ハリーポッターと秘密の部屋を動画配信で無料視聴する方法|DVDレンタル以外の方法

ハリーポッターと秘密の部屋の動画を無料視聴する方法

「ハリーポッターと秘密の部屋」

業界ナンバー1の動画配信サービス「U-NEXT」

フル動画を配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「U-NEXT」31日間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<U-NEXTのおすすめポイント>
 
・国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
・映画、ドラマ、アニメなどのジャンルで見放題作品数でNo.1
・スマホ、テレビ、PS4などで動画が視聴可能
・追加料金無しで最大4人まで同時に視聴することができます
・70誌以上の雑誌が読み放題でダウンロードできる
・無料期間後は、月々1990円(税抜き)で継続でき、毎月1200ポイントもお得
 
<U-NEXTユーザーの声>

30代女性

14万本以上の動画が見れて、それがしかも見放題というところに惹かれました。1か月だけお試しで入ったけど、何より新作映画が見れたことがビックリでした。動画も綺麗でチラツキや音声の乱れもなくてサクサク鑑賞できました。また、ダウンロード機能がついているので、家でスマホにダウンロードして通勤中で電車で見ることもできて便利です♪かなり充実している動画配信だと思います。
 
無料登録で600ポイントがもらえ、新作映画でも無料で視聴できるからお得!

ハリーポッターと秘密の部屋の動画まとめ

■ハリーポッターと秘密の部屋のフル動画の無料視聴方法■

今すぐU-NEXTで動画を見る

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

「ハリーポッターと秘密の部屋」 2002年11月23日劇場公開
 
U-NEXTで動画が配信されています
 
 
公式あらすじ

夏休み、ハリー・ポッターは唯一の身寄りであるダーズリー家へ帰省していた。初めての友人もできて、夢のようだったホグワーツ魔法魔術学校での生活を中断されていたハリーのもとに、ドビーと名乗る屋敷しもべ妖精が現れ、ハリーに「ホグワーツに戻ってはならない」と警告する。だがそれを拒否したハリーのまえで、ドビーはケーキに浮遊術の魔法をかけて来客者の頭上に落下させ、これをハリーの仕業と見せかける。マグルのまえで魔法を使ったこととなったハリーに対し、魔法省は規定に違反したとして警告する。ダーズリー一家の怒りに触れたハリーは部屋に監禁されるが、親友のロン・ウィーズリーとその兄フレッドとジョージに空飛ぶ車で救出され、ウィーズリー家へと向かう。
 
ウィーズリー家の暖炉から、新しい教科書を購入するためにダイアゴン横丁へ向かおうとするが、ハリーは発音がうまくいかず失敗し、「夜の闇(ノクターン)横丁」へ迷い込む。そこへ現れたホグワーツの森番、ルビウス・ハグリッドに救出され、ダイアゴン横丁で親友のハーマイオニー・グレンジャーとも再会する。書店ではハンサムな魔法使い、ギルデロイ・ロックハートのサイン会が行なわれていて、ロックハートはハリーを見つけては彼と一緒に「日刊予言者新聞」の記者に写真を撮らせ、教科書に指定されている7冊の自伝すべてを贈られる。その後、一行はスリザリン生のドラコ・マルフォイと、その父でホグワーツの理事を務めるルシウスと出会う。犬猿の仲であるロンの父アーサーとルシウスは殴り合いの喧嘩に発展するが、ハグリッドに制止される。
 
新学期、キングス・クロス駅の9と3/4番線へ繋がる壁をなぜか通り抜けられなかったハリーとロンはホグワーツ特急に乗り遅れ、空飛ぶフォード・アングリアでホグワーツへ向かう。車はホグワーツの敷地内にある暴れ柳に激突し、そのためにロンの杖は折れ、車はふたりを降ろして禁じられた森へ走り去る。なんとかホグワーツに辿り着いたハリーとロンだったが、途中でマグルに空を飛んでいるところを見られたことで罰則を受け、ロンは母親からの吼えメールでさんざん叱られ、杖は折れたものをそのまま使用しなければいけなくなる。
 
ハロウィン当日、管理人アーガス・フィルチの猫であるミセス・ノリスが石になる事件が起こる。その後、マグル出身者の生徒が石にされる事件が立て続けに発生し、伝説と化していた「秘密の部屋」が「スリザリンの継承者」の手で開かれたのではないか、という疑惑がホグワーツ城内に広まる。ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は、ドラコ・マルフォイが「スリザリンの継承者」ではないかと考え、飲めば姿を変えられるポリジュース薬を作り、マルフォイの取り巻きに化けて話を聞きだそうと計画する。
 
