きょうの猫村さんの見逃し動画を1話から無料視聴する方法【最終回まで】

きょうの猫村さんの動画を無料視聴する方法

「きょうの猫村さん」

動画配信サービス「Paravi」

第1話から最終回まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<Paraviのおすすめポイント>
 
・TBS系列の人気ドラマやテレビ東京系列の人気ドラマが見放題
・最新の連続ドラマやバラエティ番組も見逃し配信
・アニメ、海外ドラマなどParavi独占でラインナップ!話題の新作映画も
・スマホのアプリでは動画のダウンロードも可能
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々1017円(税込)で継続できる
 
<Paraviユーザーの声>

20代女性

下町ロケットが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れて便利だなって感じた!スマホのアプリで見れるし、すぐ見れるところがとにかくお手軽。他の動画配信サービスでは配信されていないTBSやテレビ東京の独占ドラマがあり、ドラマ好きには必須の動画配信サービスだと思う。また、水曜日のダウンタウンなどのバラエティ番組も充実してるから、自宅で退屈なときに重宝してる♪

きょうの猫村さんの見逃し動画まとめ

■第1話から最終回までフル動画の視聴方法■

Paravi

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>最終回(第24話) 9月16日
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第24話の公式あらすじ

猫村ねこ(松重豊)が尾仁子(池田エライザ)の食事を運んだ台車を見に行くと、なんとネコムライスが空っぽに!喜ぶ猫村さんのところへ、どこからか蝶々が飛んできて…。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

最終回(第24話)のネタバレはここをクリック
尾仁子の変化

村田家政婦紹介所の斡旋を受けて、犬神家へと奉公にやってきている猫村さんは、なかなか心を開いてくれない、この家の長女の尾仁子に頭を悩ませていた。

尾仁子は大学教授の娘でありながらも、その素行は悪く、暴走族にまで入っているのであった。

猫村さんは、期待はしていないが、そんな尾仁子に毎日食事を作っては部屋へと運んでいくのだった。

今日もまた食べてはくれていないだろうと、食事の入った容器の蓋を開けると、なんとネコムライスが完食されていることに気がつくのだった。

喜んだ猫村さんは、思わず尾仁子の部屋にノックもせず入っていくと、うざがられながらもその喜びを伝えるのであった。

 
蝶々を追いかけて

キッチンに戻ってきた猫村さんは、尾仁子が初めて自分の料理を食べてくれたこと、心を開いていくれたのではと感じ、その喜びを噛み締めているのだった。

そんな猫村さんは、窓から入ってきた蝶に気がつき、そんな喜びを話しかけてしまうのだが、猫である猫村さんは興味がその蝶へと向かってしまうのだった。

入ってきた蝶を追いかける猫村さんは、リビングを通りすぎると、その行動に気がついたたかしや冴子が声をかけてくる。

それでも蝶を追いかけ続ける猫村さんは、部屋からでてきた尾仁子や強からは、猫だなと笑顔を向けられる。

さらに庭を通ると、金之助が猫村さんの不思議な行動に目を奪われ、そのまま家をでて商店街へと向かっていく。

 
ぼっちゃんの声

蝶を追って商店街へとやってきた猫村さんは、いつもの魚屋で店主と怖がりの奥さんに出会うが、蝶に夢中で張り合わずに去っていく。

そしてそのまま村田家政婦紹介所の前を通ると、村田の奥さんや山田さんに仕事のことを聞かれるが、猫村さんは蝶に夢中でそれどころではなかった。

そのまま猫村さんは土手までやってくると、あと一歩のところで蝶に逃げられてしまうのだった。

蝶が飛び立つ姿を目で追いながら、遠くまで来てしまったと空を見上げていると、どこからかぼっちゃんの声が聞こえてくる。

その声がどんどんと近づいてくると、猫村さんはふと後ろを振り替えると、その声の主を発見したのか、はじけんばかりの笑顔を見せるのであった。

最終回(第24話)の感想はここをクリック
ついに最終回となったきょうの猫村さんですが、初めはマンガの実写化ときいてどんな感じになるのか不安でした。
 
しかし、キャラクターがどれも素晴らしい個性を出しており、短いドラマでしたが、とても楽しく見れました。
 
最後はキャスト勢揃いで、ぼっちゃんの声に振り向いた猫村さんの表情から、きっと会えたんだと信じたいですね。

<見逃し動画>第23話 9月9日
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第23話の公式あらすじ

漢字ドリルにはげむ猫村ねこ(松重豊)に村田家政婦紹介所の奥さん(石田ひかり)からリュックがプレゼントされる。嬉しそうに猫村さんがリュックの中を開けてみると…。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第23話のネタバレはここをクリック
ナップサック

村田家政婦紹介所の紹介で、犬神家へと奉公に上がることになった猫村さんは、今日も無事その仕事を終えるのであった。

村田家政婦紹介所に帰ってきた猫村さんは、今日も夜遅くまでひらがなの勉強に励んでいるのであった。

そんな、猫村さんに気がついた村田の奥さんは、労う言葉をかけながら、あるものをプレゼントすると言って目をつぶらせるのであった。

目をつぶり手を差し出した猫村さんの手の上に、村田の奥さんはお手製のナップサックをそっと置くのだった。

猫村さんがいつもかごバッグを持ち歩いていることを知っていた村田の奥さんは、猫として走るときに不便だろうとそれを作ったのだと話すのだった。

さっそく背負ってみた猫村さんは、その心地の良さに嬉しそうにはしゃぐと、改めて村田の奥さんにお礼を伝えるのであった。

そんな嬉しそうな猫村さんの声に気がついた山田さんも居間にやってくると、その様子を笑顔で眺めるのだった。

 
マフラー

すると猫村さんは、そのナップサックの中になにかが入っていることに気がつき、その中身を確認するのだった。

するとそこには手編みのマフラーが入っており、そのマフラーは山田さんが作ったものなのだと村田の奥さんから説明されるのだった。

お礼を伝えるの猫村さんに、山田さんは少し恥ずかしそうに、猫村さんが寒がりであることから、そのマフラーを作ったのだと話すのであった。

その夜、2人が寝静まったあと、ナップサックを背負いマフラーを付けた猫村さんは、窓から一人夜空を見上げていた。

住む場所があり仕事まであるだけでも十分なのに、山田さんや村田の奥さんからのプレゼントまで貰えるなんてと感激するのであった。

そんな嬉しさを抑えきれない猫村さんは、なんとか気持ちを落ち着かせようと爪研ぎを始める。

すると猫村さんは、月にぼっちゃんの顔が見えたかと思うと、これからもっといっぱい働いて、必ずぼっちゃんに会いに行くことを心に誓うのであった。

第23話の感想はここをクリック
猫村さんは、村田の奥さんや山田さんからかなり愛されているようで、結構気に掛けてもらっていますね。
 
村田の奥さんも猫村さんが走りやすいようにとナップサックを作ってあげたり、山田さんもマフラーを編んであげたりと猫村さんは幸せ者ですね。
 
そしてそんな2人の気持ちをすごく喜んだ猫村さんは、ぼっちゃんに会うことにまた気合いが入っているようで、応援してあげたくなりますね。

<見逃し動画>第22話 9月2日
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第22話の公式あらすじ

たかし(水間ロン)の就職内定祝いに、ごちそうを用意する猫村ねこ(松重豊)。せっかくのお祝いにと尾仁子(池田エライザ)の部屋をノックするが…。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第22話のネタバレはここをクリック
からっぽになる
平日の昼間に仕事をしていた猫村さんは、中庭にこの家の主人である金之助の姿を発見するのだった。

平日にも関わらず家にいることに驚く猫村さんは、そんな金之助に何をしているのかと声をかけるのだった。

するの金之助は、定期的に心を空っぽにすることにしているのだと話すと、空を見上げたりぼっーっとする時間が人間には必要なのだと語る。

金之助は、生きていれば抱えきれないことが出てきてしまい、それを一度手離すことで心に余裕ができるのだと語るのだった。

それは猫も同じではないかと言われた猫村さんは、しばらく考えるが、自分にはないことを考えるのであった。

いつもとは様子の違う金之助に不思議さを感じながらも、猫村さんは冴子との関係が修復してきていることに、安心感を感じているのだった。

 
からっぽにする猫村さん

その帰り道、猫村さんは、金之助から言われた心をからっぽにするということを考えながら歩いていた。

金之助の言葉を意識した猫村さんは、心を空っぽにすることを意識しながら空をぼーっと眺めるのであった。

空っぽにするはずの猫村さんであったが、見上げた空にはぼっちゃんの笑顔が写ると、猫村さんは笑顔になってしまう。

それでも心をからっぽにしようと一生懸命周囲を見ようとするのだが、標識や看板などまでにもぼっちゃんの顔が写ると、猫村さんはからっぽにすることに大変さを感じていた。

そんな猫村さんは、いろんなところに出てきてしまうぼっちゃんの顔を意識しないようにと頭をふりながら商店街を歩いていく。

そしていつもの魚屋の横を通りかかった猫村さんに気がついた、怖がりの奥さんや魚屋の店主は、犬神家の奉公がかなり大変なのだと猫村さんの気持ちを推し量るのであった。

そんな2人の気持ちもしらずに、猫村さんはからっぽにしようとすればするほど、心のなかにいっぱいになるぼっちゃんの笑顔に気がつくのだった。

第22話の感想はここをクリック
金之助の時々心をからっぽにすることは、今の情報が簡単に手に入れられてしまう環境では、かなり大切なような気がします。
 
近くにスマホやタブレット、パソコンなどがあり、何もしないことがとても大変なことなんだと改めて感じました。
 
気がつけばスマホを片手に何かを見続けていることが多い自分ですが、たまにはその手を止めて何もしないという時間を作ることも大切なのかもしれません。
 
そんなことを考えさせられる今回の22話でした。

<見逃し動画>第21話 8月26日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第21話の公式あらすじ

