ハリーポッターと賢者の石を動画配信で無料視聴する方法|DVDレンタル以外の方法

ハリーポッターと賢者の石の動画を無料視聴する方法

「ハリーポッターと賢者の石」

業界ナンバー1の動画配信サービス「U-NEXT」

フル動画を配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「U-NEXT」31日間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<U-NEXTのおすすめポイント>
 
・国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
・映画、ドラマ、アニメなどのジャンルで見放題作品数でNo.1
・スマホ、テレビ、PS4などで動画が視聴可能
・追加料金無しで最大4人まで同時に視聴することができます
・70誌以上の雑誌が読み放題でダウンロードできる
・無料期間後は、月々1990円(税抜き)で継続でき、毎月1200ポイントもお得
 
<U-NEXTユーザーの声>

30代女性

14万本以上の動画が見れて、それがしかも見放題というところに惹かれました。1か月だけお試しで入ったけど、何より新作映画が見れたことがビックリでした。動画も綺麗でチラツキや音声の乱れもなくてサクサク鑑賞できました。また、ダウンロード機能がついているので、家でスマホにダウンロードして通勤中で電車で見ることもできて便利です♪かなり充実している動画配信だと思います。
 
無料登録で600ポイントがもらえ、新作映画でも無料で視聴できるからお得!

ハリーポッターと賢者の石の動画まとめ

■ハリーポッターと賢者の石のフル動画の無料視聴方法■

今すぐU-NEXTで動画を見る

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

「ハリーポッターと賢者の石」 2001年12月1日劇場公開
 
U-NEXTで動画が配信されています
 
 
公式あらすじ

10年前に両親が亡くなったあと、ロンドン近郊のサレーに住むダーズリー家に引き取られていたハリー・ポッターは、伯父バーノンと伯母(母親の姉)ペチュニアになかば虐待とも言える扱いを受け、その息子である同い年の従兄ダドリーにもいじめられる孤独な毎日を送っていた。しかしハリーには、追いかけてくるダドリーから瞬間移動で逃げたり、蛇と会話してダドリーにけしかけたりといった、困ったことになると何かが起きる、自分でも分からない不思議な力があった。
 
1991年。11歳を目前にしたとき、ホグワーツ魔法魔術学校から「階段下の物置内」を自室とするハリー宛に入学許可証が届く。しかし、バーノンはハリーに手紙を見せず、その後も毎日徐々に枚数を増やしながら送られてくる手紙を避けるために家から逃げ出してまで、ハリーの魔法学校入学を阻止しようとする。しかし送り主は遠い逃亡先のホテルにさえも手紙を送ってくる。そして、ようやく人里離れた海の上の小屋を見つけて逃げ込んだダーズリー一家のまえに、見知らぬ大男が現れる。
 
大男の名はルビウス・ハグリッド。ホグワーツの森番をしているという。ハグリッドは、ダーズリー夫妻がハリーにひた隠しにしていたハリーの本当の生い立ちを告げる。交通事故で亡くなったと聞かされていた両親は、じつは高名な魔法使いであり、当時強大な勢力を有した史上最凶とも言われる闇の魔法使い、ヴォルデモート卿に殺害されていた。ヴォルデモートは生後間もないハリーも殺そうとしたが、なぜか魔法が自身にはね返ったことでハリーは生き延び、ヴォルデモートは肉体を失って逃げ去った。ヴォルデモートと対峙しながら唯一逃げ延びたハリーは、魔法界で「生き残った男の子」として有名だった。
 
翌日、入学に際して必要な教材を買い揃えるため、ハグリッドに連れられてダイアゴン横丁を訪れる。そこで同じく今回ホグワーツに入学するという少年と出会うが、魔法界の名家の出であるらしく、ハグリッドを悪く言ったり純血主義を語ったりしたため、嫌いになりはじめる。そうして準備を整えたハリーはハグリッドに渡されたチケットで後日「ホグワーツ特急」に乗り込み、そこでロン・ウィーズリーやハーマイオニー・グレンジャーに出会う。また、ダイアゴン横丁で出会った少年ドラコ・マルフォイとも再会し、そこでも嫌味ばかりを言うマルフォイを本格的に嫌いになる。
 