「秘密の部屋」の話題でもちきりになっていたある日、ロックハートの提案で「決闘クラブ」が開催される。このクラブにて、ハリーが蛇語を話せることが明らかになる。サラザール・スリザリンは蛇語に長けていたことで知られており、これを契機に、城内ではハリーが「継承者」ではないかという噂が広まる。ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人はクリスマス休暇を利用してマルフォイに探りを入れるが、結局マルフォイが「継承者」ではないことが判明する。
 
クリスマス休暇が明けたある日、ハリーは3階の女子トイレで黒く古い日記帳を見つける。その日記帳には「T・M・リドル」という人物の記憶が残されていて、それを見たハリーは50年前にも起きた「秘密の部屋」事件の概要を知る。しかし後日、グリフィンドールの談話室から何者かに日記を盗まれ、さらに出場予定だったクィディッチの試合が中止となり、ハーマイオニーと別の女子生徒が襲われる事件が発生する。前回の事件時の被疑者だと言われているハグリッドは、魔法大臣とアルバス・ダンブルドアから魔法界の刑務所「アズカバン」へ送ることを告げられる。さらにはダンブルドアが校長を停職させられる事態になり、城内はさらなる不安に駆られる。ハグリッドから話を聞こうとその場に居合わせたハリーとロンは、透明マントで隠れながらハグリッドが去り際に残した言葉をもとに「禁じられた森」に向かい、ハグリッドに育てられた大蜘蛛アクロマンチュラのアラゴグから話を聞く。そこから、ふたりは3階の女子トイレで知り合ったゴースト「嘆きのマートル」が前回の事件の犠牲者だったのではないかと推測し、彼女から話を聞こうとする。
 
期末試験の3日前、ふたりは機会を得てマートルを訪ねようとするが、副校長のミネルバ・マクゴナガルに見つかる。しかしハリーが「ハーマイオニーを見舞おうとした」と機転を効かせたために処罰を免れ、ふたりはハーマイオニーを見舞う。見ると、石になっている彼女が小さな紙切れを握っていることに気付く。そこには「スリザリンの怪物」の正体が記されていた。これを見たふたりは、今までの事実がすべて整合性を持つことに気づき、寮監であるマクゴナガルに話そうと職員室へ向かう。そのとき、城内にマクゴナガルの声で「生徒は全員寮に待機、教授は2階廊下へ集合」するよう放送が流れる。教授一同は遅れてやってきたロックハートに「スリザリンの怪物」の対応を一任するが、盗み聞きしていたハリーとロンは、ロンの妹であるジニー・ウィーズリーが連れ去られたと知り愕然となる。
 
ハリーとロンは、ロックハートが教授たちから「スリザリンの怪物」退治を任されていたことを思い出し、そのもとを訪ねる。ロックハートは忘却術で他人の功績を横取りしていたにすぎなかったが、一緒に「秘密の部屋」へ連れて行くことにする。マートルを訪ねた一行は彼女から死んだときの話を聞き、「秘密の部屋」へ続くトンネルの入り口がマートルの棲む3階の女子トイレにあることを知り、「秘密の部屋」に乗り込む。途中、トンネル内部で戻りたいロックハートとのあいだで小競り合いになり、ロックハートがロンの折れた杖を奪って魔法を使い、自身の記憶をなくす事態になる。その際トンネルが崩れ、ハリーはロンとロックハートを残してひとりで「秘密の部屋」へ向かう。
 
「秘密の部屋」で横たわっているジニーを見つけたハリーは、そこに50年前の生徒である16歳のT・M・リドルがいるのを見て驚く。リドルは自分が50年前の記憶であり、一連の事件はすべてジニーを操って実行させたもので、自分はジニーの魂で復活するのだと告げ、さらにみずからの正体が学生時代のヴォルデモート卿だと明かす。思い悩むハリーに、リドルは「スリザリンの怪物」バジリスクをけしかけ、始末させようとする。窮地に陥ったハリーのところへダンブルドアの校長室にいる不死鳥のフォークスが飛んできて、「組分け帽子」を渡す。ハリーは帽子から「グリフィンドールの剣」を取り出してバジリスクを倒し、その牙を使って日記を破壊することでリドルを消滅させる。
 
その後、ルシウスはハリーによって今回の「秘密の部屋」事件がすべて自身の陰謀であったことを暴かれ、学校の理事を解任される。ドビーはハリーの手によってマルフォイ家から「解雇」され、自由なしもべ妖精となる。記憶をなくしたロックハートはホグワーツを去り、ハーマイオニーをはじめ石にされた生徒たちもみな回復し、ホグワーツはふたたび平和を取り戻す。
 