奥様(小雪)の肩もみをする猫村ねこ(松重豊)。奥様から「一緒になった好き同士が好き同士でい続けることは難しい」と聞いた猫村さんは、ぼっちゃん(濱田岳)を思い出し…。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第21話のネタバレはここをクリック
たかしの就職

冴子をマッサージしていた猫村さんは、あまりにひどい肩のこりをほぐしながら、ゆっくりお風呂につかれるようぬるめの温度にすることを冴子に告げる。

猫村さんの心遣いに感謝する冴子に、猫村さんはたかしの就職が決まり肩の荷が降りたのではないかと優しい声をかける。

冴子はたかしの就活がうまくいかなければ、なんらかの手助けはするつもりだったと語るが、一人で決めてきたことにたかしの成長を感じたと話すのであった。

さらに尾仁子の話にもなり、最近まともに会話を交わしていない尾仁子との関係に心配しながらも、親離れをしていくのだとしみじみと感じる冴子であった。

 
好き同士

そんな冴子の話を聞いていた猫村さんは、それでも好き同士で結婚した金之助と冴子の愛情はたっぷりと注がれているはずだと話す。

すると冴子は、好き同士が結婚してもそのままずっと好き同士でいることは難しいのだと猫村さんに言葉をかけるのだった。

好き同士でいることが難しいと聞いた猫村さんは、ぼっちゃんから貰ったエプロンを見つめる。

猫村さんは、いつまでも好き同士で居たいと呟くと、そのエプロンに写ったぼっちゃんからは笑顔でもちろんと答えられるのだった。

 
好き同士でいてください

そんなことを考えながら屋敷の掃除をしていた猫村さんのもとに、強を連れて帰ってきた尾仁子の姿を発見するのだった。

エプロンと会話する猫村さんを見た強は、そんな様子を心配するのだが、一緒に帰ってきた2人を見た猫村さんは、いつまでも好き同士でいてくださいねと声をかける。

いきなりの猫村さんの発言に動揺した尾仁子であったが、強は顔をキリッとさせると彼女を作る気はないと言われてしまう。

告白もしてないないのにフラれたような形になってしまった尾仁子は、勝手に話を進めるなと怒りながら部屋へと向かっていくのだった。

そんなじゃれあう2人を見ていた猫村さんは「青春ね」と呟くと、屋敷の掃除に戻るのであった。

第21話の感想はここをクリック
マッサージをしながらぬるめのお風呂を入れると話す猫村さんは、家政婦というよりは執事のようですね。
 
そんなかなりできる執事のような猫村さんですが、恋愛や結婚の難しさはまだよくわかっていないようですね。
 
冴子の言った、好き同士が結婚するのは簡単だけど好き同士でいるのは難しいという言葉は、なかなか気づかないことだったなと盲点をつかれました。

<見逃し動画>第20話 8月19日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第20話の公式あらすじ

猫村ねこ(松重豊)は、犬神家のご夫婦の言い合いについて家政婦仲間の山田さん(市川実日子)に相談する。「整形」の意味を知った猫村さんは美人になった自分を想像し…。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第20話のネタバレはここをクリック
相変わらずの喧嘩

たかしの就職内定のお祝いをした猫村さんであったが、その夕食後ソファーに座っていた金之助夫妻は、またしても険悪なムードであった。

すると冴子は、金之助から親であるにも関わらずたかしの就職を知らなかったことを責め立てるのだった。

すると冴子は、反論するように金之助自身もそのことを知らなかったではないかと厳しい言葉をかける。

そんな金之助は、結婚してからの20年間、自分の容姿ばかり気にして家のことをまったくやらない冴子に苦言を呈していた。

さらに冴子がその容姿を気にするばかり整形してしまったことにも金之助は、厳しい言葉をかけるのだった。

すると慌てた様子の冴子は、それも全て金之助が喜んでくれると思ったからだと告げると、部屋を出ていってしまうのだった。

追いかけた方がいいのではないかと金之助にアドバイスをするのだが、今は放っておくのが一番だと立ち上がろうとはしなかった。

 
好きなんです

村田家政婦紹介所にかえってきた猫村さんは、1日が終わりその一室で布団に入り込むと、隣で寝ている山田さんに今日のことを話すのだった。

山田さんは、その話を聞いて冴子が可哀想であると答えるのだが、猫村さんは冴子が本当は金之助のことが大好きなのだと語るのだった。

すると猫村さんは、今日のことで一つだけ分からなかったことがあると口にすると、山田さんに「整形」の意味を尋ねるのであった。

説明の難しさでその意味を考えていた山田さんは、整形を「綺麗になるための手術」と説明するのであった。

その説明を聞いた猫村さんは、自分が整形し綺麗になった姿でぼっちゃんと再会しているところを想像するのだった。

しかしその想像の中では、猫村さんが整形したことに寂しそうな顔をするぼっちゃんがおり、猫村さんは整形を諦める決心をするのだった。

するとそれを想像してしまった山田さんは、そのあまりにも面白い光景に笑いだしてしまうのだった。

それにつられた猫村さんも笑いだしてしまい、2人の笑い声に気がついた村田の奥さんが注意にやってくる。

しかし2人の楽しそうな笑い声につられた村田の奥さんもつい笑ってしまい、楽しそうな夜は過ぎていくのだった。

第20話の感想はここをクリック
まさかの冴子が整形美人だったことに驚きましたが、それも金之助を思ってのことだと知ってなんだか複雑ですね。
 
さらにそんな2人がうまくいかずにギクシャクしてしまうのも、寂しい気もしますね。
 
それでも、整形した猫村さんを想像して笑い合える村田家政婦紹介所のメンバーはほっこりしてていですね。

<見逃し動画>第19話 8月12日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第19話の公式あらすじ

猫村ねこ(松重豊)は家政婦仲間の山田さん(市川実日子)に、スケ子とは犬神家のご主人(松尾スズキ)の愛人で、顧問を務める恋愛サークルで知り合った女性だと話す…。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第19話のネタバレはここをクリック
就職内定

金之助と冴子そしてたかしは、猫村さんに声をかけられると、豪勢な夕食が並ぶテーブルへと案内されていく。

たかしが席に着くと、猫村さんはフードカバーをおもむろに開けると、そこには大きなステーキ肉が置かれていた。

そして猫村さんはたかしに就職内定の連絡がきて、そのお祝いだと声をかけるのであった。

それを聞いた金之助は、そこで初めてたかしの就職内定を耳にしたことになり、驚きと喜びの声をあげるのだった。

すると冴子は、父親なのに就職内定の話を今初めて聞いたのかと呆れた表情を浮かべていた。

そんな冴子の言葉に腹を立てた金之助は、負けじと冴子もそれを知っていたのかと厳しい口調で冴子に迫る。

しかし冴子もまた知らなかったようで、気まずそうな顔をしながらも金之助のその態度に腹を立てているのだった。

 
打開策

せっかくのたかしの就職内定祝いであるのに、そんな不穏な雰囲気になってしまったことを感じ取った猫村さんは、なんとか打開しようと尾仁子を食卓に招くことを提案する。

大急ぎで尾仁子の部屋にやってきた猫村さんは、部屋の扉をノックすると一緒に食事をしようと声をかける。

そこに強と帰って来た尾仁子に気がついた猫村さんは、たかしの就職内定祝いのため豪華な食事を作ってあることを告げる。

そして一緒にお祝いをしようと声をかけるも、尾仁子はまったく乗り気を見せずめんどくさそうな表情を浮かべる。

猫村さんはなんとか連れていこうと、一緒にいた強も誘うと、強は揚げパンもあるのかと興味を示してしまう。

そんな強を目で制する尾仁子は、部屋の中に戻っていこうとしてしまうと、猫村さんはなんとか引き留めようと声をかける。

うんざりした表情で振り返った尾仁子に、猫村さんは先日もらった絆創膏を全部の指に貼ってそれを見せる。

そして、その絆創膏のお礼を伝えた猫村さんは満足そうに笑顔になると、それをからかわれた尾仁子は恥ずかしそうに部屋の中に入っていく。

それでも尾仁子の気持ちが嬉しかった猫村さんは、その指で軽く爪を研ぐと痛くないことに笑顔になるのだった。

第19話の感想はここをクリック
相変わらず金之助と冴子の仲が悪く、変な意地の張り合いばかりしていてたかしのことはあまり目に入っていないようですね。
 
なんとかしようとした猫村さんも、尾仁子に誘いを断られてしまうなどなかなかうまく行きませんね。
 
それでも、尾仁子が絆創膏をくれたりと少しずつですが猫村さんに心を開いているように感じて、いい雰囲気になってきていることに安心しました。

<見逃し動画>第18話 8月5日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第18話の公式あらすじ

猫村ねこ(松重豊)と怖がりの奥さん(安藤サクラ)が、またもや魚屋で言い合いになってしまう。どうしても苛立ちを隠せない猫村さんは地面で爪を研ぎ始めて…。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第18話のネタバレはここをクリック
怖がりの奥さん

