ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生を動画配信で無料視聴する方法|DVDレンタル以外の方法

ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生の動画を無料視聴する方法

「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」

業界ナンバー1の動画配信サービス「U-NEXT」

フル動画を配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「U-NEXT」31日間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<U-NEXTのおすすめポイント>
 
・国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
・映画、ドラマ、アニメなどのジャンルで見放題作品数でNo.1
・スマホ、テレビ、PS4などで動画が視聴可能
・追加料金無しで最大4人まで同時に視聴することができます
・70誌以上の雑誌が読み放題でダウンロードできる
・無料期間後は、月々1990円(税抜き)で継続でき、毎月1200ポイントもお得
 
<U-NEXTユーザーの声>

30代女性

14万本以上の動画が見れて、それがしかも見放題というところに惹かれました。1か月だけお試しで入ったけど、何より新作映画が見れたことがビックリでした。動画も綺麗でチラツキや音声の乱れもなくてサクサク鑑賞できました。また、ダウンロード機能がついているので、家でスマホにダウンロードして通勤中で電車で見ることもできて便利です♪かなり充実している動画配信だと思います。
 
無料登録で600ポイントがもらえ、新作映画でも無料で視聴できるからお得!

ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生の動画まとめ

■ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生のフル動画の無料視聴方法■

今すぐU-NEXTで動画を見る

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」 2018年11月23日劇場公開
 
U-NEXTで動画が配信されています
 
 
公式あらすじ

1927年、前作で捕らえられたゲラート・グリンデルバルドは欧州への移送の最中、脱獄に成功する。同じころ、ニュート・スキャマンダーは旅行禁止命令解除の条件として、英国魔法省への入省を求められるが難色を示す。ニュートの元同級生、リタ・レストレンジと婚約中の兄テセウス・スキャマンダーは、旗色を決めるべきだと勧め、またニュートに尾行が付いていることを知らせる。
 
ニュートはロンドンで恩師アルバス・ダンブルドアと再会し、クリーデンス・ベアボーンやグリンデルバルドの追跡を余儀なくされる。そこに、米国からクイニー・ゴールドスタインが恋人で非魔法族(英:マグル、米:ノー・マジ)のジェイコブ・コワルスキーをともなって現れる。クイニーは非魔法族と結婚できない魔法社会に不満を抱いており、それが発端でジェイコブと喧嘩になり、クイニーは姉ポーペンティナ・ゴールドスタイン(ティナ)のもとへ行く。ニュートはクリーデンスを追うティナを探しに、ジェイコブはティナのもとに行ったクイニーを追って、ポートキーを使ってパリへ密出国する。
 
パリでは、グリンデルバルドは新拠点を築く。サーカス団員に身を隠していたクリーデンスとナギニは、クリーデンスの出自を探し求めていく。ティナは、クリーデンスの出自の鍵を握るユスフ・カーマを追跡するが、逆に捕らえられる。ニュートとジェイコブは、ティナを助けるとユスフから謎を聞き出そうとする。
 
テセウスら英国魔法省の闇祓いたちは、ホグワーツ魔法魔術学校で教鞭を取るダンブルドアのもとを訪問し協力を要請するが、ダンブルドアはかつてグリンデルバルドと「血の誓い」を結んでおり協力できない身だった。魔法省のエージェントたちは、ダンブルドアを監視下に置く。
 
ニュートとティナはフランス魔法省内で、混乱のなか再会して互いの誤解を解く。ふたりは、リタ、ユスフ、そしてクリーデンスの出自の謎がレストレンジ家の墓地にあることを知る。レストレンジ家の墓地で再会した一同は、互いに真実を語りあう。
 
時を同じくして、グリンデルバルドは信奉者たちを集めて集会を開く。非魔法族の存在は肯定しつつ、非魔法族が引き起こす戦乱の恐怖を煽り、言葉巧みに「魔法族の正統な権利の拡大」を訴える。その様子を監視していた魔法省エージェントが、過剰防衛で集会参加者を殺害すると、一斉に非難が起こる。グリンデルバルドは魔法省側に非があることを喧伝するよう呼びかけ、参加者はそれぞれの地域へ帰っていく。
 