<出典>ハリーポッターと秘密の部屋 WikiPedia

ネタバレはここをクリック
ハリー、再びホグワーツへ
ハリーはダーズリー家で虐げられながら暮らす一方、新学期を控えホグワーツに戻ることを心待ちにしていた。
 
そんななか、ハリー部屋に入ると屋敷しもべのドビーが現れ「罠が仕掛けられているのでホグワーツに戻ってはダメ」と忠告。
 
しかしハリーはそれを拒否すると、ドビーはハリーの仕業に見せかけ来客者に魔法で悪さをし、叔父のバーノンは大激怒。
ハリーが部屋から出られないように窓に鉄格子をかけるのだった。
 
数日後の夜、ハリーの家の前に空飛ぶ車が現れる。
ロンと双子の兄フレッドとジョージがハリーを助けに来たのだ。
車で鉄格子を破壊し、ハリーは救出される。
 
そして、ロンの家へ行きその日はハリーはそこで宿泊するのだった。
 
翌日、新学期を前に、ウィーズリー家のみんなとダイアゴン横丁に買い物に行くことに。
ハリーだけ闇の街・ノクターン横丁に行ってしまうというハプニングもありながら新学期のための買い物を終えたハリーたちはホグワーツに向かう列車に乗るため9と4分の3番線のホームへ。
しかしハリーとロンだけ何故かホームに入れず列車を乗り過ごし、2人はロンの家の空飛ぶ車でホグワーツに向かうことに。
 
その後。何とかホグワーツに到着したハリーとロンだったが、到着するや否や荷物と一緒に車から放り出され、車は1人でに走り出し森に入っていくのだった。
 
 
不気味な声と石化事件
そして新学期が始まったある夜、ハリーは不気味な声を聞きその声のする方に歩いていく。
すると壁に血で「秘密の部屋が開かれた」というスリザリンの後継者と名乗る人物により書かれた不気味なメッセージが。
さらにそこにはホグワーツの管理人・フィルチの飼い猫のミセス・ノリスが石化して吊るされていた。
第一発見者のハリーは、犯行を疑われるも、ダンブルドアは、薬草学の先生に石化を元に戻す薬の作成を頼み、ハリーのことは不問にするのだった。
 
その後、ハリーたちはマクゴナガルからホグワーツの「秘密の部屋」についての話を聞く。
ホグワーツは、1000年以上前に4人の魔法使いによって開設された。
その4人は寮の名前になっている「グリフィンドール」「ハッフルパフ」「レイブンクロウ」、そして「スリザリン」。
スリザリンは血を重んじ、マグル(人間界)の血が入った魔法使いの受け入れに納得しておらず、やがてホグワーツを去ることに。
その際に秘密の部屋を作りそこに怪物を隠したのだとか。
壁に書かれていたメッセージから「スリザリンの後継者」という言葉気になっていたハリーたちは、マルフォイがその後継者なのかもしれないと考え、ポリジュース薬という薬を使いマルフォイの取り巻きに変身し、マルフォイに探りを入れることに。
しかしその薬を作るには1ヶ月かかるということで、ハーマイオニーは早速製作に取り掛かるのだった。
 
そんななか、クィディッチの試合が行われる。
この日の対戦はグリフィンドールvsスリザリンで、マルフォイのデビュー戦でもあった。
激闘の末、ハリーが金のスニッチをゲットしグリフィンドールの勝利。
しかしハリーは右腕を負傷し医務室で寝泊まりすることに。
 
 
連続して起こる石化事件
その夜、またしても不気味な声を聞いたハリーが目を覚ますと、目の前にドビーの姿が。
そこでドビーがハリーをホグワーツ行きの列車に乗れないように邪魔をしていたことなどが明かされる。
さらにドビーは「ホグワーツでは恐ろしいことが起きている。歴史が再び繰り返されようとしている」と話す。
詳しく話をしようとするもドビーは姿を消してしまう。
その直後、石化したグリフィンドールの生徒が運ばれて来る。
そこで、ダンブルドアが「生徒に危険が迫っている。秘密の部屋が再び開かれた」と話しているのをハリーは聞いてしまうのだった。
 
その後、ハーマイオニーはトイレで薬の調合をしていた。
そのトイレには「嘆きのマートル」という少女の幽霊がいるため、誰もも近寄らないトイレなのだった。
 
そんななか、ハリーは授業の中で生徒たちを前にヘビと話して見せる。
実はハリーは自分がヘビ語を話している自覚はなく、ロンたちにそれを教えられて初めて気がつく。
ハリーがヘビと会話する光景を目にした生徒たちはハリーを恐れるように。
というのも、ヴォルデモートやスリザリンもハリー同じくヘビと会話できたのだ。
 