食材の買い出しのために商店街にやってきていた猫村さんは、いつもの魚屋の前で足を止めると魚を物色し始める。

そこにやってきた怖がりの奥さんが猫村さんに気がつき、声をかけると猫はやはり魚が好きなのねと上から目線で話しかけてくる。

魚屋の店主が怖がりの奥さんに挨拶をすると、怖がりの奥さんは今日は魚を買いにきたのではないと告げる。

怖がりの奥さんは今日の晩御飯は松阪牛のお肉だと猫村さんに聞こえるように話すと、猫はお肉は知らないかとバカにしたように話すのだった。

すると猫村さんは、犬神家では尾仁子という育ち盛りがいるため、お肉くらい知っていると反論するのだった。

 
野良猫

尾仁子の名前を聞いた怖がりの奥さんは、尾仁子が近所でも有名なスケバンであり、夜中に出歩いたりコンビニでたむろしているのだと話す。

そしてそれはまるで野良猫のようだと語ると、怖がりの奥さんは同じ猫同士ちゃんとしつけるべきだと話すのだった。

尾仁子をバカにしたことに腹を立てた猫村さんは、その態度をとがめようと食って掛かろうとする。

しかし魚屋の店主に止められてある間に、怖がりの奥さんは逃げるように去っていってしまうのだった。

悔しさを解消するために、アスファルトにむかって爪研ぎをする猫村さんなのであった。

 
尾仁子の優しさ

魚屋の店主の制止も聞かずにアスファルトで爪を研いでいた猫村さんは、案の定指先を怪我してしまう。

犬神家のキッチンでその痛みに耐えながら家事をしていた猫村さんは、これも尾仁子のことを思ってしたことなのだと右手と左手に話しかける。

するとそこに、尾仁子がやってくると、猫村さんの一人二役のその話し声のせいで昼寝が出来ないと、文句をいいながらなにかを投げつける。

尾仁子がいなくなったあと、それを拾い上げた猫村さんは、それが絆創膏であることに気がつくのだった。

自分の手が痛いことを気に掛けた尾仁子の優しさであることに気がついた猫村さんは、その絆創膏を見て心が温まるのであった。

第18話の感想はここをクリック
怖がりの奥さんの再登場で、またしてもマウントの取り合いが始まって、この掛け合いが結構面白いですね。
 
尾仁子を悪くいわれて怒った猫村さんですが、奉公先の人をここまで大切にしている猫村さんはほんといい人ですね。
 
そして今回は、そんな尾仁子が怒りながらも絆創膏を投げつけてくるというなんだかほっこりする話でした。

<見逃し動画>第17話 7月29日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第17話の公式あらすじ

漢字ドリルの「愛人」という言葉をきっかけに、奉公先の犬神家の噂話を始める猫村ねこ(松重豊)と山田さん(市川実日子)。奥さん(石田ひかり)に注意されてしまうが…。 
<出典>きょうの猫村さん公式

第17話のネタバレはここをクリック
漢字ドリル

村田家政婦紹介所でくつろいでいた猫村さんは、すっかり長風呂をしてしまったとお風呂から出てきた山田さんと話をしていた。

すると山田さんは、猫村さんが机の上で何かを書いていることに気がつくと、それが漢字ドリルであると知る。

猫村さんは、喋ることこそできるとはいえ、文字を書くことができないことを気にしており、近所の家の少年から漢字ドリルを貰ったのだと話す。

猫村さんは、優しいぼっちゃんがひらがなを教えてくれていたことを思い出しており、鏡文字でありながらも褒めてくれるぼっちゃんの優しさを感じているのだった。

猫村さんがどんな文字を書いているのか気になってしまった山田さんは、それを覗き込むと、愛人という文字を練習していることに気がつくのであった。

 
家政婦は見ない

愛人という文字を見た猫村さんは、奉公先の犬神家の主人である金之助に、スケ子という愛人がいることを思い出していた。

前回それを聞いていた山田さんは、その後の金之助とスケ子について、猫村さんか、話を聞こうとする。

するとそこに、村田家政婦紹介所の代表である村田の奥さんがやってくると、奉公先の家の詮索はしないことと苦言を呈する。

さらに村田の奥さんは、猫村さんが自分と似ていて、とてもお節介焼きであり、思いきった行動をしてしまうのではないかと心配するのであった。

そんな2人が心配になった村田の奥さんは、家政婦は「見ない」と2人に唱和させると、その精神をあらためて叩き込もうとするのだった。

しかしその後、犬神家に仕事に向かった猫村さんは、そっと金之助の書斎の扉を開けると、そこから電話をしている金之助を覗いていた。

そこで金之助は、スケ子と思われる人物と会話していることに気がつき、出張と偽って旅行に行こうしている話を聞いてしまうのだった。

そんな姿に気がついた、金之助の妻冴子に声をかけられた猫村さんは、驚きの声をあげ扉を閉めると、逃げるように去っていくのであった。

第17話の感想はここをクリック
猫村さんはやっぱり猫なので、文字が書けないということでしたが、漢字ドリルを使うなどかなり勉強熱心ですね。
 
しかも、その漢字ドリルも貰い物ということで、猫村さんのやりくり上手さがかなり伺えました。
 
愛人がいることを認めた金之助ですが、関係を終わらせるつもりがないようで、猫村さんはかなり心配しているようでした。
 
村田の奥さんお墨付きのお節介が、犬神家にどう影響していくのか、楽しみにしたいと思います。

<見逃し動画>第16話 7月22日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第16話の公式あらすじ

猫村ねこ(松重豊)は家政婦仲間の山田さん(市川実日子)に、スケ子とは犬神家のご主人(松尾スズキ)の愛人で、顧問を務める恋愛サークルで知り合った女性だと話す…。 
<出典>きょうの猫村さん公式

第16話のネタバレはここをクリック
恋愛サークル

犬神家から仕事を終え、村田家政婦紹介所から帰ってきた猫村さんは、山田さんも加えいつものように居間でテレビを見ていた。

3人が大好きなドラマを見終わると、村田の奥さんがCM中に話していた、犬神家主人の金之助の話を持ち出す。

猫村さんは、金之助にはスケ子という愛人がいるのだという話をしていたようで、山田さんも村田の奥さんもその話しに興味を示す。

猫村さんによれば、大学教授をしている金之助は、その大学で開かれている”恋愛サークル”でスケ子と知り合ったのだと言う。

23歳というスケ子は、そのサークル活動を通じて金之助との距離を縮めていったようで、そんなサークルがあることに驚く山田さんや、大学教授という仕事が女性からとても人気がある仕事なのだと、村田の奥さんたちが話しているのだった。

 
引っ越した理由

不倫という人間独自の行動に、トイレにたった猫村さんは、ぼっちゃんとその母親が出ていったのも、その家の主人の不倫が原因だったことを思い出すのだった。

その寂しかった記憶を思い出しながらトイレに入っていった猫村さんは、このまま金之助の不倫が続けば、いずれはたかしや尾仁子にもそんな悲しい思いをさせてしまうことになるのではと、不安な気持ちでトイレから出てくる。

トイレから出てきた猫村さんは、猫の習性からトイレに向かって砂をかける素振りをしてしまうのだった。

すると猫村さんは、以前ぼっちゃんからトイレの仕方を教わっており、砂をかけなくてもいいと言われていたことを思い出す。

そのことを思い出した猫村さんは、教えてもらってたのにと自分の行動に笑ってしまうのであった。

笑って帰ってきた猫村さんのことを、村田の奥さんたちがいじりながら、3人でまた談笑をするのであった。

第16話の感想はここをクリック
金之助とスケ子が大学の恋愛サークルというもので出会ったと言っていましたが、そんなサークルがあることにも、そしてスケ子があまりにも若いことに驚きました。
 
そしてなんとぼっちゃんもまた、その不倫が原因で離れ離れになってしまったということで、猫村さんの不安もわかる気がします。
 
そして毎回出てくる猫村さんの猫らしい仕草にも、なんとなく可愛らしさを感じてしまいますね。
 
たかしや尾仁子を心配する猫村さんが、今後金之助を初めとする犬神家の人たちとどう関わっていくのか、猫という独特の視線を持つ猫村さんの行動を楽しみにしたいと思います。

<見逃し動画>第15話 7月15日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第15話の公式あらすじ

猫村ねこ(松重豊)が庭の雑草をむしっていると奥様(小雪)と旦那様(松尾スズキ)がたまたま鉢合わせる。猫村はスケ子という女性から電話があった旨を伝えるが…。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第15話のネタバレはここをクリック
庭の草むしり

村田家政婦紹介所から犬神家への家政婦としてやってきた猫村さんは、大好きなぼっちゃんに会うために、今日も仕事に精を出しているのだった。

猫村さんは、犬神家の屋敷のような大きな庭の草むしりをしており、落ち葉も丁寧に掃き取ろうとするのであった。

そんな猫村さんのもとに、この家の奥様である冴子がやってくると、一生懸命働く猫村さんに労いの言葉をかけるのだった。

恐縮する猫村さんであったが、冴子がおもむろに手にした木の枝を見ると、猫としての習性からかじゃれたくなってしまう。

どうにか抑えようとするのだが、手がどうしても動いてしまい、そんな猫村さんに冴子は優しい笑顔を向けるのであった。

 
金之助とスケ子

そこにこの家の主である金之助が帰って来ると、いつもより早い帰りに冴子は驚きの声をあげるのだった。

早く帰ってくることもあると語る金之助だったが、そこで猫村さんは金之助に伝言を預かっていることを思い出すのだった。

その女性は、若い女性でありスケ子という名前であることを告げると、金之助は途端に慌て始めるのだった。

さらに猫村さんは、その話の内容が旅行のことであったと告げると、冴子は金之助に冷たい視線を向けるのであった。

慌てる金之助だったが、誤魔化そうとする姿にさらに苛立ちを覚えた冴子は、ネイルサロンに言ってくると門の方へと歩いていく。

ネイルサロンがわからない猫村さんは、それがどういうところなのかと金之助に尋ねると、金之助からは爪研ぎだと説明される。

冴子も自分と同じように爪研ぎをすることを知った猫村さんは、驚いているのだがそれを聞いた冴子は「変なことを教えるな」と怒るのだった。

冴子が持っていた木の枝を手に取った金之助は、冴子は悪くないと呟き猫村さんの前にその枝を向ける。

寂しそうな表情をする金之助の持つ木の枝に、どうしても抑えきれない猫村さんは、ついついじゃれてしまうのだった。

第15話の感想はここをクリック
金之助の浮気相手が大学の教え子であることにも驚きですが、そのことを話せてしまう猫村さんにもかなり驚きですね。
 
家政婦としてはかなり優秀な猫村さんですが、やはり人間社会のことにはかなり疎いようで、いらないことをすぐに口にしてしまうところが猫らしいです。
 
夫婦関係もうまくいっておらず、さらに娘の尾仁子ともうまくいっていないなど、かなり複雑な家庭の犬神家でありますが、これからの猫村さんの活躍に期待したいと思います。

<見逃し動画>第14話 7月8日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第14話の公式あらすじ

尾仁子の部屋を猫村ねこ(松重豊)が訪ねると、友達の強(染谷将太)だけがいた。集会話でなぜか2人は意気投合するが、その時ちょうど尾仁子が帰ってきてしまい…。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第14話のネタバレはここをクリック
暖かい日向
村田家政婦紹介所から犬神家に家政婦としてやってきた猫村さんは、大好きなぼっちゃんとの再会を夢見て今日も仕事にせいを出すのだった。