グリンデルバルドは青い炎を出し、クリーデンスやクイニーはグリンデルバルドへの忠誠を誓い、炎のなかへ入っていく。戦いのなかで、リタも命を落とす。ニュートやテセウスたちは、ダンブルドアの旧友ニコラス・フラメルの力も得て、パリを崩壊から救う。ニュートも魔法省入りを決心し、テセウスと抱きあう。
 
魔法省エージェント、ナギニ、ユスフ、そしてニュートたちは英国に戻ると、ダンブルドアのもとへ行き、集会の最中ニュートの飼うニフラーが盗み出した、グリンデルバルドの「血の誓い」の小瓶を渡す。誓いを解くことが可能になると、魔法省のエージェントはダンブルドアの監視を解く。闇の魔法使いたちとの対決は、刻々と迫る。 
一方のグリンデルバルドは、オーストリアの山岳にある居城「ヌルメンガード」で、クリーデンスに彼の本名を教える。
 
<出典>ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生 WikiPedia

ネタバレはここをクリック
グリンデルバイドが逃亡
1927年、悪の魔法使い・グリンデンバルドは複数の魔法で拘束され、厳重な警備のもと牢獄に監禁されている。
彼はニューヨークを半壊寸前までにさせ捕まり、ロンドンへ相関することになっていた。
雷雨の中、厳重な警備のもとグリンデンバルドの輸送が行われるもその道中、警備に裏切り者が潜んでいて、グリンデンバルドは逃走。
 
その後、グリンデンバルドはパリに向かい、クリーデンスの行方を追うのだった。
一方、ニュートはロンドンで『幻の動物とその生息地』という本が売れ、ベストセラー作家になっていた。
 
そんなある日、ニュートは渡航許可を得に魔法省に向かう。
ニュートはニューヨークの一件で海外渡航を禁止されていたのだ。
そこで魔法省は、闇祓い局に入り、自分たちと協力してクリーデンスの身柄を確保すれば海外渡航を認めると告げる。
そこでニュートはクリーデンスがニューヨークの一件で死んでおらず、まだ生きていることを知り愕然とするのだった。
 
その後、ニュートはホグワーツの恩師ダンブルドアと会って話していた。
ダンブルドアはクリーデンスが今パリにいることを伝え、一刻も早く彼を見つけるよう命じるのだった。
「グリンデルバルドと戦えるのは君だけだ」
ダンブルドアはそう言い残し、「困ったことがあったらここに行くように」と旧友の住所が切れた紙を手渡し去るのだった。
 
その後、ニュートが帰宅するとジェイコブとクイニーが来ていた。
ジェイコブはニューヨークで記憶を完全に消されてはおらず、ニュートのことを覚えていた。
さらにクイニーはジェイコブに自分に惚れる魔法をかけていて2人は結婚するのだとか。
それを知ったニュートはジェイコブの魔法を解く。
それによりジェイコブとクイニーは喧嘩になり、怒ったクイニーは姉・ティナがいるパリに魔法で飛んでいく。
ティナがクリーデンスを探すため闇祓いとなりパリにいることを知ったニュートはジェイコブとパリに向かうのだった。
 
 
クリーデンスを探せ
一方、クリーデンスはパリの魔法サーカスで働かされていた。
そこでクリーデンスは血の呪いにより大蛇に変身してしまう見世物としてサーカスにいたナギニと一緒にサーカスから脱出。
 
その頃、ティナはクリーデンスの行方を追いそのサーカスにいた。
そこで。同じ目的のユスフと出会う。
彼はクリーデンスの親戚なのだとか。
そしてティナはユスフと一緒にクリーデンスを探すことに。
しかしその後、ティナはユスフに牢獄に監禁されてしまうのだった。
 
その頃、グリンデンバルドはクリーデンスが自分からこっちに来てくれるよう準備を進めていた。
「ダンブルドアを殺せるのはクリーデンスだけだ」
グリンデンバルドは部下にそう説明するのだった。
 
一方、サーカスから逃亡したクリーデンスとナギニ。
クリーデンスは実の母に会いに行くも、そこには召使いの女性しかいなかった。
するのそこにグリンデルバイドの部下が現れ、クリーデンスたちを襲おうとする。
クリーデンスはオブスキュラスとなりナギニを守るも、これにより召使いは死亡するのだった。
 
