ルパンの娘2(2020)の見逃し動画を1話から無料視聴する方法【最新話まで】

ルパンの娘2(2020)の動画を無料視聴する方法

「ルパンの娘2(2020)」

フジテレビの動画配信サービス「FODプレミアム」

第1話から最新話まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

< FODプレミアムのおすすめポイント>
 
・フジテレビ系列の人気の月9ドラマなどフジテレビ作品が5000本以上見放題
・FODでしか見ることができないオリジナル配信作品も配信中
・アニメ、海外ドラマなどFOD独占でラインナップ!話題の新作映画も
120誌以上の人気雑誌が読み放題!ファッション雑誌や女性誌までラインナップ
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々880円(税抜き)で継続でき、毎月最大900ポイントもお得
 
<FODユーザーの声>

20代女性

月9ドラマが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れたのでビックリした!月額制だけど、スマホのアプリで見れるし、お手軽に楽しめる。また、FOD限定配信ドラマとか、地上波で放送されないきわどいドラマもあり、面白い♪スマホで見ると、通信量が気になるけど、Wi-Fiなら通信料金を気にせず楽しめるし、一気に見れるのでストレスなく動画を視聴できる。月額料金を払っているけど、雑誌も読む放題なので、待ち時間とかにスマホで動画を見たり、雑誌を見たり、時間をつぶせて本当に便利♪

ルパンの娘2(2020)の見逃し動画まとめ

■第1話から最新話までフル動画の視聴方法■

FODプレミアム

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

ルパンの娘の前作はこちら
<見逃し動画>第3話
 
まだ放送されていません
 
<予告動画>

第3話の公式あらすじ

三雲華(深田恭子)は桜庭和馬(瀬戸康史)との間に出来た子供を無事に出産。初孫の誕生に和馬の両親、典和(信太昌之)と美佐子(マルシア)、そして祖父の和一(藤岡弘、)も華との生活を認めることになる。ただし、まだ和馬は“Lの一族”に関わった者として公安警察にマークされているため、表向きは独身として土日だけ華たち家族と生活することが条件となった。そのため子供は“Lの一族”の姓で「三雲杏」と命名される。
 
時は流れ、典和たち桜庭家だけでなく、尊(渡部篤郎)や悦子(小沢真珠)たち三雲家の愛を一身に浴びて育った杏は小学生(小畑乃々)になった。華は“Lの一族”を親の代で終わらせようとしていたため、尊たちが杏に三雲家の稼業が泥棒と教えはしないかと冷や冷やし続けている。“Lの一族”の助けもあり警察内で手柄を上げ続けていた和馬は警部に昇進。そんな時、課に新人刑事としてキャリア警察官が配属されてくる。しかし、その新人刑事は何かを企んでいるようで…。
名探偵の娘・北条美雲(橋本環奈)は社会人となっても極貧生活を強いられていたが、“Lの一族”の正体を突き止めるための“最短ルート”を考え出し、実行に移していく。“Lの一族”は新たなターゲットを希少価値の高い化石宝石“アンモライト”に定める。華はいい加減に泥棒を止めるよう言うのだが、尊たちは杏に本物の化石を見せてやりたいと聞く耳を持たない。それどころか、そろそろ華も育児休暇を終わらせて泥棒を手伝ってはどうかと言い出す始末。
 
一方、和馬は寸借詐欺師、御子柴保(コウメ太夫)逮捕に向けた証拠固めの捜査に着手する。和馬は新人刑事とともに、御子柴の部屋が窺えるマンションに張り込みを開始。和馬が望遠鏡で見張っていると、なんと御子柴の部屋に泥棒スーツの尊たちが忍び込んで来るではないか…。
 
<出典>フジテレビ公式

第3話のネタバレはここをクリック
視聴後に公開いたします
第3話の感想はここをクリック
視聴後に公開いたします

<見逃し動画>第2話
 
Tverで見る
 
<予告動画>

第2話の公式あらすじ

三雲華(深田恭子)は、泥棒一家の娘である自分と家庭を築くことは刑事である夫の桜庭和馬(瀬戸康史)の人生を狂わせてしまうと別れることを決意し、授かった子供を一人で育てようとしていた。和馬は華を探すが、会うことは出来ずにいる。そして華は、尊(渡部篤郎)や悦子(小沢真珠)たち家族に見守られ、妊娠10ヶ月を迎えようとしていた。一方、高校生になった北条美雲(橋本環奈)は執事の山本猿彦(我修院達也)と東京に移り住む。財産を失った美雲はオンボロアパートに暮らしながら“Lの一族”を追っていた。
 
