトンは女性のフェミニンを全身からはなち魅了しました。炎のゴブレットにハリーは名前を書いていないのに、ホグワーツの選手として選ばれます。ホグワーツからもう一人セドリックも選ばれました。ハリーにどうやって炎のゴブレットに名前をいれたかロンは聞くが、ハリーはいれていないの一点張りで、ロンはおこって二人の仲がわるくなります。そんな中第一の課題がドラゴンて死にかけながら激闘をするハリーをみてロンもやっと仲直りをします。残りの課題にハーマイオニーも力ぞえをします。影でなにものかがハリーの手助けを導いていました。ヴォルデモートの復活に三対抗試合が利用されてしまいます。

30代女性

ハリー・ポッターと炎のゴブレットの見どころは、「仲良し3人組の関係性の変化」だったと思います。ハリー・ポッターシリーズは、ストーリーはさることながら、全シリーズを通して魔法シーンや戦闘シーンがとても迫力あるものとして描かれており、何度も見返したい作品の中の1つです。ですが、全シリーズを通して異なる点…それは「関係性の変化」だなと、本作品を視聴して感じました。これまでは普通に仲の良い親友だったハリーとロンですが、成長し思春期といわれる年齢になったことで、「ただの親友」からお互いを「よきライバル」として認めている箇所が多々見受けられました。その様子が一番色濃く現れている部分が、炎のゴブレットによって三大魔法学校対抗試合の代表として選出されたシーンです。混乱するハリーをよそに、ロンに嫉妬の表情が現れるシーンは、2人の成長と「関係性の変化」が一番現れているシーンではないでしょうか。また、この作品からハリーとロンだけではなく、ロンとハーマイオニーの関係性も徐々に変化していくのではないかと予想することが出来ます。幼かった3人の心情が友情からライバル、そして恋愛に変化していく様子は、なんだかさみしくもありました。ですが、同時に成長を感じることが出来て、ただの「楽しい映画」ではなく、3人の成長を感じれる素晴らしい作品であったと感じます。また、今回はホグワーツ魔法学校だけではなく、三大魔法学校対抗試合の前日の様子についても注目してほしいです。「三大魔法学校」というだけあり、それぞれ学校やその地域の特色が色濃く出たキャラクターも、本シリーズの魅力を引き出す要因となっていたと思います。

20代女性

原作シリーズの中でも、魔法学校同士の対抗戦という大きなイベントがあり、個人的に好きなお話です。これまでの映画は素晴らしかったので期待しながらも、いざ映像化されたらどうなるだろう、と少し不安がありました。しかし、それは全くの杞憂でした。私が思い描いていた以上に、リアルに再現されたストーリーを楽しめました。ハリーとドラゴンとの戦いのシーンはハラハラさせられっぱなしでしたが、とても迫力がありました。また終盤にかけては、ヴォルデモートの復活という重要な展開が、緊迫感たっぷりに描かれていました。頑張れ、ハリー、と思わず声に出してしまいそうなほど、引き込まれてしまいました。シリアスな物語が進んでいく一方で、恋愛色も前作より強まっており、見どころだと思います。特に、ロンとハーマイオニーはお互いを意識するようになっていて、甘酸っぱい気持ちを覚えます。ダンスパーティーに出席することになったハリーたちの悲喜こもごもは、まさに青春です。誰を誘うか、誰に誘われるか、思春期の男女にとっては一大事だろうと思わず共感してしまいました。さらに、ハーマイオニーのドレスアップスタイルがとても美しく、見惚れてしまいました。学生生活の楽しさと、迫り来る闇陣営との戦いの厳しさ、相反する要素がバランスよく収まっており、見事だと思います。

30代女性

トライウィザードトーナメントがメインとなる物語で、4人の出場者が魔法を競い合うという内容となっているため、今までのストーリーについてはあまり考えずに楽しめる内容でした。物語の始めと終わりについてはヴォルデモート卿の絡む内容となっているので、暗かったり怖かったりしますが、ストーリーのメインとなるトーナメントについては、迫力のある映像と激しいながらも面白い内容となっており、とても楽しんで見ることができました。フラーやクラムは華麗だったり格好いい登場でしたが、トーナメント中は残念な結果となってしまいました。お決まりのストーリーなのかもしれませんが。ハリーは敵だけど同じホグワーツのセドリックを助けたりして、勝ちより友情というハリーらしい性格が出ているなと思い、ますます好きになりました。もちろん完璧というわけではなく、ちょっとひねくれた一面や、おっちょこちょいなところもあるため、そこは学生らしさが出ていているので、主人公も私たちと同じ完璧じゃないという安心感があります。そのため、見ていて嫌な感じもしません。むしろ、魔法という我々の世界では考えられない場で生きていても、身近に感じられるような性格のキャラクターになっているから、楽しんで見ることができるのかもしれません。