一方、パリに到着したクイニーはティナと会えずにいた。
すると黒い服の女性に声をかけられ建物の一室に来ていた。
しばらくすると、部屋の奥からグリンデルンバルドが現れる。
「故郷から離れ、愛する者からも離れて心寂しいだろう。私の元で働かないか?」と誘うのだった。
 
その後、グリンデルバイドはクリーデンスを見つけ会っていた。
グリンデルバイドは、自分を知りたいと思っているクリーデンスに「その証拠がこの場所にある」と言い、グリンデルバイドはある地図を手渡し去るのだった。
 
一方、ニュートとジェイコブは密入国の案内人の協力によりパリに到着。
ニュートは早速クリーデンスとティナの行方を捜索することに。
ニュートはティナがユスフと一緒にいることを知り、早速彼に会いに行くと「ティナがいる場所に案内する」と誘われそのままティナと再会するものの牢獄に監禁されてしまう。
 
しかしニュートは魔法生物を使い牢獄から脱出し、ユスフを気絶させるのだった。
 
その後、ニュートたちは気絶したユスフを連れてニコラス・フラメルの家へ。
その後、クリーデンスがレストレンジ家の人間かもしれないという情報を得たニュートとティナはそれを調べるためフランス魔法省へ。
 
そしてニュートは薬で兄・テセウスに変身し魔法省に侵入。
レストレンジ家の歴史が保管されている部屋に辿り着いたニュートとティナだったが、そこリタが現れ、家系図は墓へ移動させられていたことが判明。
それを知ったニュート達は急いでレストレンジ家の墓へ。
 
 
レストレンジ家
ニュートたちが墓に到着すると、そこにはユスフとクリーデンス、ナギニの姿が。
ユスフはリタの姿を見て驚き、ユスフは自分とレストレンジ家との関係を話し始める。
ユスフの母は彼が少年の頃にあるレストレンジという男に気に入られ、服従の呪文を使い誘惑し、家から連れて行かれてしまう。
それ以来、ユスフは母と会うことは無く、そのまま母は死亡。
ユフスの母とレストレンジの間に生まれた子どもがリタ。
その後、レストレンジは再婚しその人との間にコーヴァズというら男の子が生まれた。
ユスフは母を奪われた父の仇を取るためコーヴァスを殺そうとしていて、ユスフはクリーデンスがそのコーヴァスだと思い行方を探していたのだ。
それを聞いたリタはクリーデンスはコーヴァスでは無いと明かす。
実は幼い日のリタが本物のコーヴァスと別の赤ん坊をすり替えていて、本物のコーヴァスは既に死んでいたのだ。

 
グリンデルバイドの演説
すると、墓の壁が動き扉が出現。
中に入るとそこには大勢の群衆が。
そうこうしていると、グリンデルバイドの演説が始まる。
 
しばらくして、テセウス率いる闇祓いも駆けつける。
それに気づいたグリンデルバルドは、青い炎を出現させ、信者達を中に入れて行く。
信者であるクイニー、そして演説を通し信者になったクリーデンスは青い炎の中に入り姿を消す。
グリンデルバルドはリタも信者にしようとするも、リタは拒みグリンデルバイド攻撃を仕掛け返り討ちにあい炎に巻き込まれ塵となるのだった。
 
その後、ニュートたちは皆で協力し、何とか燃え盛る青い炎を食い止めることに成功するのだった。
その後、ニュートは、魔法省のメンバーと共にダンブルドアに会いに来ていた。
そこでニュートはグリンデルバイドが落としたある物を見せる。
それは、若き日にダンブルドアとグリンデルバイドが決裂した時に、絶対戦わないと約束した証。
「破壊できますか?」
ニュートがそう尋ねると、ダンブルドアは「多分な…」と答えるのだった。
 
その後、グリンデルバルドはクリーデンスと話していた。
そこでグリンデルバイドはクリーデンスに「君はダンブルドアの弟・アウレリウス・ダンブルドアだ」と言うのだった。