そんなある日、渉(栗原類)が新たなお宝を発見。それはジャンヌ・ダルクが纏ったと言われる幻のマントだ。すぐさま食いつく尊たちに、渉は闇のオークションにかけられたマントを落札したのは日本人だと教える。その頃、和馬は管内で発生した連続失踪事件の捜査につく。5人の若い女性が立て続けに姿を消していたのだ。しかし、華を失った和馬はこのまま警察官を続けて良いものかと悩んでいた。
 
渉がマントを落札した日本人を発見。男は三雲家と同じ区内に住んでいた。華が区民館で行われる両親学級に行くと、尊や悦子たちも来ていた。自分のために来てくれたと思う華だが…。そんな華が別の部屋へ移動すると懐かしい女性と再会。薄井佐知(遠野なぎこ)だ。佐知は助産師として働いていると言う。
 
その頃、和馬たち警察は、失踪した女性たちが同じマッチングアプリを使っていたことをつかむ。また、同級生が失踪したことを知った美雲は独自で捜査を開始。そして、マントを落札した男のアジトを探る尊たち“Lの一族”は、そこに5人の女性が監禁されている事を知るのだった…。
 
<出典>フジテレビ公式

第2話のネタバレはここをクリック
和馬のことを思って嘘をついて別れをつげた華。
 
しかし華は赤ちゃんを身ごもっていて…。
 
 
華を忘れられない和馬
和馬(瀬戸康史)が自分と一緒に生きていくために警察官を辞める覚悟をしていると知った華(深田恭子)は、和馬と別れることを決意。しかし華は、お腹の中に和馬の子供を身ごもっていました。最近ではつわりもひどくなってきています。華は、お腹の子供には自分と同じ思いをさせたくないと、ベビー用品は図書館で働いていた時代に貯めたお金で、「盗むのではなく買ってきて欲しい」と尊(渡部篤郎)に頼みます。

 

 

和馬は華のことが忘れられず、毎晩マンションの下に来ています。しかし華は「この子は私1人で育てる!」と強い決意を固めていました。

 

華は和馬に「これからも悪い犯人を捕まえてください」と言う置き手紙を残していたため、和馬は警察を辞める決意が揺らぎ、退職願を出すことが出来ません。

 
 
ジャンヌダルクのマント
渉(栗原類)が、またお宝の情報を入手しました。ジャンヌダルクがまとったと言う幻のマントです。マントはオークションで落札されていました。その後、その人物をブログで調べてみると、妻が妊娠中だと言うことが分かります。

 

華が出席した妊婦教室に、尊と悦子も参加。そこに犯人が妊娠中の妻の夫として来ていたため、てんとう虫を仕掛け探りを入れます。それによって、この男が若い女性たちを監禁している事が発覚します。

 
 
連続女性失踪事件
ちょうどこの事件は、和馬が調べている事件。若い女性が連続で失踪しているのです。

 

北条美雲(橋本環奈)は、高校生になっていました。美雲の同じ高校の女子生徒が行方不明になっています。その女子生徒は“パパ活“をしていたと言う噂があります。しかしよく調べてみると、マッチングアプリを使ってパパ活よりももっと効率的に高額なお金の貸し借りがDMで行われていることがわかります。パパ活ではせいぜい数万円しか手に入りませんが、この犯人は体の関係を持つことを条件に何十万円から100万円円ほどのお金を女性たちに渡していたのです。

 

失踪した女性たちは、同じマッチングアプリで同じ人物とDMのやりとりをしていたのです。犯人は最初は女性たちに優しくお金を貸していましたが、返済が滞ると自分の部屋に監禁して、夜な夜な奴隷のような扱いをしていたのです。

 

 
 
美雲が監禁される
祖父を失った北条美雲は、京都から東京に移りおんぼろアパートで暮らしていました。京都の上流階級で育った美雲は、東京の貧乏暮らしに慣れることができません。こうなったのもLの一族が北条家を潰し、祖父を死に追いやったからだ…!とLの一族への怒りを抱いています。

 

そんな中、同じ高校の生徒が失踪していることを知り、得意の推理で犯人像を分析。マッチングアプリで、犯人の好きそうな女性像を作り上げ「お金に困っている」とメッセージを出し、「いいね」をしてきた男性を全て呼び出しました。犯人はこの中にいるはず…!