ホグワーツの入学式で「組分け帽子」による組(寮)分けが名前順に行われ、悪い噂が多いうえにマルフォイの入寮が決まった「スリザリン」だけは嫌だと願いながら、ハリーは組分け帽子をかぶる。帽子は迷いながらもスリザリンを勧めるがハリーの意志を汲み、勇気ある者が住まう寮「グリフィンドール」に決まる。入学式の挨拶でアルバス・ダンブルドア校長は「禁じられた森」と4階の廊下へは立ち入らないよう、全校生徒に告げる。
 
同じグリフィンドール生となったロンは汽車での一件もあり、すぐに親友になる。ロンは純血の魔法使いで、ハリーにいろいろな魔法界の習慣を教える。一方、両親ともマグル(非魔法使い)であるが優等生のハーマイオニーとは、彼女の規則に厳格でお節介ともいえる性格からそりがあわない。しかしふたりはハロウィンの日にハーマイオニーを助けるためにトロールを倒す。この日を境にハーマイオニーと和解し、のちのちまで三人は行動をともにするようになる。
 
三人は、魔法薬学の教授であるセブルス・スネイプが、禁じられた廊下に隠された「なにか」を盗もうとしていると疑う。というのも、スネイプはハロウィンの日のトロール騒ぎのなかでひとりだけ4階に向かい、待ち受けていた三頭犬に足を噛まれていた。そしてハーマイオニーによると、スネイプはハリーの初めてのクィディッチの試合で、呪文をかけてハリーを箒(ほうき)から落とそうとしたという。だがハグリッドは、ダンブルドアの信頼を理由にスネイプを疑おうとしないうえに、「なにか」については何も話そうとしない。三人は図書館に足繁く通い、ハグリッドがうっかり漏らしたニコラス・フラメルのことを調べようとする。
 
クリスマス休暇に学校に残っていたハリーは、送り主不明のプレゼントを受け取る。それは着ると目では見えなくなる「透明マント」で、ハリーの父ジェームズが所有していたものらしい。ハリーはこれを着て深夜の図書館に行き、フラメルについて調べようとするが、魔法がかかっている禁書の棚の本を開いたために、学校の管理人アーガス・フィルチに見つかりそうになり、手近な教室へと逃げ込む。そこには鏡があり、覗くとハリーの死んだ家族を映し出す。これに魅了されたハリーは翌日ロンを誘って鏡を見せるが、ロンは将来の栄光に輝く自分自身を見る。そして、三たび鏡を見に来たハリーはダンブルドアに遭遇する。ダンブルドアはその鏡が人の心の奥底の望みを映す「みぞの鏡」であり、これに魅入られて発狂した者がいたことを説明し、もう鏡を探してはいけないとハリーに忠告する。
 
学期が再開され、三人はようやくフラメルがダンブルドアの友人で著名な錬金術師であることを突き止める。唯一彼だけが所有するという「賢者の石」(どんな金属も黄金に変え、飲めば不老不死になる「命の水」を作り出す)こそが、学校に隠され、スネイプに狙われているものだと確信する。そしてハリーは深夜の校内で、スネイプが「闇の魔術に対する防衛術」の神経質な教師、クィリナス・クィレルを脅しているところを目撃する。クィレルは脅しに屈しなかったが、それも時間の問題に思われた。 
三人からそれを聞かされたハグリッドは、スネイプがホグワーツの教授陣とともに守りの魔法を仕掛けたことから、スネイプへの疑いをなお否定する。そして三人のもとに別の新たな問題を持ち込む。ホグズミードにある酒場「ホッグズ・ヘッド」で、見知らぬ男から入手した非合法のドラゴンの卵を孵し、家で隠して育てるというのだ。案の定ドラゴンは素人の手に負えない大きさになり、苦境に陥る。だがロンの兄でドラゴン研究者のチャーリー・ウィーズリーとその友人のおかげで、夜間にドラゴンをこっそり逃がすことに成功する[注 1]。しかし、その計画を盗み聞いていたマルフォイの密告によって、夜中に校内を出歩いているところをマルフォイもろともフィルチに捕まる。
 
罰則として、一同とともに禁じられた森でハグリッドの仕事を手伝うことになったハリーだが、森のなかでマントを着た正体不明のものに襲われる。それは蘇りの効能があるというユニコーンの血を啜っていた。ケンタウルスのフィレンツェに辛くも助けられたハリーは、自分を襲ったものがヴォルデモート卿で、失った肉体を取り戻すため学校に隠された賢者の石を狙っているとほのめかされる。ヴォルデモートが石を手に入れることを三人は危惧する。
 