その晩、またしてもハリーは不気味な声を聞く。
その声を辿っていくと、そこには石化した生徒の姿が。
またしてもハリーは第一発見者として犯行を疑われ、ダンブルドアと話すことに。
ダンブルドアは、連続石化事件の犯人はハリーとは思っていない様子なのだった。
季節は冬になり、ポリジュース薬が完成。
早速ハリーとロンは薬を使い、マルフォイの取り巻き・クラッブとゴイルに変身。
そこでハリーとロンは、スリザリンの後継者がマルフォイではないこと、さらに秘密の部屋が前回開かれたのは50年前だという情報を得るのだった。
 
 
トム・リドルの日記
その後、ハリーは嘆きのマートルがいるトイレである本を発見。
表紙には「トム・マールヴォロ・リドル」と書かれていて、彼の日記ようだ。
 
しかしその本には何も書かれていない。
その本を持ち帰ったハリーはその晩、その本に文字を書いてみる。
するとその文字が消え、トム・リドルからの返事が返ってくる。
驚いたハリーは秘密の部屋について質問する。
するとトム・リドルから「答えられないが、見せることはできる」と返事が。
すると本が光りだしハリーはその本に吸い込まれ、50年前のホグワーツにワープ。
 
50年前、学生のハグリッドが飼っていたアラゴグという怪物がマグル(人間)の生徒を殺してしまという事件が発生し退学処分になったのだ。
その光景を目にしたハリーは50年前に秘密の部屋を開けたのはハグリッドだと確信するのだった。
 
翌日、ハリーの部屋は何者かに荒らされトム・リドルの日記は盗まれてしまう。
そんななか、またしても石化事件が発生。
被害者はハーマイオニーだった。
 
その晩、ハリーとロンは50年前の真相を探るべく透明マントを使い寮を出て、ハグリッドの元へ。
そこでハリーとロンは「クモのあとを追っていけばいい」とヒントをもらうのだった。
石化事件の現場には列になった小さな蜘蛛がいたことが気になっていたハリーは早速、ハグリッドの家から列になった小さな蜘蛛の後を追い禁じられた森に入って行く。 
そして辿り着いた先で2人はハグリッドがかつて飼っていた巨大蜘蛛・アラゴグが。
ハリーはアラゴグと話すなかで、50年前に秘密の部屋を開けたのはハグリッドではなく、50年前に生徒を殺したのは自分ではない別の怪物だと判明。
アラゴグはハリーとロンを食べようとするも、そこにロンの家の空飛ぶ車が走って来て2人はそれに乗り込み森からの脱出に成功するのだった。
 
 
秘密の部屋へ
そんななか、ハリーはハーマイオニーがヘビの怪物で睨まれた者は命を落とすと言われているバジリスクについて調べていたことを知り、秘密の部屋の怪物がバジリスクだと確信。
バジリスクはヘビの怪物ということでヘビと会話ができるハリーがその声を聞いたというのも説明がつく。
 
しかし、被害者達は死んでおらず石化している。
これは被害者達が直接ではなく、窓ガラスやカメラのレンズ、鏡などを介してバジリスクの目を見ていたことを示していた。
さらに巨大なヘビのバジリスクが学内の水道のパイプを通り移動していることを知ったハリーとロン。
実は50年前に秘密の部屋の怪物に殺された生徒とは、嘆きのマートルだったのだ。
 
そんななか、再びスリザリンの後継者によるメッセージが見つかり、ロンの妹・ジニーが拉致される事件が発生。
それを知ったハリーとロンは嫌がるギルデロイ先生を連れて嘆きのマートルがいるトイレへ。
そこで嘆きのマートルから当時の話を聞いたハリーは「このトイレが秘密の部屋の入り口だ」と推理し、ヘビ語で入り口開け、中へ。
その中はトンネルのようになっていたが突然天井が崩れロンは進めなくなり、ハリー1人で先に進むことに。
先に進むと開けた場所に倒れているジニーの姿が。
 
すると、トム・リドルが現れ、連続石化事件の真相について話し始める。
実はトム・リドルの正体はヴォルデモートで、ジニーに日記を拾わせ、操り壁に血のメッセージを書かせていたのだ。
さらにヴォルデモートはジニーの身体から力を奪い復活しようとしていた。
それをハリーが阻止しようとするとヴォルデモートはバジリスクを召喚。
するとそこにダンブルドアが飼っている不死鳥が剣を持って来て、ハリーはその剣でバジリスクを撃退。
 