 

しかしやってきたのは渉!渉は真剣に彼女を作りたいと思い、マッチングアプリをやっているのです。

 

そして本当の犯人も来ていました。美雲が犯人に声をかけると、犯人はすぐにお金を貸してくれると言って美雲を部屋に連れて行きます。そこで他の女性たちと同じように、美雲は捕まってしまいます。

 

執事の山本(我修院達也)と音声だけつながっていたため、山本が警察に連絡。美雲は手を縛られさるぐつわをされていましたが、足音でモールス信号を送り場所を伝えます。

 
 
スナックのママと再会
華は妊婦教室で、薄井佐知(遠野凪子)と再会します。佐知はシーズン1で逃亡中だった華をかくまってくれたスナックのママ。

好きな人と一緒に小さなお店をやっていますが、お金に困っていて、今は助産師の仕事をしているそうです。

 

和馬は犯人のアジトに乗り込み、監禁されていた女性たちを助けます。

その姿に、美雲は恋に落ちてしまったようで…。

 
 
妊婦の怪盗
しかしその時、犯人がマッチングアプリで知り合った佐知を部屋に連れ込んでいました。佐知はお金に困っていたため、「ピチピチの20歳です」と偽っていたのですが、会ってみたらおばさんだったので犯人は大激怒!和馬は止めに入りますが、犯人にスタンガンで襲われ捕まってしまいます。

 

その一部始終を三雲家では監視カメラで見ていました。またもピンチに陥ってしまった和馬を助けるため、華は身重の体で現場に乗り込みます。

 

「たとえ私が許しても、この子が黙っちゃいないよ!」

犯人を撃退。
 
華が破水
尊と悦子とマツ(どんぐり)もやってきて、幻のマントを入手。逃げようとしたところ、華が破水していることに気づきます。

 

佐知「このままでは母子ともに危険よ…!」

 

近くにあった馬小屋で出産することに。(聖母マリア…!?)

 

渉から話を聞いた和馬も駆けつけます。和馬は、尊から華が和馬のことを思って別れを告げたと言うことも、すでに聞かされていました。「これからはずっとそばにいるよ」

 

そして無事、元気な女の子を出産しました。

第2話の感想はここをクリック
遠野凪子さん再出演!
今回は、シーズン1から引き続き、遠野凪子さんが出演しましたね!この役は、「アウトデラックス」の中でオーディションが行われ、獲得した役だったそうです。知りませんでした!

 

ぶっとんでいるけど情に厚くて優しいママでしたよね。Lの一族だと知っても優しくしてくれた。悦子のキャラも、かなりわがままでおかしいけど、とても娘思いで、このドラマに出てくるキャラクターはみんな愛着が持てますね。

 
 
来週は、子供が小学生に!
先週のラストでお腹の中に赤ちゃんがいることが発覚したと思ったら、今回もう生まれてしまい、しかも来週には小学生になっているらしいです…!なんとも展開の速いドラマだ!

 

和馬が「ずっとそばにいる」と約束していたので、華が和馬と別れると言う決意は一旦ナシになり、ちゃんと家族として3人で暮らせていると言うことなんでしょうね。だけど、お宝の話を聞いたときに、お腹の中にいた赤ちゃんがぐるぐる回って喜んでいたため、完全に泥棒の血の方が濃いみたいです。

 

華もかなり泥棒としての才能に優れていたので、今度の赤ちゃんも天才的な泥棒の才能があるかもしれませんね!