進級試験の最終日、ハグリッドが酒場でドラゴンの卵をくれた男に、賢者の石が隠された場所を守っている三頭犬に対処する方法を教えたことを知る。守りの秘密が完全に漏れたことを悟ったハリーたち三人は、副校長のミネルバ・マクゴナガル教授に危険を伝えようとするが、まともに取り合ってもらえず、さらにはダンブルドアが緊急に魔法省へ呼び出されて不在だということを聞く。ダンブルドアが不在となるその夜を狙って、スネイプが賢者の石を盗みに入ることを三人は確信する。
 
彼らは内通者のあとを追って、ポモーナ・スプラウト教授の悪魔の罠、フィリウス・フリットウィック教授の空飛ぶ鍵などの仕掛けを突破しながら石が隠された一室へと迫る。ロンは途中、ミネルバ・マクゴナガル教授が仕掛けた巨大チェスと勇敢に戦うが、ハリーを勝利に導くために自分が犠牲になって気絶する。一方ハーマイオニーは、スネイプの罠である薬の論理パズルを解く[注 2]。ハリーはハーマイオニーに自分が賢者の石を盗もうとしている者のあとを追ったことをダンブルドアへ知らせるよう依頼し、ついに最後の部屋に辿り着く。そこでハリーが見たのは、スネイプではなくクィレルだった。じつはクィレルこそがヴォルデモート卿の内通者だった。クィレルはターバンで隠した後頭部にヴォルデモートを憑依させていた。
 
クィレルはなぜか部屋に設置されていた「みぞの鏡」から賢者の石をどうしても取り出せなかったが、ハリーが鏡を覗くと石は簡単にハリーのポケットに入る。ヴォルデモートはクィレルにハリーを殺させて石を奪おうとするが、クィレルはハリーの体に触れただけで火傷を負い死亡する。ヴォルデモートは憑依した人間が死んだために、ふたたび体を持たないままの姿で逃げ去る。
 
ハリーが気がつくと医務室に横たわっており、ダンブルドアが見舞いに来ていた。彼は魔法省で偽の呼び出しに気づいてホグワーツに急いで戻り、ハリーを救い出したのである。ダンブルドアは、フラメルと話し合って賢者の石を壊したことを語る。ダンブルドアは、クィレルがハリーに触れられなかったのはハリーの母親であるリリーの守りの魔法のおかげであったこと、そして、クィディッチの試合でスネイプはハリーを殺そうとしたのではなく、むしろクィレルの呪文に抗してハリーを救おうとしていたことなどを語る。ハリーだけが石を取り出すことに成功した理由は、「みぞの鏡」が賢者の石を使いたい者ではなく、見つけたい者の手に入るように仕組まれていたためであった。
 
学年度末パーティーでグリフィンドール寮は、寮対抗杯の駆け込みの点数として、ロンがホグワーツでもまれにみるチェスの名試合を制したことで50点、ハーマイオニーが薬の論理パズルを解いたことや友人の危機を救ったことで50点、ハリーが並外れた勇気と精神力を発揮したことで60点を与えられ、1位であるスリザリンと同位になる。さらにはネビル・ロングボトムが、規則破りをする三人を止めようとしたことも勇気のいる行為と評価されて10点をもらい、グリフィンドールは寮杯を獲得する。
 
<出典>ハリーポッターと賢者の石 WikiPedia

ネタバレはここをクリック
ハリー・ポッター
イギリスのロンドンの住宅街。
ダンブルドア、マクゴナガル、ハグリッドがダーズリー家の前にやって来る。
 
そして彼らは額に傷がある赤ん坊・ハリーをダーズリー家の玄関前に置いて去るのだった。
 
そして10年後。
ハリーは両親を亡くし、親戚のダーズリーの家で虐げられながら暮らしていた。
 
そんなある日、この日はダーズリー夫妻の息子・ダドリーの誕生日ということでみんなで動物園に行くことに。
そこでハリーはヘビと意思疎通し、魔法に目覚めてしまう。
それを目の当たりにしたダーズリー家の主人・ダドリーは激怒しハリーを物置に閉じ込めるのだった。
 