20代女性

クィディッチ・ワールドカップでヴォルデモートの手下、デス・イーターが暴れるなど、物語開始早々から不穏な空気が漂います。今までのファンタジックな世界とは一味違う、魔法のダークな側面が見られる作品です。ハリーたちは闇の魔術の防衛術の新しい先生から、相手を一方的に苦しめられる魔法を見せられます。今までもハリーの両親のように魔法で殺された人の話はちらりと出てきましたが、他人に苦痛を経験させ、時に人の命を奪う魔法があるとはっきり見せられたのは、本作が初めて。元は児童書であるものの、死というものから逃げずに真剣に扱っていると感じました。もちろん、魔法には楽しいこともたくさんあります。三大魔法学校対抗試合を開催することが決定したホグワーツには、二つの外国の魔法学校の生徒と先生たちが一年間滞在することになります。異文化の魔法学校はとても個性的で、見ていてとても楽しいです。魔法学校対抗試合も、魔法ならではのハラハラする課題が出され、毎回ハリーは大丈夫と思いながらも、固唾を飲んで見守りました。ダンスパーティーなど普段はないイベントもあり、準備にときめく女子勢と憂鬱さにうめく男子勢の対比に思わず笑ってしまいました。こういった海外の学校あるあるも、ハリポタの醍醐味です。

20代男性

ハリーポッターシリーズ第4作目として放映されたこの作品ですが、この映画を見たときは驚きとワクワクの連続でした。なんといっても驚きなのは、同シリーズの今までの作品と異なり、ホグワーツ以外の魔法学校が登場することです。魔法学校同士の対決が見られるなんて、熱い展開が想像できますよね。しかも各学校のキャラも濃い。シリーズものですが、新鮮な気持ちで見ることができました。各学校の代表者による学校対抗戦は何戦かあるんですが、その勝負がどんなことをする勝負なのか、その勝負をどうやって攻略するのか、どうやって勝つのか、見ていてずっと飽きないしワクワクするんです。敵の学校の代表者がとにかく手ごわいし、しかも勝負の内容も難しい。そんな中で、主人公ハリーとその仲間たちが知恵を出し合って何とか奮闘する様は、まるで自分までもその世界に入って一緒に攻略しているような錯覚に陥ってしまう、そこまで没入できるほど面白い作品です。今までのシリーズを見ている人なら嬉しくなるような、あの人物の再登場だとか、ラストまで目が離せないような怒涛の展開だとか、これからの物語にも重要になってくる話だとか、さすがハリーポッターシリーズというような内容盛りだくさんの作品になっており、見る人を後悔させない工夫が張り巡らされた、最高の作品だと思います。

20代女性

ハリーポッターシリーズの中でもかなり好きな作品です。今までの作品と少し違って、ホグワーツ以外の学校が出てくるところも新鮮ですし、炎のゴブレットをかけた大会が開かれることも新しいなと感じました。今までの作品で起こってきたハプニングと違って「大会」という場で戦うため安全に物語が進むと思いきや、ヴォルデモートの復活という恐ろしい事態が起こってしまうハラハラさがとても面白く感じます。この作品の面白さは2種類あります。大会の課題を解いていくこと自体とヴォルデモートとの戦いの始まっていく物語全体です。この作品で忘れられないのはハリーが精神的に追い込まれてしまった場面です。最終課題のときにヴォルデモートが復活し、今まで一緒に戦ってきたセドリックが殺されてしまったときは衝撃でした。ゴブレットと共にみんなの元へ帰ってきたハリーの心情は本当にいたたまれません。目の前で戦友が亡くなってしまったショックは計り知れないほど大きいのだろうと見ていて辛かったです。この作品は、ハリーが成長して自分で課題を解決していく姿が見られると同時に、ハリーに恨みを持ったヴォルデモートが復活し、ついに戦いが始まるという非常に節目となるものです。

20代女性

炎のゴブレットはハリーポッターシリーズの第四部にあたる、とてもスケールが大きい作品です。これまでのホグワーツ内の話から、魔法界がぐっと広くなり、外部の魔法学校が登場して、3大魔法学校対抗試合が行われます。この回ではハリーの自信のない少年から、選ばしものとしての自覚が芽生えて活躍する様がとてもかっこいいです。特に第一の課題のドラゴンと戦う場面や、第二の課題の水中戦など、4人が色々な魔法と作戦を使ってクリアしていくところは見どころです。前作で出会った名付け親のシリウスと連絡を取り合うシーンも何度かあり、頼れるものが友人の他にもできていてほっこりします。今までと違って仲良しの3人が恋心や嫉妬などが描かれていて、、思春期を迎えているのも個人的にはとても好きです。パーティーシーンのハーマイオニーはとても美人で綺麗です!ラストの、セドリックの死、復活の儀式、ヴォルデモート卿との一騎討ちでは、短い時間で衝撃的な展開が繰り広げられるので、ショックも大きく印象に残ります。ハリーは生き残るものの、セドリックの死やヴォルデモート卿の復活など暗いニュースが魔法界に広がるという結末なので、シリアスな雰囲気だなと感じます。