猫村さんは、よく陽の当たる部屋で洗濯物を干しており、その天気のよさに心地よさを感じているのだった。

洗濯機を干し続けていた猫村さんであったが、猫としての習性からなのか、日向ぼっこがしたくなってきてしまうのだった。

洗濯の手を止めた猫村さんは、あまりの心地よさに寝っ転がってしまうと、そのまま寝てしまいそうになる。

寝てはだめだと飛び起きた猫村さんは、もうそろそろ尾仁子が帰ってくるのだと、慌てて洗濯を済ませるのであった。

 
集会のこと

猫村さんは、尾仁子が帰ってきているはずだと、ココアを持って尾仁子の部屋を訪れると、そこで揚げパンを美味しそうに食べる強に気がつく。

尾仁子がいないことをいいことに、猫村さんは前回2人が話していた集会について質問してみることにする。

猫村さんは、猫の集会は基本的にはのんびりとしたものであり、たまには喧嘩もあるがそういったものなのかと強に質問する。

強は、ヤンキーの集会のため、もちろん喧嘩もあることがあるが、基本的にはそこまで危険なものではないと答える。

さらに強は、その集会から子供を作ってしまった先輩たちがいたことも話すが、あくまで自分は硬派であり、そのようなことはまったくないと猫村さんに話すのだった。

安心した猫村さんであったが、人間の集会への興味はますます増してしまい、もっと話を聞こうとするのだった。

すると猫村さんは、尾仁子が帰宅してきた音が聞こえると、また機会があったら聞かせてほしいと話、部屋を後にするのだった。

猫村さんとすれ違った尾仁子は、部屋にいた強に、どんな話をしたのか?と凄みを効かせ強に問いただすのであった。

第14話の感想はここをクリック
猫ならではの日向ぼっこをしようとしてましたが、あれだけ心地よさそうなら人間だってうとうとしてしまいそうですね。
 
でも底はプロ根性のある猫村さんで、咄嗟に飛び起きてちゃんと仕事をしていましたね。
 
そしてどてしても人間の集会に興味があるようで、強に聞き込みを行うなどかなりの行動派ですね。
 
2人の会話も、なんとなく食い違ってそうな気もしましたが、集まってやることなんてそんなに大差がないのか、なんとなく会話になってましたね。
 
そのうち尾仁子ともこうやって話せる日が来るのかなと、猫村さんと尾仁子の絡みにも注目していきたいと思います。

<見逃し動画>第13話 7月1日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第13話の公式あらすじ

猫村ねこがおやつに揚げパンをもっていくと、尾仁子と暴走族仲間の強が集会の話がで盛り上がっている。猫村も集会に反応するが‥。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第13話のネタバレはここをクリック
思い出の揚げパン

村田家政婦紹介所から犬神家に家政婦として派遣されてきた猫村さんは、犬神家のキッチンでパンの耳を揚げていた。

その揚げたパンの耳に砂糖をまぶした、猫村特製「揚げ耳パン」を完成させると、このおやつをぼっちゃんが大好きだったことを思い出していた。

ぼっちゃんが友達を家に連れてくると、毎回のようにこの揚げ耳パンを作り、それを満足そうに食べていたことに、猫村さんは嬉しさを感じていたのだった。

そんな猫村さんは、犬神家の尾仁子にもそれを食べさせてあげようと考え、揚げ耳パンを作っているのだった。

出来上がった揚げ耳パンを持って尾仁子の部屋の前に来た猫村さんは、部屋の中から聞こえる声に、友達が来ていることに気がつくのだった。

 
集会の話

尾仁子の部屋では、暴走族仲間の強がやってきており、今度開かれる”集会”についての話をしているのだった。

特攻服などの話で盛り上がる中、揚げ耳パンを届けにきた猫村さんは、集会という言葉に反応するのだった。

猫が家政婦をしていることに驚く強だったが、尾仁子はめんどくさそうに猫村さんがこの家に家政婦として来ていることを伝える。

集会と聞いた猫村さんは、猫の集会を昔はよくやっていたのだと話すと、そこで他愛もない会話をしていたと話に割り込んでくる。

猫村さんは、日向ぼっこや猫同士の集会のことを思い出していると、久しぶりに集会に参加したくなってきてしまう。

猫村さんは、強と尾仁子に今度その集会に連れていって欲しいとお願いをすると、それを聞いた2人は困った表情をする。

2人の表情に気がついた猫村さんは、猫の集会同様、縄張りがあるのだと気がついたようで、猫社会も縄張り問題が大変だったと語るのだった。

わけのわからないことばかり話続ける猫村さんにイライラした尾仁子は、猫村さんを部屋から追い出してしまうのだった。

部屋から追い出されてしまった猫村さんだったが、尾仁子にもぼっちゃん同様、揚げ耳パンを食べる友達がいることに、一安心するのだった。

第13話の感想はここをクリック
子供に人気のないパンの耳ですが、揚げて砂糖をまぶすと、大人気なおやつに大変身しますよね。
 
子供なら好きという猫村さんの少しずれた感覚も、猫らしさもあってなんだかとても面白いですね。
 
そして、尾仁子の友達強の初登場で暴走族仲間ではありますが、友達がいたことに少し安心してしまいました。

<見逃し動画>第12話 6月24日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第12話の公式あらすじ

猫村ねこが魚屋で買い物をしていると、怖がりの奥さんが割り込んでくる。2人は負けじと注文しあい、持ち金以上の買い物をしてしまうが‥。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第12話のネタバレはここをクリック
怖がりの奥さん

猫村さんは買い出しのために商店街の魚屋に来ており、そこで多くの種類が並んだ中から美味しそうな魚を物色していた。

するとそこに、先日出会って犬神家の主人金之助が不倫していると話していた近所の怖がりの奥さんがやってくる。

怖がりの奥さんもまた魚を買いに来たのだったが、猫村さんが注文しようと思っていた商品を買い占め始めてしまう。

それに気がついた猫村さんもまけじと色々なものを注文し始めてしまうと、怖がりの奥さんと変な意地の張り合いをしてしまうのだった。

怖がりの奥さんも、猫村さんも何を注文したのかわからないくらい両手一杯に袋を持たされてしまうのだった。

 
無駄な張り合い

両手いっぱいに買い物をしてしまった2人だったが、手持ちがないことに気がつくと、魚屋の店主につけにしておいて欲しいと頼むのだった。

すると怖がりの奥さんは、今から銀行に行ってお金をおろす予定だと話すと、猫村さんは猫だから銀行口座を持っていないだろうと上から目線で話し始める。

すると猫村さんは、先日村田の奥さんに通帳と印鑑を作ってもらったのだと誇らしげに話す。

すると今度は、怖がりの奥さんは猫村さんの銀行は手数料が高いのだと優位に立とうとする。

そんな猫村さんも負けじと窓口の待ち時間が短いや、しまいには外壁や内装まで対抗し始めるのだった。

最終的には、猫村さんがその銀行には支店長になれなかった副支店長の幽霊が出るのだとデタラメな噂を話し始める。

もともと怖がりの奥さんのため、幽霊が出ると聞き、それが閉店間際だと知らされると逃げるように銀行に向かっていくのだった。

怖がりの奥さんの去っていく後ろ姿を見た猫村さんは、やり場のない怒りを抑えるために、持っていた袋を魚屋店主に渡すと、近くに合った発泡スチロールで爪研ぎを始めるのだった。

第12話の感想はここをクリック
猫村さんと怖がりの奥さんがマウントポジションを取り合うという内容でしたが、その内容のくだらなさに思わず笑ってしまいました。
 
両手いっぱいの魚介類を2人はどう処理するのかと心配になるくらいの大量の買い物でした。
 
さらに銀行の内装やロビーまでも争う対象になっていって、一歩も引かない猫村さんや怖がりの奥さんが似た者同士なんだとわかりました。
 
そして魚屋店主がまた荒川良々さんといういいキャラクターで、2人に気圧されオドオドする様子がまた面白かったですね。

<見逃し動画>第11話 6月17日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第11話の公式あらすじ

村田の奥さんは、仕事に少しずつ慣れてきた猫村ねこに猫村名義の通帳とハンコをプレゼントする。猫村は奥さんの心遣いに思わず胸が熱くなり‥。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第11話のネタバレはここをクリック
仕事のこと
犬神家への奉公を続けている猫村さんは、村田家政婦紹介所に帰ってくると、好きな番組が始まる前に大急ぎでシャワーを浴びていた。