その後、ダーズリー家にはハリー宛にホグワーツ魔法魔術学校から大量の手紙を送り家が送られて来ていて、家は手紙で埋め尽くされる。
それによりダーズリー家のみんなはハリーを連れて孤島の小屋に逃亡するのだった。
 
 
ハリー、ホグワーツ魔法学校へ
数日後、その小屋に大柄な男・ハグリッドがやって来る。
ハグリッドはホグワーツの森番で、この日がハリーの11歳の誕生日ということでホグワーツ魔法学校への入学許可通知を渡しに来たのだ。
 
そこでハリーは自分が魔法使いだということ、両親は偉大な魔法使いで闇の魔法使い・ヴォルデモート卿に殺されたこと、ハリーは両親が殺された際に唯一生き残ったということを知る。
そして、真実を知ったハリーはホグワーツへの入学を決め、ダーズリー家を出ていくのだった。
 
その後、ハリーはハグリッドと共にロンドンの魔法使い専門の裏商店街・ダイアゴン横丁へ行き、学用品を買い揃える。
その後、ハリーはホグワーツ行きの特急列車に乗ることに。
ハリーはハグリッドから9と4分の3番線ホームから乗るよう言われるも場所が分からない。
するとウィーズリー家の一行と遭遇し、彼らについて行き9と4分の3番線ホームにたどり着き、列車に乗り込む。
列車の中で、ハリーは同学年のロンの仲良くなり、ハーマイオニーと出会うのだった。
 
そしてハリーたちはホグワーツ魔法学校に到着し、組分けの儀式が行われる。
ホグワークには4つの寮があり、組分け帽子によりどの寮に属するか振り分けられるのだとか。
 
そしてハリー、ロン、ハーマイオニーは3人ともグリフィンドール寮に属することが決まり学園生活が始まるのだった。
 
 
学園生活スタート
翌日、初授業を受けるも難しくハリーはついていけない。
 
そんななか、ほうきに乗る授業がありハリーはすぐにほうきに乗りこなす。
それを見たマクゴナガル先生はハリーを「クィディッチ」の選手に勧めるのだった。
クィディッチとはプレイヤー全員がほうきに乗り、ほうきを使い空飛ぶ3つの球を相手ゴールに入れるというホッケーのようなスポーツ。
 
その後、グリフィンドールのクディッチチームに参加することになったハリーはフォワード的ポジションのシーカーに任命されるのだった。
その後、ハリー、ロン、ハーマイオニーは利用に戻ろうとするも間違って立入禁止の部屋に入ってしまう。
するとそこにはケロベロスのような怪物がおりその下には扉があり何かを守っているようだった。
そしてハロウィンが近づいたある日、ハーマイオニーは友達ができずにトイレにこもって泣いていた。
 
そんななか、学内にトロールという怪物が出現し、ハーマイオニーはトイレの中でトロールと遭遇。
ハリーとロンは助けに向かい、魔法を使いトロールの撃退に成功するのだった。
 
 
賢者の石
数日後、ハリーはクディッチの試合を迎えていた。
朝、ハリーが食事をしているとマクゴナガルから最新のほうきをプレゼントされハリーは試合に向かう。
相手はスリザリンで一時は劣勢に立たされるも、ハリーが金のスニッチを捕まえる活躍を見せグリフィンドールは勝利するのだった。
 
その後、ハリーはハグリッドから立ち入り禁止の場所に隠されているものは「ニコラス・フラメル」という人物が関係しているという情報を得て、その人物について調べることに。
そしてクリスマスの時期になり、ハリーの元に差出人不明のプレゼントが。
中は被ると透明になれる「透明マント」で、ハリーはそれを使い図書館の閲覧禁止ゾーンでニコラス・フラメルについて調べるもなんの情報も得られないのだった。
 
その後、ハーマイオニーがニコラス・フラメルについて調べた結果、ケロベロスの怪物の下には不老不死の力が得られる「賢者の石」だと判明。
そしてハグリッドやスネイプたちがそれを守っていることを知るのだった。
 
 
ヴォルデモート現る
その後、ハリー、ロン、ハーマイオニー、そして彼らを尾行していたマルフォイは勝手に寮を出て出歩いているのがマクゴナガル先生にバレ、罰を受けることに。
その罰はハグリッドと一緒に立入禁止の禁じられた森」で、ユニコーンを襲った者を捜索するというもの。
 