 
<感想>
 
 
今作はファンタスティック・ビーストシリーズの第2作目ということで、前作では謎だったこともいくつか明らかになり新展開などもあり見応えがありました。
 
ファンタスティック・ビーストシリーズの悪役・グリンデルバイドはカリスマ性があり、力で服従させるのでは無く、その魅力で向こうの方から寄って来てどんどん支持者を増やして行くという、ハリーポッターシリーズの悪役・ヴォルデモートとは少し違った悪役という感じがしました。
 
また、ダンブルドアとグリンデルバイドの関係も明らかになり、昔からとても親密な仲だったことが伺えました。
 
原作者は「ダンブルドアはゲイだ」と言っているようで、もしかしたら2人は恋人関係にあったのかもしれないですね。
 
ラストにはグリンデルバイドがクリーデンスに「お前はダンブルドアの弟だ」と告げる場面がありました。
 
本当にダンブルドアの弟なのかは謎ですが、もし嘘ならばどういう意図でグリンデルバイドがクリーデンスにそのことを告げたのか気になりました。

ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生の内容

<キャスト>

・ニュート・スキャマンダー:エディ・レッドメイン
・ティナ・ゴールドスタイン:キャサリン・ウォーターストン
・ジェイコブ・コワルスキー:ダン・フォグラー
・クイニー・ゴールドスタイン:アリソン・スドル
・クリーデンス・ベアボーン:エズラ・ミラー
・リタ:ゾーイ・クラヴィッツ
・カラム・ターナー
・クローディア・キム
・ウィリアム・ナディラム
・ケヴィン・ガスリー

登録後もらえる600ポイントで無料視聴!

今すぐ無料おためし

「U-NEXT」1ヶ月間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生の感想

40代男性

一言でいえば複雑すぎるストーリーでした。この映画を1回見ただけでストーリーを全て理解できた人はいるのだろうかと思ってしまいました。話の大筋を事前に把握していても、登場人物が多く設定も複雑で何が何だか分からないままストーリーが進んでしまいました。正直な感想から言えば、もう少し分かりやすいストーリーにしても良かったのではと思います。この作品は、ハリーポッターシリーズの映画と同じように、映像化した途端にその緻密なストーリーを表現しきれず、結果的に分かりにくい映画になってしまったのでしょう。また、どうせダンブルドアを出すなら、ダンブルドアを主人公にした映画を作って欲しかったという気持ちです。ついでにヴォルデモート全盛時代が描かれれば、ハリーの両親をはじめとしたダンブルドア陣営の活躍やらスパイ・スネイプの活躍、なぜヴォルデモートが「名前を言ってはいけないあの人」と呼ばれるほど恐れられていたのかも分かったでしょう。ハリーポッターシリーズ自体、影の主人公はダンブルドアだとも思いますし、ダンブルドア物語の方が興味が沸いたかもしれません。ただ、この作品全体的にはダークな雰囲気があり、その意味では価値のある映画だったと思います。

20代男性

ハリーポッターシリーズが大好きで観ました。登場人物が多すぎて、よく分からないところが多々ありました。前作見てから見るのをオススメしたいです。なんならハリーポッター見てないと伏線回収にならなくておもしろくないのかも・・・アクション映画としてはおもしろかったかなと思います。出だしの感じもハリーポッター感あってスケールも大きいし色使いも綺麗だからわりとずっと見てられました。グリンデンバルドとダンブルドアとの対立構図を描くために周りの人物を複雑にしてるだけといった印象です。わからなかったのがクリーデンスという登場人物です。この人が結局は重要人物なんですが、その説明も複雑な家系図の説明のみだったし、だからどうした?とも思わせない強引な引っ張り方。いや、だから何でクリーデンスだったのか・・・続編のためだけに存在している感満載。前作を復習せずに見たため、若干置いてけぼり。クライマックスにおいて白い炎対赤い炎というCGだらけの見せ場も嫌い。戦争が嫌になるという映像も見せておきながら、結局は悪だという流れも伝わってこなかった・・・残念ながら。後はジョニーデップがただただかっこいいなと思って、ずっと目で追っかけてました!笑