仕事も慣れてきて、さらにいい人たちに囲まれた生活を送る猫村さんは、鼻唄まじりで耳を乾かしていた。

そしてドラマがスタートする前に上がってこれた猫村さんは、居間でその番号が始まるのを楽しみに待っているのだった。

するとそこに村田の奥さんがやってくると、犬神家での仕事の様子を伺っているのだった。

犬神家での様子を聞かれた猫村さんは、クセはあるがみんなそれぞれがいい人で働きやすい環境だと笑顔で話すのであった。

 
猫村さんの通帳

すると番組が始まる前にと改まった様子で猫村さんの前に座った村田の奥さんは、おもむろに猫村さんの通帳と印鑑を取り出した。

何事がと驚く猫村さんであったが、村田の奥さんはこれを用意した理由を口にし始める。

一生懸命仕事をしている猫村さんのために、準備したものだと伝えた村田の奥さんは、しっかり働いているなら必要だと伝える。

今後もしっかり働くなら税金のこともあるし、なにより猫村さんが目標にしているぼっちゃんに会うためには貯金が必要だと笑顔で声をかけるのだった。

猫村さんはそんな村田の奥さんの優しさに感動しながらも、自分のために用意された通帳を嬉しそうに眺めるのだった。

 
綺麗な判子

そんな嬉しそうな猫村さんを近くで見ていた山田さんは、さっそくその判子を押してみようと提案する。

白い紙を出された猫村さんは、緊張しながらもその紙に作ってもらったばかりの判子を押すのだった。

判子を押した猫村さんは、その綺麗に押された判子を笑顔で見つめながら嬉しさを噛み締める。

テレビからは、お気に入りのドラマなオープニング曲が流れ始めるのだが、猫村さんはそれでもずっと自分の判子を嬉しそうに眺めるのであった。

第11話の感想はここをクリック
一癖も二癖もありそうな犬神家のメンバーで、猫村さんも困っているのかと思いきや、なかなか楽しそうに仕事をしていますね。
 
猫村さんも楽しいのか鼻唄が出るほど充実しているようで、このドラマののんびりさが伝わります。
 
そして村田家政婦紹介所のメンバーもまた、猫村さんを思っているのがとても伝わってきます。
 
印鑑と通帳を猫村さんのために作ってくれるなんてほんとに村田の奥さんもいい人ですね。
 
猫村さんがお金を貯めていつかぼっちゃんに会える日が来るといいですね。

<見逃し動画>第10話 6月10日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第10話の公式あらすじ

犬神家長男のたかしがが資格の勉強をしていると聞いた猫村ねこは、愛しのぼっちゃんが小学校受験に励んでいたことを懐かしく思い出し‥。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第10話のネタバレはここをクリック
資格の勉強

犬神家へ家政婦としてやってきている猫村さんは、長男たかしのワイシャツについた汚れを手作業で落としていた。

それに気がついたたかしがお礼をいいにやってくるのだが、この汚れはたかしが就活を頑張っている証拠だとたかしを労う。

するとたかしが一冊の本を持っていることに気がつくと、それも就活のためのものなのであろうと声をかける。

するとたかしは、就職してからも上のポストを目指すための資格の勉強の本であることを伝える。

仕事についてからも勉強に励もうとするたかしの姿に感銘を受けた猫村さんは、洗濯の手をより一層強めていくのだった。

 
ぼっちゃんとの記憶

すると猫村さんは、以前の飼い主であるぼっちゃんが小学校受験のための勉強をしていたことを思い出す。

教材を目の前にするぼっちゃんは、仲間はずれを探すという問題を見つめながら、この問題に困惑していた。

ぼっちゃんは、動物も人間も仲間だと告げると、猫村さんや自分も仲間でありこの問題に答えはないと話すのだった。

そんなぼっちゃんの頑張りを見ていた猫村さんは、自分でもなにか役に立ちたいと考え始めており、家政婦さんの動きをよく観察していたのだという。

こうして猫村さんは、家事全般を目で盗み技術を身につけたのだと話すのであった。

 
一休みと尾仁子の優しさ

ぼっちゃんが頑張っていたこと、そしてたかしもさらなる頑張りを見せていたことに刺激された猫村さんは、掃除に気合いをいれる。

部屋中をきれいに磨きあげていた猫村さんであったが、気合いをいれすぎたのか少し疲れてしまう。

掃除も一段落したことから、猫村さんは廊下で一休みすることにし、少しの間寝てしまう。

そこに帰ってきた尾仁子は、廊下で寝てしまっている猫村さんを発見すると、何をやっているのかと呆れてしまう。

それでも、寝ている猫村さんを起こさないようにと、扉を優しく閉めたりぶつからないように歩いたりと、優しい一面を覗かせる尾仁子であった。

第10話の感想はここをクリック
ぼっちゃんとの記憶が出てきましたが、猫村さんの技術は、ぼっちゃんの家にいたお手伝いさんの技を見て盗んだんですね。
 
かなり腕のたつお手伝いさんだったのか、猫村さんがかなりの有能者である理由がわかりました。
 
最近出番が少なくなっていた尾仁子でしたが、ここに少しだけ出てきて、猫村さんを起こさないようにするという優しい一面があることを知って少しホットしました。

<見逃し動画>第9話 6月3日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第9話の公式あらすじ

家政婦紹介所でテレビドラマを見ていると話題は「愛人」のことに。猫村ねこ(松重豊)は、犬神家のご主人(松尾スズキ)に愛人がいることを思い出して‥。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第9話のネタバレはここをクリック
愛人の意味

ぼっちゃんと再会を果たすために、村田家政婦紹介所を訪れた猫村さんは、少し家庭環境が複雑な犬神家に家政婦として派遣されていた。

犬神家での仕事を順調にこなしていたある日の休日、猫村さんは村田家政婦紹介所の居間で村田の奥さんと山田さんと共にテレビを見ていた。

その中で、猫村さんは「愛人」という言葉が出てきたことに気がつき、2人にその意味を尋ねる。

愛人の意味を知らない猫村さんに驚く2人に、先日近所の奥さんからその言葉を聞いたのだと告げる。

そんな猫村さんに、2人は愛人の意味を教えるのであった。

 
まさかそんな人がいるなんて

翌日、庭で掃除をしていた猫村さんは、ウッドデッキで本を読む犬神家の主人・金之助に気がつく。

大学教授であり、しっかりした人物だと思っていた金之助に、愛人がいることを知った猫村さんは、まさかそんな人がいるなんてと、金之助を睨み付ける。

猫村さんの視線に気がついた金之助は、なぜ見られているのか、そして猫村さんの目線がするどいことに動揺するのだった。

妻子がありながらも、他に恋人がいるなんてと、イライラを募らせる猫村さんは、さらに金之助を睨むのだった。

そこに、金之助の妻・冴子が帰ってくると、猫村さんは笑顔になり冴子の元に駆けつけるのだった。

 
幸せな夢

外から帰ってきた冴子は、猫村さんにマッサージを頼むと、そのマッサージのうまさに感動する。

冴子はマッサージされながら、長男のたかしを出産したあと、腰痛が治らずによく金之助にマッサージしてもらったのだと話す。

猫村さんは、人間も猫も出産がとても大変なことだと、冴子を労いながらマッサージを続ける。

猫は一度に4~5匹産むのだと話していた猫村さんは冴子が反応しなくなったことに気がつく。

冴子を覗き込むと、すっかり寝てしまったこと気がつき、そんな冴子は金之助からマッサージを受ける夢を見ていた。

猫村さんは幸せな夢でも見ているのだろうと、マッサージを続けながら優しい笑顔を見せるのだった。

第9話の感想はここをクリック
金之助に愛人がいたと聞いた猫村さんでしたが、意味を知らなかったようで、かなりの衝撃を受けていましたね。
 
それにしてもそんな金之助に向けるあの鋭い目付きに、金之助もかなり動揺していましが、さすがにあんなに睨まれたら驚きますよ。
 
そんな金之助でも、冴子に優しかったことがあり、それを聞いた猫村さんも少しは見直したのかなと思います。

<見逃し動画>第8話 5月27日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第8話の公式あらすじ

思春期の尾仁子のために、目玉焼きを乗せた特製ネコムライスエッグを作る猫村ねこ。女子はエッグに目がないというが‥。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第8話のネタバレはここをクリック
ネコムライスエッグ

犬神家に奉公に上がっている猫村さんは、反抗期真っ最中で、家族からも距離を置かれている末娘の尾仁子のことがどうしても気になってしまう。

そんな猫村さんは、テレビドラマで得た情報である”女子はエッグに目がない”ということを思い出す。

そして犬神家のキッチンで、尾仁子のために再度特製ネコムライスを作り初め、さらに今回は、目玉焼きを乗せるという特性ネコムライスエッグを完成させる。

猫村さんは、今回は絶対に食べてくれるはずという自信を持って、尾仁子の部屋へとやってくる。

しかし、猫村さんを見たとたん、尾仁子は勝手に部屋に入ってくるなと強引に猫村さんを部屋の外へと追いやる。

猫村さんは女子が大好きなエッグ乗せだと説明するも、尾仁子にはまったく響かずネコムライスエッグを持ったまま追い出されてしまうのだった。

 
ぼっちゃんとの思い出

特製ネコムライスエッグを無駄にするわけにはいかない猫村さんは、この家の主である金之助にネコムライスを差し出す。

一口食べた金之助は、特製ネコムライスの美味しさに驚きながら、嫌いな玉ねぎが入っていることにも驚いていた。

すると金之助は、猫村がいつも着けているエプロンを自分で作ったものなのかと質問を投げ掛ける。

それを聞いた猫村さんは、以前飼われていた家のぼっちゃんからのプレゼントだと話す。

親と離れてしまい、途方にくれた猫村さんを拾ってくれたのが、ぼっちゃんでありそれから大切に育てられてきたのだと思い出話しをはじめる。

しかしある時、ぼっちゃんとその母親が海外に移住することになってしまい、泣く泣く猫村さんを手離すことになってしまったのだった。

そんなぼっちゃんから、友情と再会と感謝の気持ちを込めて、このエプロンが渡されたのであった。

それを聞いて金之助は、エプロンに”Neco”という刺繍が入っていることにも合点がいったと話す。

猫村さんは、ぼっちゃんとの思い出に浸りながら、再会を夢見るのであった。

第8話の感想はここをクリック
冒頭のネコムライス作成シーンでは、歌詞がネコムライスのレシピと作り方になってて、深夜に見ていたら食べたくなってしまいました。
 
それでもなかなか心を開かない尾仁子でしたが、今後猫村さんと打ち解ける日はやってくるのでしょうか?
 