そこでハリーは謎の黒マントの男と遭遇。
ハリーは襲われそうになるも、ケンタウロスに助けられる。
ケンタウロス曰く、黒マントの男はヴォルデモートなのだとか。
そしてヴォルデモートがホグワークに隠された賢者の石やわ狙っていることを知るのだった。
 
数日後、ハリーはハグリッドが街で会った人にケルベロスの怪物の眠らせ方を教えていたことを知り、その人物が賢者の石を狙っていると推測。
ダンブルドアにそのことを伝えようとするも留守。
そこで、ハリーたちはその晩、賢者の石が盗まれないように隠されている場所に急いで向かうことに。
 
 
賢者の石を守れ!
様々な難所を越え、いくつかの部屋を通りたどり着いた先にはクィレル先生の姿が。
実はクィレルの後頭部には弱ったヴォルデモートが寄生していて、賢者の石を手に入れ復活しようとしていたのだ。
 
しかしその場に賢者の石は無い。
するとハリーは自分のポケットに賢者の石が入っていることに気がつく。
実は賢者の石は無欲の者だけが手にすることができる石だったのだ。
ヴォルデモートは賢者の石を奪おうとクィレルに指示をしハリーに襲い掛かろうとするもハリーの不思議な力に手も足も出ず撤退する。
その不思議な力はハリーの母がハリーを守ろうとしたものだった。
 
その後、ダンブルドアは賢者の石を破壊したことをハリーに報告。
そしてハリーたちの1年が終わり学年末。
グリフィンドールはハリーたちの活躍もあり、この1年間最も優秀だったとダンブルドアから評され称えられる。
 
そして、ハリーたちは一度家に帰ることに。
列車に乗ろうとするハリーにハグリッドがハリーの両親の写真をプレゼントするのだった。
 
<感想>
 
 
大ヒットシリーズ「ハリー・ポッター」の第一作目ということで、この作品ではハリーがホグワーツに入学し、そこから1年間の出来事が描かれました。
 
序盤はハリーがホグワーツに入学するに至った経緯、中盤はホグワーツでのハリーたちの学園生活、終盤は賢者の石をめぐるストーリーと全体的に見応えある内容でした。
 
賢者の石を盗もうとしていたスネイプ先生がが悪役かと思いきや、実はクィレル先生で、頭にヴォルデモートが寄生していたという展開には驚かされました。
 
クディッチの試合の場面や、トロールとのバトルの場面、そしてラストのヴォルデモートとのバトルの場面などハラハラドキドキさせられる場面も多く観ていて楽しかったです。
 
何とかヴォルデモートを撤退させることに成功したハリーでしたが、ヴォルデモートは一体どこに行ったのか気になりました。

ハリーポッターと賢者の石の内容

<キャスト>

・ハリー・ポッター:ダニエル・ラドクリフ
・ロン・ウィーズリー:ルパート・グリント
・ハーマイオニー・グレンジャー:エマ・ワトソン
・アルバス・ダンブルドア:リチャード・ハリス
・ミネルバ・マクゴナガル:マギー・スミス
・セブルス・スネイプ:アラン・リックマン
・クィレル:イアン・ハート
・ルビウス・ハグリッド:ロビー・コルトレーン
・ヴァーノン・ダーズリー:リチャード・グリフィス
・ペチュニア・ダーズリー:フィオナ・ショウ

登録後もらえる600ポイントで無料視聴!

今すぐ無料おためし

「U-NEXT」1ヶ月間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

ハリーポッターと賢者の石の感想

20代女性

ストーリーの始まりということで見たことがある方も多いことかと思います。言わずと知れた主人公ハリーポッターが偉大な魔法使いとなるまでの物語を描いたシリーズではありますが、こちらはまだその魔法使いになる前の様子から始まります。両親を幼い頃に亡くし、母方の義理の実家にて虐げられながらも生活していたハリーの元に魔法学校ホグワーツから入学案内かきた映像を初めて私が見た時はいつか自分にもああやって案内が届くのではないかと何度も夢想したものです。これまであまり義家族とくらいしか接したことがないはずのハリーが学園や学園に至るまでの道中で多くの友人をつくるのは本当に凄いな…と思いながら見たものです。実写化は往々にして失敗することが多いですが、この作品ほど本で読んでいた内容をそのまんま、そしてそれ以上に美しく映像化した作品はないと思います。賢者の石も文字で書くと味気ないですが、映画で実体化されたそれは何も言われていないのに「絶対にあれが賢者の石だ」と見た者に思わせる力がありました。映画にあまり馴染みがない方であったり、原作を読んだことがない方でも十分に楽しめる内容になっているかと思います。また、今や世界的にも有名なハリーポッターの日本語声優を担当しておられる小野賢章さんのお若いというよりも幼い声を聞くことができる貴重な作品でもありますので、声優ファンの方にもおすすめです!