<見逃し動画>第1話
 
Tverでの配信は終了しました
 

第1話の公式あらすじ

“Lの一族”こと泥棒を家業とする三雲一家は全員が死んだと世間をだまし、華(深田恭子)の恋人、桜庭和馬(瀬戸康史)の家に身を寄せていた。だが、桜庭は警察一家。義賊であり、以前より派手ではないとは言え、華の父、尊(渡部篤郎)が繰り返す盗みに、和馬の父、典和(信太昌之)は体調を崩し寝込んでしまう。さすがに尊も潮時と桜庭家から引き払うのを機に、華は和馬とアパートに移った。それもつかの間、警察の手が及びそうになった華を助けた尊は豪華なマンションを二人に与える。しかし、マンションは尊たち三雲家の新居につながっている二世帯住宅だった。
 
尊は三雲家と華たちが朝食を一緒にとるというルールを勝手に決めていた。仕方なく華と和馬が三雲家の朝食に行くと、家族全員のはずなのに巌(麿赤兒)がいない。マツ(どんぐり)によると巌は京都に行ったようだった。そんな折、華の兄、渉(栗原類)が大きな盗みのターゲット“信長の秘宝”を発見、“Lの一族”は再始動しようとしていた。
 
その頃、巌が足を伸ばした京都では、名探偵一族の北条家で中学生の北条美雲(橋本環奈)が祖父であり当主の宗真(伊吹吾郎)から探偵指南を受けていた。実際に起きた事件の犯人を推理する美雲に宗真は満足気。しかし、この時の美雲は、まだ北条家と“Lの一族”の因縁を知ることはなかった。
 
一方、渉が見つけた秘宝が何者かに先に盗まれてしまい、悦子(小沢真珠)はご立腹。尊はすでに秘宝を盗んだ相手は分かっていると慰める。しかし“Lの一族”を出し抜き、先に秘宝を盗んだ“泥棒アベンジャーズ”なる一味は和馬たち警察も追っていた。
 
<出典>フジテレビ公式

第1話のネタバレはここをクリック
去年の夏ドラマでシーズン1が放送され、SNS上でかなりの盛り上がりを見せた大ヒットドラマ「ルパンの娘」の続編です!
 
前作の主要キャストは全て続投で、さらにここに新キャストとして橋本環奈さんが加わります!
 
 
華と和馬の新婚生活
シーズン1のラストで、三雲華(深田恭子)たちの家族「ルパンの一族」は、警察に追われ絶体絶命のピンチに陥りましたが、全員死んだことにして逃げ伸びました。そのため、外に出ることができず、自粛生活を続けています。

 

しばらく間、和馬(瀬戸康史)の実家に華の家族全員でかくまってもらっていましたが、毎日毎日、尊が盗みを働き、部屋の中を盗品が埋めていくため、和馬の両親は具合が悪くなってしまいます。

 

華と和馬は2人で暮らすために家を出ました。

しかし、たまたま隣の部屋に指名手配犯が住んでいたため、警察が聞き込みに来てしまいます。華も指名手配されているため、顔を見られたらいけません。

 

尊(渡部篤郎)が迎えに来て、部屋を逃げ出します。尊が高級なマンションを住処としてあてがってくれました。尊と悦子(小沢真珠)、兄の渉(栗原涙)、祖母のマツ(どんぐり)は同じマンションの別の部屋に住んでいます。「毎朝、朝食は家族全員で!」と言うルールがあるため、毎朝呼び出されもはや2世帯住宅状態。華の理想の新婚生活とは全く違います。

 
 
信長の秘宝
身を隠すためにしばらく自粛生活で、ストレスが溜まりまくっていた悦子。久々に渉が調べ出した大物のお宝・信長の秘宝を盗むに行くことに。

しかし悦子たちが行く前に、何者かに先にお宝が盗まれてしまいました。しかも、その家の主が殺されました。

 

その家の息子(坂口涼太郎)が犯人を目撃しており、「犯人は3人組だった」と証言。

それは、最近世間をにぎわせている“泥棒アベンジャーズ“の仕業?