20代女性

前作で、主人公ら魔法使いと魔法の世界に切ない別れを交わした一般人・ジェイコブが、この作品の冒頭であっさり再登場(しかも消したはずの記憶を取り戻した状態)したのが、ものすごく嬉しかったです。私はこの作品の中でジェイコブが一番好きであり、この物語の魅力を引き立たせるのに彼の存在は不可欠だと考えているので、再登場してくれて本当に良かったです。だからこそ、物語ラストにして彼が非常な苦境に立たされるのが見ていて辛く、胸を締め付けられるような思いでした。クイニーと同じ熱量で愛し合っているからこそ、ちょっとした考え方・彼らなりの常識の違いで、道が分かれてしまう…前作ラストのように、彼が魔法の世界とバッサリ断絶してしまうことも悲しいですが、今回の作品のように、一般人である彼が魔法の世界に捕らわれ、逃れられなくなってしまう(可能性がある)こともまた悲しく、ただ彼らの幸せを願わずにはいられませんでした。この物語全体の雰囲気は、前作とはがらりと変わっていたと思います。前回はどちらかというとコミカルで明るい雰囲気だったのに対し、今回はほとんど一貫してシリアス(しかもかなりハードなシリアス)でした。そのギャップにまた驚かされました。

50代男性

2018年に公開されたアメリカの映画です。J.K.ローリングが描いた魔法の世界をファンタスティックに描いた作品です。この映画の舞台となったのは、ロンドンとパリでsた。主人公のニュートは、イギリスに戻ってきます。ニュートは、魔法動物学者でした。そこで、強大な敵の魔法使いである、グリンデルバルトが逃げ出した事実を知ります。グリンデルバルドは、人間界や魔法界をもおびやかしかねない存在なのです。ニュートは彼を追い、ダンブルストア先生と共にタッグを組み、ニュートの魔法動物と一緒にパリに向かうという話です。この映画では、たくさんの可愛いビーストたちが出てきました。いちばんの見所は、前作で大人気だったおちびちゃんの二フラーの「ベビー・二フラー」でしたが、個人的には、「ズーウー」が私のツボにはまりました。その、習性が完全に猫で猫じゃらしに夢中になる姿が、猫好きの私にとっては魅力でした。出演者の中では、ジョニー・デップさんとジュード・ロウさんが素晴らしかったです。ただ、登場人物が多くそれらの関係もごちゃごちゃしているので頭がパニックでした。もっと理解するために、もう一度見たくなりました。個人的には、前作よりも面白いと思いました。

20代女性

あの大好きなハリーポッター感もしっかりとあるのですがハリーポッターよりは大人むけて少し難しい感じで仕上がっているので何度か見ることをお勧めします。しかし、主人公が少しだけドジを踏んたり抜けているところがあるのがまた映画を面白くさせているので最高です。個性豊かなキャラクターたちがたくさんいて良いです。面白いと思ったら急に難しい話になったりと強弱が激しかったので少しだけ理解するのに時間がかかりました。もう少しだけ説明を入れるか簡単な設定するなど工夫をしてほしいとは思いました。ダンブルドア先生が出てきたときには待ってましたと思ったしやっぱり品格があって安心感があるのが変わっていなくて素敵でした。また、ダンブルドア先生の過去について少しだけ触れることによってお互いの今までの状況などがしっかりと把握することができるのでストーリー的に良い感じでした。内容的には大人向けのような感じがしますが独特的な動物たちが出てくることや不思議な魔法を使うところなどは子供たちにも十分に楽しんでもらえるので家族で見るのもおすすめできます。これからも続いていく感じの終わり方をしていたのでもっと話が難しくなったりすると思いますが見ても損はしない映画だと思います。

20代女性

ハリーポッターファンからすればスピンオフのファンタスティックビーストが上映されるなんて、しかもシリーズ化だなんて嬉しい限りです!前作の魔法使いの旅でまた魔法世界に戻ってきた来れました!新しい登場人物で物語が進んでいったけれど違和感がなくとても面白かったですそして今回の黒い魔法使いでも主人公のニュートや前作に出てきた登場人物と共に新しい登場人物が出ながらも、ハリーポッターシリーズに出ていたダンブルドア先生など聞いたことのあるキャラクターがチラホラ出ていたり、アイテムや呪文もハリポタで聞いたことある見たことあるものがあったりとそういうのを探すのも観ていながら楽しく、ワクワクする要素がたくさんありました!前回から出ている魔法生物の活躍やニュートとのシーンも笑えるものがあったり、絆が見えるものがあったりとそこもこの作品の見所でもありますが登場人物たちの人間関係が動き出す事が今回この物語の大きな見所でもあり続いていくシリーズの中でのキーポイントな作品だと思いました!次回はどの様な展開でニュートや魔法生物たちが闇の陣営に対抗していくのか予想できないなと、最後のシーンでの事実は本当なのかハリポタシリーズでの人間関係ともリンクしているので、自分の中で推理や予想を膨らませながら次回作楽しみに観れる映画だと思います!