40代女性

魔法の世界を不思議に、そして原作に忠実に映像化されていることに驚きます。ハリーが自分の出生の秘密を知るシーン、ホグワーツに行くことにするところ、物語の序章にふさわしく、謎が解き明かされることの連続で、視聴者を飽きさせません。クイディッチのメンバーに選ばれるシーンも必見です。実写でありながら、飛んでプレーする映像にも心を奪われます。グリフィンドールの寮生に帽子によって選ばれるというアイディアもすごいですね。スリザリンに選ばれていたら、大変でした。「名前を言ってはいけないあの人」も、生い立ちもさることながら、育ち方が違っていたら、こんなに罪を重ねなかったかもしれません。ダンブルドアもきっと自信に溢れている態度を崩さないながらも、後悔しているのでしょう。最後に、賢者の石を探しに行くところも、チェスでロンは自分を犠牲にして、ハリーを先に進ませます。等身大の大きさの駒にも圧巻です。ハーマイオニーの智恵もなければ、もっと手前で挫折してしまっていたでしょう。スネイプ先生が怪しいと思いきや、クイレルとは意外でした。確かに影に隠れていて気付かれませんでした。それでもヴォルデモートに利用されていて、哀れでしたね。大人でも見応え十分です。

30代女性

ハリー・ポッターシリーズ1作目は、本当に衝撃的でした。2作目以降と比べると映像の質は落ちるものの、映像では表すのが難しそうな魔法を本当によく表現できているなと感動しました。ハリーは魔法使いとしての自覚は今までになく、これからどんどん知っていく上で、わくわくドキドキしたような表情が、見ている私もつられて楽しくなりました。初めてできた友人のハーマイオニーやロンのキャラクターも個性豊かで、可愛いなと思いました。登場人物が多い映画やドラマなどは、見ていくうちにだんだんとキャラクターも理解していくことが多いですが、ハリー・ポッターシリーズはとても覚えやすくて、物語そのものに集中できます。始めの人間界のシーンは、ハリーがひどい扱いを受けているのを見て悲しくなりますが、ダイアゴン横丁のシーンからは本当にわくわくしました。喧嘩をしながらも協力しながらお互いを助け合うハリー、ロン、ハーマイオニーの関係性はとても好きです。一見役立たずなロンにも得意なチェスがあり、やっぱり3人だからこその物語なんだなと、微笑ましくなりました。ちょっぴり口がすべるハグリッドも、常に3人の味方で頼もしい存在です。ヴォルデモートの絡むシーンは少し怖いですが、終始ドキドキしながらも明るい気持ちで見られるので、とても良い映画だと思っています。

20代男性

魔法使いがいるというありえない世界を描いた映画ですが、魔法使いの子供たちも私たちと同様に学校生活があり、その中で友達や先生との人間関係に悩んだりしている様子が描かれています。生まれたときから親を知らないハリー・ポッターが親しくしてくれる人のいない家から外に出て、親身になってくれる先生たち、友達のロンやハーマイオニーと出会い喧嘩しつつもピンチの時にはお互いを補いながら学校を襲う強大な敵に対して立ち向かう王道な展開は子供が育つうえで学ばなければいけない「他者との協調」を魔法による摩訶不思議な映像とともに学ぶことができ、親から子供へと色あせることのない名作だということが改めて理解出来ました。また杖で魔法が使えたり、箒に乗れたり、カエルのチョコレートが動いたり、いたるところで魔法がある世界がしっかり表現されておりハリーポッターの世界にはいってみたいと思えるような想像力掻き立てられる映像は子供はもちろん大人が久しぶりに見直しても楽しめる様な作品です。壮大なハリーポッターシリーズの第1作でこの作品のほかにも7作、同じ世界観を共有したファンタスティック・ビーストも2作あり、はまってしまえば大量に楽しめるのも魅力です。