 
 
和馬と華の約束
尊が泥棒アベンジャーズのアジトを調べました。そこで、「尊と悦子はお宝を奪いに行く。そして、和馬は泥棒アベンジャーズを逮捕してはどうか?」と和馬に提案します。

 

実はこれは華が尊に頼んだこと。和馬は、「Lの一族の娘と知らずに交際していた」と言うことが警察に知れ渡り、捜査一課を外れ所轄に飛ばされ、みんなに馬鹿にされています。

手柄をあげれば、和馬が捜査一課に戻れるのではないかと華は考えたのです。

しかし、和馬は「そうまでして手柄をあげたいとは思わない!」と言い張り、この話を断りました。

 

和馬は、華に「もう二度と泥棒はしないでほしい」と約束していたのです。

 
 
和馬を公安がマーク
実は和馬のことを、公安がマークしていました。Lの一族の遺体が発見されていないため、もし万が一、Lの一族が生きていたら和馬に接触して来るはずだと考えているからです。

 

和馬は警察を辞めて、華とひっそり2人で生きていこうと決意していました。そのことを、華は和馬の両親から聞かされました。

 

華は和馬の卒業文集を見て、「将来の夢」と言う作文を読みました。「僕の将来の夢は、警察官になって悪い犯人を逮捕することです。そして桜庭家の悲願である捜査一課の刑事になることです」

 

もしこのまま自分と一緒に居れば、和馬の夢を潰してしまう…。華はある決意を固めます。

 
 
犯人は息子!
和馬は信長の秘宝の事件で、遺族の息子に会いに行きました。「犯人は3人組だった」と証言していましたが、防犯カメラに映っていた3人組の映像は、後から偽造されたものでした。

 

実はこの息子が泥棒アベンジャーズの一人、「ショットガンのタカシ」

そして、父親を殺したのも息子が犯人でした!

 

息子は、父親に「いい年をして働きもしないのに、家でぐだぐだしている」と言われ、腹が立っていたのです。それでも「父親が死ねば、信長の秘宝が自分のものになるから」と思い我慢してきたのですが、ある日、父親が「秘宝を寄付する」と言い出したので、その夜に父親を殺害しました。その後、自分も被害者に見えるように自らナイフで腕を傷つけて、通報して泥棒アベンジャーズの犯行に仕立て上げるために嘘の目撃証言をしたのです。

実はこの息子は他にも殺人を犯していました。銃で人を撃つことを楽しむ快楽犯なのです。

 
 
泥棒アベンジャーズ
仲間が現れ、和馬は連れ去られてしまいます。

 

尊は渉に指示をして、記憶を消すショットガンを開発していました。これがあれば、姿を見られたとしても、ショットガンを打って相手を気絶させれば見たもの全てを忘れさせることができるのです。そうすれば、「また華に助けられた」と和馬のプライドを傷つけることもありません。

 

 

華たちがアジトに潜入し、泥棒アベンジャーズを倒します。

 

和馬は「どうして…?もう二度と泥棒はしないと約束したじゃないか…!?」とショックを受けます。

華は、和馬が公安に追われていることを知ってしまったことを話し、「ごめんなさい、私にはかずくんを幸せにしてあげることはできない」と言ってショットガンをスプレーしました。

 

華は和馬の両親に「別れてほしい」と頭を下げられていました。この先ずっと一緒にいても幸せにはなれないし、もし子供が生まれれば子供まで不幸になってしまう。

 

華は和馬と別れることを決意していたのです。

 

警察が登場し、和馬は保護されたときには記憶をなくしていましたが、床に華が変身したときにつけている赤い羽根が落ちていたため、ここに華が来ていたことを悟ります。

 
 
華の妊娠
華を探しに、尊たちの部屋に駆け込んできた和馬。しかし尊は「華は出て行った。君もここから出ていけ!自分の家に帰れ!」と怒鳴り、和馬を追い返します。

 

「本当にこれでよかったのか?」尊が問い掛けると、華が出てきました。和馬を実家に返し、警察官を続けさせるために、華が尊に頼んでいたのです。

「本当に、1人で育てていくつもりなのか?」

 

実は華は妊娠していたのでした…!