そして、ぼっちゃんを思い続けている猫村さんは、ぼっちゃんとの再会は果たすことができるのか。
 
今後もこのゆったりとしたドラマをのんびりと見ていきたいと思います。

<見逃し動画>第7話 5月20日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第7話の公式あらすじ

買い物中の猫村ねこに話しかけてきた怖がりの奥さん。奉公先の犬神家のよからぬ噂をまくし立てる。これには温厚な猫村もたまりかねて‥。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第7話のネタバレはここをクリック
新たな1日

坊っちゃんとの再会のため、家政婦として犬神家への奉公を始めた猫村さんは、先日しっかり寝たことから、また元気に犬神家へと向かっていく。

足取りも軽く、鼻歌まじりで歩く猫村さんは、先日ネコムライスを食べてくれなかった尾仁子のことを心配していた。

猫村さんは唐揚げなら食べてくれるかな?と両手一杯に食材を買い犬神家へと歩いていくのであった。

その時、寝所の主婦から呼び止められ、猫村さんは犬神家に家政婦として勤めているのだと話をするのだった。

 
悪い噂

ゴシップが好きそうなその主婦は、猫村さんが犬神家へ行っていると聞くと、さらにテンションを上げる。

その主婦は、犬神家の家政婦がみんな1ヶ月も経たずに辞めていってしまうのだと話すと、猫村さんも早々に辞めたほうがいいと告げられる。

突然の話に驚く猫村さんだったが、犬神家の主人である金之助と冴子の夫婦仲がよくないことを口にする。

その主婦曰く、金之助は外に若い愛人がいるようで、そのことに気がついている冴子とは冷めきった関係なのだと話すのだった。

さらに長女の尾仁子が札付きのワルであることも、周囲からの評判が悪いのだと話されるのであった。

 
猫村さんの怒り

そこまで話をされた猫村さんであったが、奉公先を悪く言われることに腹をたてると、金之助も冴子も立派な優しい人だと反論する。

加えて尾仁子の悪口まで言われてしまった猫村さんは、その主婦を威嚇しはじめてしまう。

親切心で教えたのにと逆ギレする主婦は、捨て台詞のように、犬神家には幽霊が出るのだと話去っていく。

そんな主婦に最後まで威嚇をとかない猫村さんは、犬神家に到着すると、ストレス発散のため土で爪とぎをするのであった。

そんな様子を、部屋の窓から見ていた尾仁子は、猫村さんがなにをやっているのか見当もつかず、呆れたように視線をおくるのであった。

第7話の感想はここをクリック
意気揚々と奉公にでかけた猫村さんでしたが、まわりからの犬神家の評判を聞いてかなり怒ってしまいましたね。
 
犬神夫妻にはなにかあると思いましたが、金之助の不倫があると聞かされて、尾仁子が荒れている理由も少しだけ理解できたような気がします。
 
それにしても、犬神家にそんな噂がたつことや尾仁子の悪口を言われた猫村さんが威嚇するとは、やはりプロの家政婦ですね。
 
そしてそんな犬神家と猫村さんのこれからの関係に注目して見ていきたいと思います。

<見逃し動画>第6話 5月14日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第6話の公式あらすじ

初仕事でお疲れの猫村ねこを村田の奥さんを同僚の山田は猫村を元気づけてくれる。すると夢にぽっちゃんが現れ‥。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第6話のネタバレはここをクリック
初仕事

犬神家での初仕事を終えた猫村さんは、村田家政婦紹介所に帰ってきており、その居間で寛いでいた。

猫村さんの横で編み物をする山田さんは、猫村さんの初仕事を労っていると、猫村さんは謙遜する。

さらに猫村さんは、仕事は大変なものであり、楽してお金は稼げないのだと話すのだった。

すると山田さんはだからこそ頑張り過ぎないようにしないといけないと、猫村さんを元気付けるのだった。

山田さんから優しい言葉をかけられた猫村さんは、確かにと聞いたこともない諺を口にするのだった。

すると猫村さんは、そのまま居間で寝てしまい、そこにお風呂上がりの村田の奥さんがやってきて、猫村さんを優しく見守るのだった。

 
今日が終われば

目を覚ました猫村さんは、自分が布団に寝かされていることに驚きながら、目の前の村田の奥さんがいることに気がつく。

村田の奥さんは、寝てしまった猫村さんを寝室まで運んできたのだと話すと、大きい体の猫村さんを運ぶのは大変だったと笑顔を見せる。

すると村田の奥さんは、明日になれば今日は昨日になるのだと話すと、しっかり寝て昨日のことはすっきり忘れなさいと声をかけるのだった。

そのまま眠りにつこうとしたい猫村さんは、先ほどの村田の奥さんの言葉を思い返していた。

明日になれば今日は昨日になると考えていた猫村さんは、そうやって辿っていくと優しかったぼっちゃんに拾われた子とまで記憶を遡るのだった。

 
昨日の昨日のずーっと昨日に

そのまま眠りについた猫村さんは、ぼっちゃんとの夢を見ているのだった。

晴れた日に笑顔で猫村さんの名前を呼び駆け寄ってくるぼっちゃんに、猫村さんも笑顔で駆け寄っていく。

山の頂上で向き合った2人は、嬉しそうに抱きあうと、猫村さんはぼっちゃんに甘えるようにすり寄っていく。

そんな夢を見ていた猫村さんは、掛け布団を抱き締めながら、優しいぼっちゃんを思い、笑顔で眠りにつくのであった。

第6話の感想はここをクリック
犬神家での初奉公を終えた猫村さんでしたが、いろいろな家庭環境を目の当たりにしてかなり疲れたのだと思います。

あの完璧な猫村さんが居間で寝てしまったり、村田の奥さんにお世話になるなど、かなり疲れている様子でした。

村田の奥さんの明日になれば今日は昨日になるという言葉でしたが、普通に聞こえてなかなかいい言葉だなと感じました。

今日のいやなことも、明日になれば過去のことになり、気にしすぎることはないんだと改めて感じました。

<見逃し動画>第5話 5月7日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第5話の公式あらすじ

猫村ねこは部屋にこもった尾仁子のために夕食を部屋まで届ける。栄養と愛情たっぷりの猫村特製ネコムライスを出された尾仁子は‥。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第5話のネタバレはここをクリック
言い争い

夕食に降りてこない尾仁子を心配する猫村さんは、育ち盛りの中学生なのにとますます心配をつのらせる。

一方冴子は、就活中のたかしに大学教授であり父親の金之助のコネを使えばいいと話していた。

しかし金之助は、自分のコネなどあてにならないと、たかしに期待するなと話していた。

そんな言葉を聞いた冴子は、金之助の私生活に問題があるのではと声をかけるが、それに負けじと金之助は冴子の整形を指摘する。

そんな2人の会話をうんざりした様子で聞いていたたかしは、どっちもどっちだと食事を黙々と続けるのであった。

 
食事を届ける

そんな家族の言い争いをよそに、猫村さんはどうしても尾仁子が心配になってしまい、料理を部屋に運ぼうとする。

部屋まで料理を運んだ猫村さんは、尾仁子の部屋をノックするのだが、反抗期の尾仁子は、私に構うなと大声を出す。

しかしそのくらいじゃめげない猫村さんは、尾仁子の部屋を開けると、特性ネコムライスを届けにくる。

部屋に入ってきた猫村さんを追い出そうとする尾仁子は、ベッドに置いてあったぬいぐるみを投げつける。

そんな態度を取られてしまった猫村さんだったが、ネコムライスを食べるまでは引き下がらないと決意を口にする。

そして、ネコムライスには小魚や野菜、そして愛情が入っていると告げた猫村さんであった。

すると尾仁子は、その「愛情」という言葉に一瞬反応をするのだが、猫村さんに近づくと、持っていたネコムライスを叩き落としてしまう。

そしてそんな猫村さんを気にする様子もなく、部屋から出ていってしまう尾仁子なのであった。

落ちてしまったネコムライスをかき集めた猫村さんは、もったいないと呟くとそのネコムライスをおにぎりにしようとするのであった。

第5話の感想はここをクリック
犬神金之助が大学教授であることが判明しましたが、さらに衝撃的な冴子の整形話にも驚きました。

金之助の私生活に文句がありそうな冴子でしたが、この家族にはドロドロしたものがありそうですね。

そして尾仁子の部屋に向かった猫村さんでしたが、尾仁子は反抗期というかヤンキーでしたね。

持ち物やカーテンなどもヒョウ柄だったり、ヤンキー風な髪型など不良感が満載でした。

そんな尾仁子も「愛情」という言葉に少し反応したようで、猫村さんに心を開く日がくるのでしょうか。

そして猫村さんが今後どのようにこの家族に関わっていくのか、それぞれの関係などにも注目して見ていきたいと思います。

<見逃し動画>第4話 4月30日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第4話の公式あらすじ

犬神家の夕食。主人の犬神金之助と妻の冴子の中はギクシャクしている。猫村ねこは部屋にこもった尾仁子が気になるが‥。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第4話のネタバレはここをクリック
豪華な食事