そして日記にバジリスクの牙を突き刺すとトム・リドルの亡霊は死滅するのだった。
 
 
ルシウス・マルフォイ
後日、ハリーの前にドビーが現れる。
 
そこでドビーがマルフォイの父・ルシウスのしもべだったことを知る。
さらに今回の一連の事件は、ルシウスがトム・リドルの日記をジニーに渡したことから始まっていた可能性が浮上。
ハリーはひどい扱いを受けるドビーを助けるために、ルシウスから解放してあげる。
それによりハリーはルシウスから憎まれることになるのだった。
 
そんななか、薬が完成し石化した生徒たちが元通りになり、ハーマイオニーも元に戻るのだった。
 
<感想>
 
 
今作はハリー・ポッターシリーズの第2作目ということで、ハリーの2年生の様子が描かれました。
 
連続石化事件の謎、ホグワーツ内に隠された秘密の部屋の謎など、ハリーたちが様々な謎を究明するというストーリーで、途中に連続石化事件が起きる場面はミステリー感が強く、引き込まれました。
 
終盤のハリーとヘビの怪物・バジリスクとのバトルも迫力がありました。
 
ストーリーの前半に様々な伏線が張られていて、後半にそれらが回収される展開は見応えがあり楽しめました。
 
さらに今作から屋敷しもべのドビーが登場し、個性的なキャラとインパクトある見た目が印象的でした。
 
ラストにはマルフォイの父・ルシウスが今回の事件のきっかけを作ったヴォルデモートの協力者という疑惑が浮上しました。
 
これについてははっきりとはしませんでしたがおそらくルシウスはヴォルデモートの協力者なのでしょう。

ハリーポッターと秘密の部屋の内容

<キャスト>

・ハリー・ポッター:ダニエル・ラドクリフ
・ロン・ウィーズリー:ルパート・グリント
・ハーマイオニー・グレンジャー:エマ・ワトソン
・アルバス・ダンブルドア:リチャード・ハリス
・ミネルバ・マクゴナガル:マギー・スミス
・セブルス・スネイプ:アラン・リックマン
・ルビウス・ハグリッド:ロビー・コルトレーン
・ペチュニア・ダーズリー:フィオナ・ショウ
・ニック:ジョン・クリーズ
・ドラコ・マルフォイ:トム・フェルトン

登録後もらえる600ポイントで無料視聴!

今すぐ無料おためし

「U-NEXT」1ヶ月間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

ハリーポッターと秘密の部屋の感想

40代女性

ハリー・ポッターシリーズは原作も全部読んでおり、映画も全話観ています。こちらの作品はシリーズの2作目です。まだ子どもたちが小さくて可愛らしいので、観ているだけでとても和やかな気持ちになれます。しかし、内容は1作目よりもかなり進行してきてハラハラドキドキの展開です。様々なトラブルに巻き込まれていくため、集中しすぎていつの間にか映画が終わっていたという感じでした。1作目はハリー・ポッターの世界観の紹介という印象が強かったのですが、今回の2作目からは謎が深まってきます。つまり伏線がたくさんあるので、シリーズをずっと観ていこうという人は数々の伏線を見逃さないように注意してほしいものです。これがあの時の伏線回収なのかと後々感じることでしょう。とにかくハリーとその仲間たちの活躍ぶりがカッコ良く感じられました。仲間の団結力や勇気、決断力など、日々の生活にも役立ちそうなものばかりです。大人はもちろん、子どもたちにも大きな影響を与える映画だと思いました。主要キャラの他にも魅力的なキャラがたくさん出てくるところも見どころです。何よりもタイトルにある「秘密の部屋」とは何なのか、映画を観てその謎を解明できたことに爽快感を得られました。

20代女性

このハリー・ポッターと秘密の部屋では巨大なそして薄気味悪い動物たちがたくさん出てくるので、ハラハラするけれどそれがこの秘密の部屋での見どころなんじゃないかなと思います。まずロンの口から吐き出されるナメクジ。想像しただけでも「おえっ」ってなりそうなリアルさがあり、それが逆にストーリーに引き込まれるような気がします。そして巨大な蜘蛛の大群。味方になってもらうはずが、敵対視されてしまってポンコツな魔法の車で逃げるシーンではまるで、ホラー映画のような怖さと迫力がありました、そしてなんと言っても最後に戦う巨大蛇のバジリスク。最後に出てくるだけあって目を直接見ると殺されてしまうという、超ハードモードな戦いです。不死鳥が目をつぶしてくれたので、その点は救われましたが、ちょっとした物音にも敏感に反応してして襲ってくるので、戦うどころか逃げるのでも精一杯。ハリーポッターが息を潜めて隠れているところにやってくるバジリスク。ちょっとした足音や呼吸でさえも止めてしまう緊張感が伝わってくるので、思わず私自身も息を止めて見入ってしまうほど、緊迫感があります。そこが面白いところだと思います。
またこの秘密の部屋で出てくる“秘密の部屋”はその後の物語でも重要になるので、そう言った意味でもハリーポッターシリーズの映画を最後まで観た後、再度見返したくなるような作品になっていると感じました。