30代女性

映像が凄い。魔法シーンが特に◎。最初の馬車のシーン、ハリーポッターファンにはたまりません。建物のディテールや魔法動物。ニフラーが可愛いです。前作以上に魔法シーンもストーリーもパワーアップしていました。古き良きヨーロッパの素敵な風景と個性的で可愛い魔法動物たち。映画の映像には、夢のような世界が広がり、魔法動物たちが活躍する姿はかっこいいです。ビーストも本当にそこいいるような存在感で、ニュートとティナの恋がドキドキです。新しいキャラクターが出てきて、どんどん好きになります。これからグリンデルバルド勢力とのの戦いが始まっていくんだという実感が持てた作品でした。マグルとの愛のためにグリンデルバルド側についた仲間も、自分を知りたいがためにグリンデルバルドへの忠誠心を持ったオブスキュリアルの少年も、ダンブルドアとグリンデルバルドとの深い関係も、次回作への期待につながりました。昔のホグワーツが出てくるの凄いいい。2回目はよりストーリーの細かさを感じらました。ジェイコブがいい味出してる。ジュード・ロウが素敵です。ローリングさんの発想はすごいなと感心。次回も楽しみです!アジアンビューティーのキムさん素敵です。

30代女性

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ作品で『ハリー・ポッター』の世界の70年前の世界を描いていて、ちょうどヴォルデモートがいた時代なので、黒い魔法使いとはたぶんヴォルデモートことトム・リドルのことだろうとは思いますが、本作には登場しません。本作で黒い魔法使いと言えそうなのはジョニー・デップさん演じるグリンデルバルドか、エズラ・ミラーさん演じるクリーデンスですが、誕生というからにはクリーデンスのことでしょう。クリーデンスの本名はアウレリウス・ダンブルドアだということですので、アルバス・ダンブルドアの一族でグリンデルバルドの口ぶりだとアルバス・ダンブルドアの弟ということになります。アルバスの母親は妹のアリアナの魔法が暴発する事故で若くして亡くなっているのでおそらく義理の弟ということだと思いますが、そうなるとアズカバンで獄中死した父親のパーシバル・ダンブルドアが子供を儲けたということになり、ますます謎が深まります。あと、3.4.5と続くそうですので、その辺りが順次明らかになっていくが楽しみです。本作では魔法生物が沢山出てきてますが、特にファンタビ1でも活躍した二フラーに子供が生まれていたことと、新しく出てきたズーウーが小さなぬいぐるみを追いかけてカバンに入るシーンが好きです。何度も観て、ファンタビ3の公開に備えたいです。

20代女性

前作が面白かったので続編である今作もとても楽しみにしていたため、公開初日に映画館で見ました。前作同じように、登場する幻の生き物たちのビジュアルが美しく、躍動感溢れる動きがとても迫力のあるもので大変素晴らしかったです。今作ではハリー・ポッターシリーズで出てくる登場人物や用語に触れてる場面も前作以上にあり、とにかく観ている最中「あ、これハリー・ポッターで見たことあるかも!」「これハリー・ポッターで聞いたことあるような…?」となることが多かったです。これを機にハリー・ポッターシリーズをもう一度全て見直してみるのもいいかもしれませんね。ストーリーもかなり深く作り込まれていて、生き物たちよりも登場する魔法使いや人間たちにスポットライトが当たっているところがやはり前作との大きな違いだと感じ、とても印象的でした。また、「え!?そんなまさか!?」とかなり大きな展開を迎える場面もあり、より次作への興味や楽しみを募らせることになりました。まさに前作の良さをそのままに、掘り下げられたストーリーの面白さと、次作に向けてのドキドキワクワク感を味わえる作品であったと思います。次作も絶対に公開初日に映画館に行こうと決めています。