 
 
名探偵の美雲
北条美雲(橋本環奈)は頭脳明晰な中学生。代々名探偵一家に生まれ、祖父は「昭和のホームズ」、父は「平成のホームズ」と言われ、美雲は「令和のホームズ」を目指しています。

 

今は祖父の宗真と一緒に住んでいて、いろいろな事件の推理をしています。ある日、自宅が火事になっていました。宗真はまだ屋敷の中にいて、「頼んだぞ、美雲!」と叫びながら自害しました。

 

宗真は「もし自分に何かあったら、Lの一族を追え」と言って、美雲に見せた部屋がありました。そこにはLの一族についての資料がたくさん置いてありました。

美雲は、怒りに震えながら「おじい様の仇を打つ!」と心に誓うのでした。

第1話の感想はここをクリック
吉田沙保里さん登場!
Lの一族は死んで伝説となっているため、「実録! Lの一族の生涯」と言う特集番組が組まれ、テレビで放送されていました。再現VTRでは、一族最強の娘・華の役でなんと吉田沙保里さんが登場!強い強い!

そして、「悔い改めな!」の発音も深キョンの言い方と同じで、ちょっとイジってて面白かったです(笑)

 

そう言えば、吉田沙保里さんと深キョンは親友ですもんね!友情出演だったんですね!

 
 
橋本環奈さんが中学生役!
新キャストに橋本環奈さんとは知っていましたが、まさか中学生役とは!でも、全然違和感ないですね!本当は大酒飲みのいい大人なのに…。

 

でも、中学生役は第1話だけということで、第2話では高校生、第3話からは社会人役として出演するようです!原作でもいるキャラクターで重要なキャラクターのようなので、どんな感じになるのか楽しみです。私は原作は1しか読んでいませんが、ドラマのシーズン1では原作を改変しまくっていてびっくりしました。今回は「ルパンの帰還」の小説が原作になっているのでしょうか?またドラマオリジナルの要素がたくさん盛り込まれてきそうですね!

ルパンの娘2(2020)の内容

公式サイト

前作で、運命的な出会いから恋に落ちたものの、泥棒一家“Lの一族”が全国指名手配されたため、愛し合いながらも永遠の別れを決意した華と和馬。しかし、最終回で「Lの一族は死んだことにする」という尊の機転によって、遂に華と和馬は結ばれました。『ルパンの娘』続編では、彼らのその後を描いていきます。さまざまな障害を乗り越えた末に、夢にまで見た新婚生活を手に入れた華と和馬。しかし、華が死んだことになっている“Lの一族”であるため、二人はあくまで事実婚。前作で警察一家・桜庭家の長年の夢であった捜査一課の刑事となった和馬でしたが、今作では泥棒一家“Lの一族”の娘・華と交際していた責任を取らされ、所轄に左遷されています。華との結婚は職場ではもちろん秘密で、和馬は独身と偽ることに。華と和馬は、隣人の声が丸聞こえなほどにオンボロなアパートで二人きりの新婚生活を始めます。ようやく二人きりの静かな生活を手に入れたのもつかの間、華たちの隣人が警察に追われ、隣に住む華にも警察が聞き込みに来るというピンチが。華を逃がし、その危機を救った尊は、今後の二人の身を案じ結婚祝いとして豪華なマンションを二人にプレゼントします。しかし、そのマンションは尊たち“Lの一族”の新居にもつながっている二世帯住宅でした。そんな折、華の兄、渉が大きな盗みのターゲットを発見、“Lの一族”は本格的に再始動します。泥棒家業とは縁を切り、愛する和馬と平穏な日々を過ごしたいと願う華の運命は一体!?
 