20代男性

ハリーポッターシリーズの第1作目の作品であり、ハリーポッターのイメージを植え付けた作品なので相当面白く作られていると思います。特に、魔法の洋画というのがこの作品以降割と増えたのではないのかなと思うくらい世の中にも影響を与えた作品であり本当に面白かったです。面白かったシーンはハリーが所属先を決めるために帽子をかぶるシーンでその帽子に言われたところが所属先や魔法のクラスになるのですが、結果的にグリフィンドールになって天敵であるマルフォイとはライバルのクラスになってしまうのですが、そのシーンは本当に面白かったし、魔法の学校ですごい魔法を見ることができる最初のシーンなのかなと思いました。また、ハリーはところどころ天才だなと思わせるようなシーンが多くてそのシーンは毎度見ていても面白いです。また、ハーマヨニーの気の強い女の子もなかなか個性があるキャラクターですごく面白いです。ハリーなどに魔法を教えるシーンがあるのですが、なんとも癖の強い言葉で魔法を教えるのですが本当に気の強さが現れるシーンです。また、全体的に幻想的で良かったです。個性もあってよかったです。

20代女性

ハリー・ポッターシリーズの第一作となる「ハリー・ポッターと賢者の石」ですが、一作目からかなり魅力あふれる映画だと思いました。まず面白いと思ったのがハリーとロンが汽車に乗っているときにカエルのチョコやいろいろな味が楽しめるグミなど魔法の世界にしかないお菓子がたくさん出てきて目が釘付けになりました。そして、その後はハリーとロンとハーマイオニーがお互いを悪く言いながらもだんだんと仲良くなっていき、友情の大切さもわからせてくれる映画だと思います。それと同時に両親のいないハリーがさみしい思いをしている場面が何度かありましたが、ハリーの両親はハリーを守るために亡くなってしまったことへの家族の愛もわかる映画だと思います。友情や家族、魔法の魅力などたくさんの胸が高まるシーンがありましたが、やはり一番の見所はハリーがヴォルデモートと会うシーンだと思います。死んだと噂されていたヴォルデモートが実は生きていてしかもハリーと対面するというシーンは見ているこっちも緊張しました。ですが、ハリーが見事ヴォルデモートを撃退しているのを見てとても感動しました。私はハリー・ポッターは全く興味がなかったのですが、「ハリー・ポッターと賢者の石」を観てハリー・ポッターシリーズにはまってしまい、本も読んでしまうほどファンになってしまいました。「ハリー・ポッターと賢者の石」は子供だけでなく大人も夢中になれる映画だと思います。

30代男性

古くは嵐が丘のヒースクリフ、ディッケンズのオリバー・ツイスト、あるいはロンドン市長となったホイッティントンなど、幼少期には被虐と困窮に耐えつつも、長じては大成するというタイプの物語はイギリス文学にとって重要な原型として受け継がれているようですが、ハリー・ポッターもその精神を継承したお話です。10歳のハリー少年は両親と死別し、親戚のダーズリー家に身を寄せて生活しているのですが、叔父からも叔母からもを忌み嫌われ、いとこダドリーからは日常的に暴力を受けるなど、つらく苦しい日々を送っています。しかしハリーには実は偉大な魔法使いとしての素質があり…というのがざっくりとしたストーリーです。第一巻である「賢者の石」でハリーはダーズリー家を離れ魔法学校に通い始めるのですが、環境が変わったからと言ってそれ程簡単に何もかもがうまくいくわけではありません。ハリーの出自を巡ってのやっかみや諍いもあり、ダドリーがいなくなった代わりに学校のいじめっ子からは目をつけられ、個性的で我の強い教師からはきつくあたられるなど、ハリーの前途は多難です。しかしイギリス文学の伝統に漏れず、ハリーは何があろうと決して腐ったり曲がったりしません。このあたりは実際のイギリス人っぽさとは随分かけ離れているように感じられ、おそらくイギリス人的な気質を最も強く反映しているのはハリーの友達ハーマイオニーと、同級生のいじめっ子マルフォイではないかと思われます。教師陣の中ではマクゴガナルとスネイプがイギリス人っぽいので、やっぱりちょっと面倒な人の方が現実感がありますね。劇中ハリーは様々な危機に見舞われ、その度に仲間と一緒に何とか乗り越えていくのですが、乗り越えたからといって必ずしも良いことが起こるわけでもなく、児童文学的なお約束としては理不尽ですらあるストーリー展開は、現実的な視点から見ればむしろリアルでもあり、このあたりの作者ローリングの感覚が物語に重厚さを与え、大人の支持、ひいては世界的なヒットにつながったのではないかと私は考えています。大人も子供も楽しみながら、その物語から教訓も学べるという、ディッケンズ以来の大作です。