人生初めての奉公先である犬神家での夕食の時間、猫村さんは手によりをかけて作った豪華な食事をセットしていた。

テーブルにはサラダやチキン、そしてワインなどがセットされ、さながらパーティーのようになっていた。

そこへやってきたこの家の主犬神金之助は、猫村さんと挨拶を交わすとその豪華な食事を見て喜んでいた。

主人である金之助と初対面で緊張する猫村さんは、謙虚に口に合うかどうかと話していてると、そこに息子のたかしもやってくると、食事を楽しみだと話すのだった。

たかしが大学4年であることを調査済みの猫村さんは、そのことをたかしに話すのだった。

たかしは就活中だと話すと、猫村さんはその言葉の意味がわからずにいるのであった。

 
ネコムライス

そんな中、尾仁子がいつになっても食卓に姿を現さず、猫村さんは心配をしていた。

するとたかしが尾仁子の料理だけ他とは違うことに気がつくと、猫村さんは特製の”ネコムライス”だと話す。

ネコムライスは、猫村さんの自慢の料理の一つで、昔はぼっちゃんが喜んで食べてくれていたのだと話すのだった。

猫村さんは、ネコムライスをぼっちゃんが嬉しそうに食べて、その味を大絶賛していたことを思い出しながら顔をほころばせていた。

そんなネコムライスを育ち盛りの尾仁子にも食べさせてあげたいとだと話す猫村さんであった。

しかし、いまだに姿を現さない尾仁子が心配で、上の階を見上げる猫村さんだったが、家族たちはそのことを気にもせず食事を始めてしまう。

驚いた猫村さんは、尾仁子を待たなくていいのかと家族に聞くと、いつもこうしているのだと告げられる。

さらに尾仁子のことは、そんなに気にしなくていいのだと言われ、猫村さんは寂しそうな表情を浮かべるのであった。

第4話の感想はここをクリック
初めての奉公先でかなり気合いの入った料理を作った猫村さんですが、掃除洗濯だけでなく、料理の腕前も一級品のようですね。

犬神家の夫婦の会話ですが、なにやら関係性が微妙なのか、何かを隠しているような会話をしていました。

それにしても猫村さんは一体なにものなのでしょうか。就活という言葉を知らないようだったので、その生い立ち含めて謎だらけですね。

そして、この家の人たちがみんな尾仁子に触れないようにしているのもかなり気になります。

ただの反抗期だからなのか、それとも別の理由があるのか、これからの展開を楽しみにしていきたいと思います。

<見逃し動画>第3話 4月23日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第3話の公式あらすじ

奉公先の犬神家を訪れた猫村ねこ。女主人の犬神冴子に迎え入れられ、立派なお屋敷で仕事に取り掛かる。そこへ娘の尾仁子が帰宅して‥‥‥。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第3話のネタバレはここをクリック
大きな家

初めての奉公先が決まったと言われた猫村さんは、さっそくその奉公先である犬神家へと向かっていくのだった。

犬神家にやってきた猫村さんは、その大きな屋敷を見て、初奉公の家が豪邸だったことに気持ちを引き締めていた。

そこに出てきた犬神冴子は、この家の女主人であり、気品もあり容姿も端麗なことに猫村さんはおどろくのだった。

家の中に通された猫村さんは、家の中の調度品なども、高価なものばかりで目を丸くするのだった。

 
優しい奥様

冴子は、猫村さんを気に入ったようで優しい言葉をかけたりと、猫村さんは心を開いていく。

さらに冴子は、家事をまったくできないのだと話すと、前の家政婦がいなくなって困っていたのだと話すのだった。

さっそく家の中の掃除を始めた猫村さんは、寛ぐ冴子を見ながら、以前の飼い主ぼっちゃんの優しい母親の面影を重ねていた。

冴子の様子から、犬神家の人たちとの出会いを楽しみにするのだった。

 
犬神家の人たち

そんな中、玄関のドアの開閉音に気がついた猫村さんは、早速挨拶に向かうのだった。

するとそこには、この家の娘犬神尾仁子が学校から帰ってきたところであった。

丁寧に挨拶に向かった猫村さんであったが、尾仁子は反抗期のようでそっけない態度を猫村さんにとる。

そんな尾仁子を見た猫村さんは、イライラするのはカルシウム不足ではないか?と考える。

それを尾仁子に教えようと、後を追おうとすると、そこにやってきた冴子に引き留められる。

それでも歩き出そうとした猫村さんに、激しい口調で「余計なことはしないで」と伝える。

奉公先の主人に逆らうことができない猫村さんは、その場で足をとめ、それを見た冴子は笑顔を向けるのだった。

第3話の感想はここをクリック
初めての奉公が決まった猫村さんは、大きな屋敷の犬神家へとやってきて、最初は圧倒されていましたね。

“猫”村さんが、”犬”神家にやってくるという展開ですが、すごく優しそうな冴子から一転、尾仁子に絡もうとした猫村さんをかなり厳しく止めていました。

さなり尾仁子も、頭をかなり派手に染めており、反抗期という言葉では済まされないような気もします。

そして、そんな尾仁子と猫村さんを接触させないようにしていた冴子は、一体なにを隠しているのでしょうか。

そして、家政婦初体験の猫村さんが、この犬神家の人たちとどのように関わっていくのか、今後を楽しみにしたいと思います。

<見逃し動画>第2話 4月16日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第2話の公式あらすじ

念願の奉公先が決まった家政婦・猫村ねこ。村田家政婦紹介所の奥さんと山田さんと喜びを分かち合うが、夜中に緊張で目を覚まし‥‥
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第2話のネタバレはここをクリック
憧れの家政婦

猫村さんは、先輩家政婦の山田さんの肩をマッサージしながら、日頃の労をねぎらっていた。

山田さんの奉公先には、小さい子どもが2人いると話し、その大変さを語るのだった。

そんな山田さんの話を聞きながら、猫村さんは早く家政婦になることを夢見ているのだった。

そんな中、村田の奥さんがやってくると、猫村さんの奉公先が決まったと話をするのであった。

それを聞いた猫村さんは、大喜びでゴロゴロと転がり、それを嬉しそうに眺める山田さんと村田の奥さんであった。

 
興奮の夜

その日の夜、興奮冷めやらぬまま眠りについた猫村さんは、ある夢を見ていた。

それは猫村さんを拾ってくれたぼっちゃんが出て来て、猫村さんのエプロン姿が似合っていると声をかけられる。

ぼっちゃんに声をかけようとする猫村さんであったが、ぼっちゃんは笑顔のままずっと見つめていた。

しかし、猫村さんとの距離は近づくことなく、ぼっちゃんは「バイバイ」といって去っていく。

後を追おうとするのだが、猫村さんの足は動こうとはしない。そしてまた「バイバイ」と告げるとそのまま去っていってしまうのだった。

そんな悪夢を見てしまった猫村さんは、慌てて跳ね起きるのであった。

 
心配そうな村田の奥さん

落ち着かなくなってしまった猫村さんは、台所へ行くとお気に入りの爪とぎの段ボールを取り出す。

一心不乱に段ボールカリカリやりながら、期待と不安で感情が入り乱れているのだと心を落ち着かせる。

すると猫村さんは、ぼっちゃんから貰ったというエプロンを手に取ると、ぼっちゃんへの再会を固く誓うのであった。

物音に気がついて台所へやってきた村田の奥さんは、心配そうに見つめながら部屋へと帰っていくのだった。

第2話の感想はここをクリック
猫村さんの奉公先が決定したようで、すごく喜んでいた猫村さんでしたが、喜こびかたはやっぱり猫ですね。

そして、まだ何があったかわかりませんが、ぼっちゃんとの辛い別れがあったようで、うなされてしまっていました。

そして、ここでも猫の習性なのか落ち着くための爪とぎをしていて、すごい猫感が出ていますね。そして何よりお気に入りの段ボールってところも経済的で猫村さんの性格がわかります。

それを陰から見ていた村田の奥さんは、猫村さんの過去を何か知っているのでしょうか。

このぼっちゃんとの間に何があったのか、そして猫村さんが向かう奉公先とはどんなところなのか、ゆるくのんびり見ていきたいと思います。

<見逃し動画>第1話 4月9日
 
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
<予告動画>

第1話の公式あらすじ

猫村ねこは、自分の拾ってくれた飼い主・ぼっちゃんとの再会を果たすため、家政婦として働いてお金を貯めるべく村田家政婦紹介所の門をたたく。家政婦紹介所の長、村田の奥さんも家政婦志望の猫に戸惑うが、その家事能力の高さを認め、犬神家へ家政婦として奉公させることに。緊張しながら向かった犬神家は、とてもお金持ちのようだが、何やら問題を抱えているようで――。
 
<出典>きょうの猫村さん公式

第1話のネタバレはここをクリック
猫村ねこ

猫の猫村さんは、買い物篭をもち商店街を歩いていると、そんな猫の姿に町の人たちは驚きの視線を向けていた。

そんな猫村さんは、商店街を抜け細い路地裏を進みそのまた奥へと進んでいくのだった。

猫村さんが着いた場所は、村田家政婦紹介所であり、猫村さんはその門を叩くのであった。

猫村さんは、自分を拾ってくれた飼い主のぼっちゃんに会うため、家政婦として働きお金を貯めようと決心するのだった。

そこへ出てきた紹介所にいた山田さんから声をかけられ、何をしているのかと聞かれる。

さらに、そのあとから出てきた紹介所の所長である村田の奥さんも、猫の猫村がいることに驚くのだった。

 
家政婦志望

村田の奥さんに求人広告の張り紙を見せた猫村さんは、これを見てやってきたのだと、家政婦になりたいのだと話していた。

村田の奥さんからは、出したのは”求人”広告なのだと、遠回しに猫の手はいらないことを告げるのだった。

しかし、村田の奥さんの言葉を聞いてか聞かずか紹介所の中に、山田さんを押し退け入っていく。

村田の奥さんや山田さんが戸惑うなか、猫村さんは、おもむろに和室に腰を下ろすと、持ってきていたエプロンを身につける。

すると、目付きがするどくなった猫村さんは掃除を手にすると、和室の畳に掃除機をかけていく。

隙間に入った誇りすら逃さないほどの完璧な掃除機を披露していくのだった。

 
猫村さんの実力

さらに洗濯まで器用にこなす猫村さんは、布団を干したりなどの一連の家事をなんなくこなすのであった。

一通り家事を終えた猫村さんは、村田の奥さんや山田さんにお茶を差し出すと「私猫舌だから、ちょっと温いかも」とテーブルに置く。

猫村さんがいれたお茶を一口飲んだ山田さんたちは、温度も味も完璧なお茶の味に驚くのだった。

さらに買い物も得意だと話す猫村さんは、値段の安いお店は熟知していると語るのだった。

感心する村田の奥さんや山田さんたちに「ねずみが出たらもっとすごいんだけどね」と寝転がる猫村さんであった。

第1話の感想はここをクリック
ねこの猫村さんという大人気作品の実写化ということもあり、どうなるのかと思いましたが、かなり面白そうな雰囲気を感じます。

2分というかなり短いドラマですが、なによりも豪華なキャストで、これからの登場人物が誰なのか楽しみです。

さらに猫村さんがどこに家政婦として働きにいくのか、そこにも注目して見ていきたいとおもいます。

きょうの猫村さんの内容

公式サイト

2005年7月から単行本を発行し、累計330万部以上を誇る、大人気コミック・ほしよりこ作「きょうの猫村さん」(マガジンハウス刊)の初実写化。

猫村さんを演じるのは、実力派バイプレイヤーの松重豊。様々な役柄を演じてきた松重も、猫役は初めての挑戦となります。コワモテ、長身の松重がどのように猫の家政婦を演じるのか。そのギャップも大きな見所です。