20代男性

ハリーポッターシリーズの2作目の作品。1作目は映画の世界観や空気感を伝える要素が大きかったのですが、今作からはそれらに加えて冒険の要素も含まれていたので少年のような心で見ることができて面白かったです。ホグワーツの魔法学校の2年目を描いている作品なのですが、前作にはなかった生徒が石になる事件を代表として、様々な事件が巻き起こっているので、映画を通して楽しめることができます。また、ヴォルデモートととの戦いが始まるのも、この映画からなので、始めてみる人ももちろんですが、繰り返し見ている人でも楽しめるのではないかと感じました。ハリーとハーマイオニーとロンの主要メンバーの成長にも驚かされますね。1作目では、まだ幼い子供のような感じで可愛かったのですが、今作からはすっかりと成長した姿を見ることができます。今作だけではなくシリーズを通して3人のリアルな世界での成長ぶりもそうですし、魔法使いとしての成長ぶりも見られるので、その点も楽しめる部分だと思います。前作は、序章という感じでしたので情報が少ないかったのでぼんやりとしか、ホグワーツのことなどを知れなかったのですが、ホグワーツの歴史やヴォルデモートのことなど、今作からは徐々に情報が公開され始めているので新しい発見が得られる作品だと感じました。

30代女性

ハリーポッターシリーズの賢者の石に続く第二段が、「ハリーポッターと秘密の部屋」です。こちらも、賢者の石と同じメインキャストで作られています。時間が経っているので、三人とも少しだけ大人な顔立ちになっています。こちらもホグワーツ魔法魔術学校の秘密の部屋と呼ばれている部屋があったのですが、秘密の部屋の扉は今まで閉ざされていましたが、学校周辺で奇妙な事件が起き始めてから、秘密の部屋が空いたのではと生徒の中では噂が広まります。ハリーは、トイレで日記のようなものを見つけるのですが、そこには秘密の部屋のことが書かれていました。そして、秘密の部屋への入り口を見つけて、進んでいきます。そこで、見つけたのは日記の持ち主の女の子。彼女の名は、リドル。リドルは、ハリーの友人ロンの妹を操っていた。石にされてしまった友人らは、ハリーが日記をグリフィンドールの剣を使って壊したので、リドルは消されてしまったが、友人らは元に戻り助かった。今回のシリーズは、ハリーとロンが主に活躍する話です。ハーマイオニーファンとしては、少し物足りないかなと思いますが、話の内容は、賢者の石同様に面白い作品になっています。少し凛々しくなって闘うハリーの姿にも注目です。

50代女性

前作より更に個性的なキャラクターが次々に登場し、冒頭から楽しませてくれます。車や木が意思を持って動き出す世界観はさすがです。例のごとく叔母一家に監禁されたハリーを、ロンが車を使って救出します。かなり個性的な車で大活躍してくれます。他にも、ハリーを思うあまり邪魔をする屋敷しもべのドビーは、良くも悪くも存在感を発揮しています。脇のキャラクターの完成度が高いので、彼らだけのストーリーができてしまいそうです。今作は、姿を見せない何かがホグワーツ魔法学校に潜んで恐怖を煽ります。学校の中で次々に人が石になって発見され、原因がわからないまま打つ手も見つかりません。頼りのハーマイオニーまで石にされてしまいます。どんな仕掛けがあるのかわからないまま、心理的に追い詰められる状況です。それでも、解決に向けて一歩づつ解き明かし敵にたどり着くまで目が離せません。ラストで明かされた仕掛けは、今までに聞いたことが無い意外さで思わず唸ってしまいます。宿敵ヴォルデモードの学生時代のエピソードもあり、名前のカラクリが凝っていると思いました。若きヴォルデモードは思った以上にイケメンでクールなのも見どころです。自分が魔法使いだと知ってから、強敵を倒すまでのハリーの成長がたくましく、今後のシリーズが楽しみになる一作です。