40代男性

清濁併せ持つ、そんな意見が多く散見される作品であり、評価は分かれますがつまらない映画ではないと感じました。ハリーはホグワーツ魔法魔術学校で生活するのですが、魔法学校ならではのスポーツを見ていてとても想像力が素晴らしい作品であると思いました。特に寮対抗で競われるクィディッチという戦い、その競技はすごく面白くて手に汗握ったのを今でも覚えてます。そんな風に感じるほど創造性が豊かなその魔法魔術学校での世界、そういった魔法が普通の世界ではごくありきたりなことも私たちの日常からとても乖離しているので、その非日常を味わうことができたのだと分析します。またメッセージ性も大変強く勇気と友情の大切さなど子供に伝えるのにはうってつけの作品であったのではないかと思います。少し子供の世界から離れた私たち大人から見てもそういった純粋な思いを思い起こさせてくれるような作品なのだと思います。またはハーマイオニーことエマワトソンについても優れていると思いました。できれば吹き替え作品ではなく字幕で見て欲しく一度ならずとも二度も三度も反復して見ていただきたい作品であると私的に推挙したい作品であり、特に中高生など初めて見る字幕映画としてお勧めできます。

20代女性

魔法の世界に一気に引き込まれる映画です。初めて見たのが小学生のころでしたが、興奮しながら見ていたのを鮮明に覚えています。そしてなんとも言えない余韻。大人になって改めて見ても、ハリーポッターの世界観が好きなので飽きないし続きが見たくなります。賢者の石は、子どもでも楽しめる内容だと思います。主人公が子どもなので、私が初めて見た時もどこか自分と重なるとこともあり、親近感を持っていた記憶があります。なんて言っても魔法使いとしての初々しさが可愛らしい。もし自分が魔法使いだとしたら…ほうきに乗って大空を飛べたら…なんていう想像力も働きます。現実世界から一変する魔法の世界の情景がまた美しく、魔法学校の立ち姿に興奮します。いつか行ってみたいという憧れの気持ちで見ていました。また、魔法使いの子どもたちが好きなお菓子やおもちゃがユーモア性に溢れていて面白いです。そして主人公のハリーポッターと、ロン、ハーマイオニーの3人の友情や、信頼関係を築く場面、自分を犠牲にしてまで友達を思いやる気持ちに心打たれます。ロンが本当に良い子でとても可愛らしいですよ。賢者の石を見終わった後、必ず続きが見たくなります。始めからストーリーがはっきりしているので見やすいです。

30代女性

額に稲妻の傷跡がある孤独な少年、ハリー・ポッターが自分が魔法使いであることを知ったところから幕を開ける、ハリー・ポッターシリーズの処女作ですが、公開された当初は、観ている側も、初めて不可思議で魅力的な魔法の世界に足を踏み入れて、驚いたり、感動したり、とにかく夢中になるハリーと同じような感覚で映画を楽しんだことを覚えています。元々原作は読んでいたのですが、それまではハリー達を始めとする登場人物や、ホグワーツなどの魔法学校がある世界などは全て脳内で「こんな感じかな?」とイメージを膨らませるしかありませんでしたが、映像化されたことで、ハリー達魔法使いの世界が、よりリアリティをもって実感できるようになったため、それ以後の作品も全て頭の中で具体的に描写しながら読み進めることができるようになり、映画化された意味はとても大きかったと思います。特に圧巻だったのは、何といっても魔法界のスポーツ、クイディッチのシーン。箒に乗って空を飛び回るだけでも楽しいのに、更に躍動感のあるスポーツを選手目線で体感できる演出になっているので、まるで私達自身がクイディッチをやっているような感覚になります。更に、この作品はハリーポッターの第一作でありながら、シリーズの最終作「死の秘宝」に登場する、重要なアイテムが後々登場します。魔法世界の冒険を楽しみながら、ハリー達の成長を見守る第一歩として、ふさわしい作品です。