主演、松重豊が演じる猫村ねこは、自分を拾ってくれた飼い主・ぼっちゃんとの再会を果たすため、家政婦として働いてお金を貯めることを決意し、村田家政婦紹介所の門をたたく。
 
<出典>テレビ東京公式

<出演者>

・猫村ねこ:松重豊
・ぼっちゃん:濱田岳
・村田の奥さん:石田ひかり
・山田さん:市川実日子
・犬神金之助:松尾スズキ
・犬神冴子:小雪
・犬神尾仁子:池田エライザ
・犬神たかし:水間ロン
・強:染谷将太
・怖がりの奥さん:安藤サクラ
・魚屋さん:荒川良々

第1話から最終回まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

きょうの猫村さんの感想

50代女性

猫村さんは料理も上手なのですね。「猫なのに。」と犬神家の旦那様にも言われていたので、やっぱり猫なんだ!と再確認しました。今まで猫のコスプレをしているおじさんなのか本物の猫の設定なのか半信半疑でした。犬神家の食卓はちょっと冷たい雰囲気で、娘の尾仁子は大事にされていない様子です。子ども好きな猫村さんが尾仁子と仲良くなれるといいなと思いました。尾仁子はこの後、猫村さんの作ったご飯を食べて猫ムライスを気に入ってくれるでしょうか。優しい猫村さんが尾仁子の癒しになると良いなと思います。松重さんの猫村さん、独特のゆるい雰囲気で性別も不詳、とてもシュールで面白いです。この訳がわからない役を引き受けた松重さんに拍手です。

50代女性

猫村ネコはネコなのに村田家政婦紹介で受け入られ、坊ちゃんに会うために家政婦の仕事をしてお金を貯めようとしている。
坊ちゃんとなぜ別れてしまったのか、横村ネコはとても坊ちゃんに可愛がれていたと思います。
ネコなのにお買い物も掃除も料理もパキパキとこなしてしまう能力のある猫村は、家政婦として働くことが出来るようになりネコ目線で物事を考える姿が面白い。

横村ネコは大きな屋敷の犬神家の家政婦として働くことになるが、犬神家は父親や息子の姿があり、奥様は美人で優しいが娘が反抗的な態度で問題児のようです。
そんな家族だけど猫村ネコにとっては大事なご主人様、これからどんな試練が待ち受けているのか気になります。
ミニドラマでほのぼのした内容が最高に面白いです。

50代男性

2分30秒という超ショートドラマってどうなの?っと、思いましたが、案外新鮮で面白い。短い故に想像を掻き立てるし、次を早く見たいという中毒性もある。主人公の家政婦が猫という設定で演じる松重さんが猫の仕草を取り入れて上手く演じているので微笑ましい気持ちでドラマを見れています。その猫村さんが愛してやまない坊ちゃんの家庭は余程良かったのだろう、犬神家にやって来てちょっと戸惑っている様子。犬神家の家族が全員顔を揃えたが何か訳アリな家庭みたいでこれからが楽しみ。金之助と冴子の夫婦仲はそれほど良くなさそう。金之助と長男のたかしは猫村さんに好意的な感じだが娘の尾任子はどうも煙たがられてるようで放任されているのが気になる。猫村さんもそのことが気になっているようだ。猫村さんが介入しようとするが止められて戸惑っているが果たしてどんな方法でアプローチするか。こんな犬神家を大掃除することが出来るか楽しみにしたい。

40代男性

猫なのに家政婦の腕は一流という設定が優れていると思いました。まず猫村は家政婦紹介所を訪れました。しかし彼女は猫ということで、いぶかしげに見られました。その後、家事の腕を見せつけて信頼を得るまでになります。通常ならここでハッピーエンドなのです。猫なのに頑張って就職出来て良かったとなるわけです。しかしこのドラマはその先がありました。猫村が奉公先の犬神家で働く展開になります。この犬神家は女主人が強烈で今までにも家政婦が辞めて行ったとの話がありました。厳しい家族の間で猫村がどのように奮闘するかが今後の見どころなると思いました。私見ですが猫村は坊ちゃんとの良い思い出を大切にしています。その温かい家族の体験を犬神家にも味わって欲しいと願っていると思いました。

40代女性

深夜のミニドラマ『きょうの猫村さん』は、放送時間が短いのに内容が濃くてとても面白い作品です。主人公の猫村ねこ(松重豊)の存在感が大きなドラマだと思います。猫で家政婦という猫村さんを、演じる松重豊が猫の特徴を取り入れながら見事に表現しているのが見どころです。現実に猫がする動きをせりふの合間にうまく取り入れていて、猫村さんから目が離せなくなってしまいます。猫村さんが関わる周囲の人々も、原作漫画の感じが取り入れられていると思います。猫村さんが家政婦として所属する紹介所の奥さん(石田ひかり)や山田さん(市川実日子)は、猫村さんの家事の技術を見て一人前の家政婦として認めてくれます。猫村さんの奉公先である犬神家の金之助(松尾スズキ)・冴子(小雪)・たかし(水間ロン)も、猫の家政婦を何の疑問も持たずに受け入れています。漫画ならではの少し不思議な設定を、ドラマでも違和感なく進行できているのは、制作スタッフと俳優陣の力あってのことだと思います。今後は犬神家で孤立している尾仁子(池田エライザ)を含め、まだまだ新しい人物も登場しそうです。猫村さんが人間界でどんな活躍を見せるのか、今後の話にも期待ができると思います。

50代女性

猫村さんが夕食を広いテーブルに並べていたけど、猫なのに料理が上手でした。メニューも骨付きの鶏モモ焼きやポタージュスープ、野菜サラダ、ワインと完璧な感じでした。おまけに娘の尾仁子用に「ネコムライス」を作って、ハートのハタまで立ててたのに感動しました。育ち盛りの子供と思ってわざわざ作った猫村愛を感じました。犬神金之助と冴子の会話に出てきてた「あれ」っていうワードが気になります。「あれ」ってなんなのかわからなかったです。次回わかるのかなって思いました。長男のたかしも登場しましたが、かっこつけたキザな感じでした。大学四年で就活中というと、猫村さんか就活の事がわからず、とんかつやかつおぶしのことって思ってたことが笑ってしまった。

50代男性

猫村ねこが河川敷を歩いて裏路地を抜けていき、ネコ避けのペットボトルに警戒するシーンに笑ってしまいました。村田家政婦紹介所で村田の奥さんや同じ家政婦の山田さんにササッと家事のスキルの高さをアピールした猫村のドヤ顔や、ネズミが出るともっと凄いと喉をならすネコの仕草も、どこか憎めないなァとほのぼの見てしまいました。猫村が家政婦をしたい理由が、ぼっちゃんというご主人が関係していると匂わせる小出しのストーリーも、続きが早く見たくなる演出に感じています。そんな猫村が犬神家という家の家政婦になりましたが、女主人の冴子も長女の尾仁子も、更に主人の金之助も何かしら問題ありげな様子を猫村に見せているのも、これまた早く続きが見たいと思える内容で、退屈せずに楽しんで見られています。

40代男性

お料理、お掃除、お洗濯。「うちは、何かとアレだけど」(旦那さん)。「アレなのは、あなたご自身じゃないの?」(奥さん)。「私のどこがアレなんだ!」(旦那さん)。アレとは何なのか、気になってしまう事をおっしゃる家ですね。そういうお宅の家政婦さんになってしまった猫の猫村ねこ(松重豊)さん。猫村さんが家政婦になったのも、二丁目のお屋敷で飼い猫だったところ、主人とそりが合わなくて、自立しようとしたからなんだそうですね。やれば出来ちゃうんだなぁ、すごいなぁ、と猫好きの私は喜んでしまいました。二本足歩行の猫村さんなんですが、発言や行動について、もしかしてアレか!?アレかな?と猫の癖理論を探る私。前に飼っていた猫ちゃんであれば…。場合によっては、人間にも、アレがあるんでしょうかねぇ。

50代女性

家政婦を雇うようなお金持ちの家には何か問題がある場合が多いような気がします。猫村さんの奉公先の犬神家でも、長女がかなりの反抗期のようです。兄は大学4年生で就活中ですが、それを聞いた猫村さんは鰹節を想像していました。やはり猫ならではの発想だと思いました。それにしても、猫村さんは本当に家事が得意で、夕食はとても美味しそうでした。高校生に対して、お子様ランチのケチャップライスの旗は少し幼稚な感じがしましたが、それも猫村さんの愛情なのでしょう。昭和感のある演出も、このドラマの味だと思います。次回はおそらく夕食に顔を出さなかった長女が登場してくるのでしょう。犬神家の問題は長女だけではなく、家族全員にあるような気がします。猫村さんには坊ちゃんに出会うまで頑張ってほしいです。

30代女性

不可能だと思ってた猫村さんがまさかの実写化!しかも松重さんって最高すぎ。深夜帯なのに数分間って、逆に贅沢でびっくりした。正直期待してなかったけど、松重さんが違和感なさすぎて、終始癒された。脱力感みたいな気持ちよさと、ちゃんと猫背だし(笑)もうおわり?と思ったらエンディングが坂本龍一とユザーンみたいな。スーパーショートドラマなのに、どんだけプロデューサー気合いいれてんだろって、なんか感動した。いまの時代にこんなに制作者の愛が伝わってくるドラマってあるかね。旦那さんは第二話から見始めたけど、猫村さん独特なゆっくりタイムに心底癒された。二人で笑顔。たった数分なのに、あんなにも癒される数分はほかにないなあ。猫村さんは絶対松重さんだ。松重さん最高!