40代男性

第一作は導入作だったとすると、この第二作はハリーが使える魔法が随分と増えて楽しくなってきた感じがあります。ただ、原作では重要キャラらしいドビー登場なのですが、映画ではこの後全然出てこない。いろいろな所に原作との違いもありました。ホグワーツの過去の恐ろしい事件が再び起こる。あのキャラの過去、ヴォルデモートの新たな野望など、ダーク色が濃くなり、スケール的にもミステリー的にも物語性も第一作より面白味が増してはいます。ただ、この様なストーリーの割には映画全体が微妙で、一部退屈なシーンもありました。あまりにも原作に忠実に作り過ぎ、映画としてのオリジナリティーに欠け、全体的に堅苦しくなってしまったことも、その原因なのかもしれません。また、テンポも決していいとは言えず、豊富なエピソードの数々をただ並べ語っているかのようだったのです。ちなみに、出演者も当然ですが、第一作の時と比べると子ども達が大きくなっています。それでもこの秘密の部屋まではまだ子どもという感じで可愛いさも残っています。そして、ラストのハリーがドビーを屋敷しもべから解放するユーモアも良かったです。自発的に行動するハリーの成長ぶりは観ていて楽しかったです。

40代男性

「ハリー・ポッター」シリーズの映画化第1弾。ハリーのあの境遇はダメだよね。階段下の物置部屋をあてがわれ、召使いの様にこき使われ、あの伯父一家は人でなしの最低な人間達だ。そんなハリーに届いた手紙が魔法魔術学校の入学許可証。「ヤッター!!」て感じ。亡くなった両親が魔法使いで、自分にもその血が流れていたなんて。迎えに来た大男、ハグリットは全作を通じていい味を出してて、人間?的にも大好きです。自分が赤ん坊の頃にヴォルデモート卿の攻撃から生き延びた事、そして、両親が殺された事を知らされた時のショックは大きかったね。ホグワーツ行きの汽車が9と4分の3番線と言う発想が凄いと思う。この汽車の中で一生の友とも言えるロンとハーマイオニーとの出会いも面白かった。どんな物語にも必要な“イヤな”ヤツ。ドラコは見た目から良いとこ出の“イヤな”ヤツ感が出てた。クィディッチの場面は手に汗を握る迫力があって凄く興奮する。個人的に大好きなハーマイオニーの知力、観察力、洞察力が大活躍する所がいいね。人柄の良さが湧き出している校長のダンブルドアに陰湿で粘着性が高そうなスネイプ教授、先生達も個性豊かなメンバーが揃っていて楽しめます。三頭犬フラッピー、ユニコーン、ケンタウルス、ヴォルデモート卿など描かれ方もリアリティーがあり、実在している様で大変、驚きました。物語、登場人物(出演者)、音楽、映像、全てに驚き見せられました。

30代女性

1作目に引き続き、ワクワク、ドキドキが止まりません。ハーマイオニーが二人に走って駆け寄るシーン。とっても可愛いです。「自分が何者かを決めるのは、能力じゃなくて、選択」のセリフが良かったです。少しづつホグワーツの歴史や、ヴェルデモード卿の事が解っていくのが、良かったです。原作を読み直したいと思いました。トビーが可愛いです。どんどんストーリーが面白くすすんでいきます。ハリーポッターの謎が解ってきたり、魔法が沢山出てきたり、憧れの空飛ぶ車、懐かしいポリジュースのシーン。やっぱり魔法は楽しい。ハリーの勇敢さ、ハーマイオニーの聡明さ、良いですね。夢が沢山あります。ハグリットが戻ってくるシーン、感動しました。壮大で神秘的で魅力的な音楽。変わらない秘密と不思議に満ちた世界観。不思議なキャラクター&生き物たちも、少しずつアクション&スリルが増してきて楽しいです。みんな少し成長して声が変わって・・・。冒険した気分になれる映画です。仲間っていいな。若さもいい。魔法とファンタジーの要素を追加するあたり、作品の凄さを感じました。ラストのハグリットを囲むシーンは感動。泣いてしまいました。ハーマイオニーとマグゴナガル先生の表情も良かった。またヴェルデモードが本格的に出てくる訳ではないけど、微かに漂う不穏な感じが好きです。

20代男性

屋敷妖精ドビーの登場、空飛ぶ車で暴れ柳にもみくちゃにされ、生徒が蛇に石にされていき、不思議な日記を拾い、蜘蛛の大群に追われ、最後は巨大蛇と戦います。正直、大人でも一度で全て理解するのは難しい作品ではないでしょうか?もちろん、今後の作品の大きな伏線になっているので、当たり前といえば当たり前です。アクション色もかなり強めなので、見ていて飽きない作品です。個人的には、屋敷妖精ドビーがマルフォイの父親、ルシウス・マルフォイを吹っ飛ばすシーンがお気に入りです。ハリーのしてやったりと言う表情と、ご主人様を魔法で吹っ飛ばした時のドビーの何とも言えない表情がとても良いです。ルシウス・マルフォイ、あんな事で「アバダケダブラ」使おうとするなよ、と言う突っ込みも入れたくなります。そして、バジリスクとの戦いはやっぱり見ものですね。作品の中でもあそこまで魔法抜きで戦う事はないのではないでしょうか。幼いのに勇敢なハリーの姿がカッコ良いです。

30代男性

私はハリーポッターと一緒に成長してきました。ハリーポッターの本が日本で初めて発売されたのが、ちょうど私と本の中のハリーが同じ年齢でした。それから1年ごとに本が発売され、ハリーと一緒に青春時代を過ごしたと言っても過言ではありません。そんなハリポタ大大大ファンとしては、待望の別シリーズ。ハリーポッターの世界観は本当にいつも引き込まれます。魔法生物たっぷりの世界観はまたハリーポッターの世界に新たな風を吹き込んでいます。魅力的なキャラクターもさることながら、迫真の演出や演技はやっぱりハリーポッターに関わる映画スタッフさんのレベルの高さがうかがい知れます。ハリポタファンの大多数が大満足の内容だと思います。また、ハリポタファンでなくても、ファンタスティックビーストシリーズの第一作目ということもあり、自然と世界観が入ってくると思います。ハリーポッターのシリーズはたしかに続けて見ていかないとわかりづらいこともあるかと思いますが、第一作目なので、ぜひとも見て頂きたいと思います。ハリーポッターを語り合うとみんな仲間同士で熱く語ってしまいます。ぜひみんな、ハリーポッターの大ファンになって、今以上にハリーポッターの世界が広まっていけばなと思います。

20代女性

私は「ハリポタシリーズは肌に合わない」と感じ、1作目以降は全く見ていなかったタイプなので、正直、この作品にも全く期待していませんでした。ところが、いざ見てみると、スタイリッシュなアクションシーンやあっさりとしているからこそカッコイイ魔法のシーン、画面全体の色調・雰囲気、主人公をはじめ登場人物たちの人柄、そして登場する架空の生物たちのリアリティと美しさ・内面からにじみ出る愛らしさに圧倒され、DVDを購入するほどこの作品にのめり込んでしまいました。ファンタジーの世界にこんなにもワクワクしたのは初めてです。特に、魔法使いだけではなく「一般人代表」とも言うべき人物・ジェイコブが登場することが魅力的でした。彼はいつも、視聴者とほとんど同じ目線で驚きや感動を表現してくれます。だからこそ見ていてより楽しいですし、この世界での魔法や動物たちの凄さ・魅力がいっそう引き立っていると感じます。魔法や動物たちに驚嘆し、幾度も不思議な経験や危険な出来事に巻き込まれながらも、それらに拒否反応を示さない彼の人柄もまた魅力です。終始ドタバタなストーリーでありながら、緩急が鋭く、そしてラストシーンは静かで切なく…最後までのみ込まれるような作品でした。

20代女性

物語の始めから、屋敷しもべ妖精ドビーのせいで災難に巻き込まれっぱなしのハリー。ダーズリー一家に軟禁されたり、クィディッチでとんでもないことが起こったり、彼のせいであらゆるトラブルに見舞われる様子がおかしくもあり、気の毒でもあります。二年生になったことで可愛い後輩もできましたが、どこでもカメラを持ってハリーを追い回して憎めないけどちょっと迷惑。新しい「闇の魔術の防衛術」の先生も、また一癖二癖ある魔法使い。どこか胡散臭く、授業はめちゃくちゃなのに貴公子風のイケメン。ハーマイオニー含めメロメロになっている女子たちと、冷めた目で見つめるハリーやロン達男子のギャップが面白いです。おまけにマルフォイは相変わらずハリー達に嫌味を言いまくり。同じクィディッチの選手になって、二人の間にはますます火花が散ります。魔法薬でもまた一災難あり、トラブルが連続する学校生活に、ハラハラしながらも大爆笑でした。マグルの学校なら、とっくの昔に大勢の保護者がブチ切れているはず。おまけに生徒が次々と何者かに襲われホグワーツはとんでもない事態に陥ります。少し大きくなったハリーを待ち受ける数々の試練は、ハラハラドキドキの連続でした。