<出典>フジテレビ公式

<出演者>

深田恭子/瀬戸康史/橋本環奈/小沢真珠/栗原類/どんぐり/藤岡弘、(特別出演)/松尾諭/大貫勇輔/信太昌之/マルシア/我修院達也/麿赤兒/渡部篤郎

第1話から最新話まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

ルパンの娘の前作はこちら

ルパンの娘2(2020)の感想

40代女性

事実婚状態の華(深田恭子)と和馬(瀬戸康史)の新婚生活の様子からはじまりましたが、Lの一族と和馬の家族とのやり取りが面白く思わず笑ってしまいました。前作に引き続きLの一族はみなキャラクターがかなり個性的で、その中でも特に華の母、悦子(小沢真珠)と父、尊(渡部篤郎)はちょっとあり得ないくらいに個性的で存在感抜群なのでLの一族にかかせないメンバーです。前作がハッピーエンドで終わり、華と和馬も幸せな新婚生活をおくっているのかと思いましたが、完全に悦子と尊のペースに皆が巻き込まれて和馬の家族は体調を崩していたりとみんながドタバタしていました。華は和馬ともうどろぼうをしないと約束をしていたのですが、和馬のためにもう一度戦うシーンがあり、久しぶりに華の戦うシーンを見ましたが相変わらずスタイルもよくてかっこよかったです。後半で和馬と別れると決めながらも華は妊娠しているようで、今後華と和馬はどのような決断をして、生まれてくるこどもはどのようなキャラクターになるのか楽しみです。Lの一族の血を受け継いでいるので、かなり個性派なこどもに成長するのかと今から楽しみです。つっこみどころがたくさんあり、気楽に笑える楽しいドラマなので次回も楽しみです。

30代男性

大泥棒のエリート一族、Lの一族と警察官の鑑ともいえる青年、桜庭和馬との大恋愛の物語ですが何故この二人が出会ってしまったの?!という率直な気持ちです。華は泥棒としては超一流で格闘能力も和馬より凄いのでは?というくらいの腕前ですがとても素直でいい娘ですし、和馬も一本気で自分に嘘をつけない真っ直ぐな人間なのでこの二人が結ばれないのは何だか気持ちが悪いです。ただ前回では見事にゴールインして結婚まてできてるので愛が二人の障害を乗り越えるのか今回こそいったん離れた二人ですが何かいい結末になる様願ってます。そして初登場の北条美雲がどういう動きをして二人の前に現れ活躍していくのか、巌は多くを語るタイプではないと思いますが祖父の宗真の死の真相を知りたいです。そして美雲は橋本環奈さんが演じてますが、一応高校生という設定なのでまさか和馬と恋愛絡みで何か波乱があるという事は考えにくいです。でも推理力は凄いんだけれど一生懸命捜査をしている和馬を見て憧れる!みたいなのはあってもいいかなと思います。キャラクターも増え、読めなくなってきた展開にますます期待です!まず思うのは、色々とありますが華の変身姿はかっこいいので泥棒は辞めて欲しくないです!

40代女性

久々に華たちに会うことができて、とても楽しめました。悦子のしゃべり口調も相変わらずだし、渉にしてもマイペースを守っていて安心感がありました!マツも元気いっぱいで独特のトーンの声が和ませてくれます。それにしても、華と和馬がやっと新婚生活を送れるようで良かったなぁという気持ちに浸っていたのも束の間でした。とはいえ、Lの一族から足を洗ってしまう華では、成り立ちません。和馬と泥棒はしないことを約束したけれども、一体どうなるのか…?と考えていたら、期待に応えてちゃんと華麗な姿を見せてくれたことが嬉しかったです。赤の泥棒スーツに身を包んだ華は、やはり魅惑的で見応えがあります。悪い奴らには決して負けないという安心感に包まれながら、カッコよくて華やかなヒーローショーを見ているような印象を持ちました。
華は、和馬の子供を身篭っているという嬉しいニュースがありました。また別々になってしまった2人の間を繋いでくれるベイビーの存在は、とても心強いです。子供がいるなら、また必ず2人は一緒になれる、という未来が決まっていると予想できることで、希望が持てました。新たなキャストが入り、新鮮な空気が流れます。三雲家のライバル登場にワクワクします。

30代女性

前作では深田恭子さん演じる泥棒一家・Lの一族の娘である華と瀬戸康史さん演じる代々警察家系である和馬との許されざる恋が描かれており、結末でLの一族が死んだと世間に思わせることで二人のハッピーエンドが描かれていました。今作でも二人の幸せを見ることできましたが、Lの一族が動き出したことで再び二人の関係に不穏な空気が流れ、それが今後の展開への不安を強くしました。和馬はLの一族に関わった人間として公安にずっと見張られていることや華との幸せのために警察官の職を辞そうとしている姿が描かれており、これ以上負担をかけさせまいと別れを告げた華には胸が痛みました。しかしLの一族が関わる事件には必ず和馬が現れるという今作でも見られる展開から二人の関係の辛さをより強く感じると思います。1話の結末では華が子供を身ごもっていることが分かり、まだその事実を知らない和馬がどういうきっかけでその事実を知り、どのようなアクションを起こしていくのか期待が高まります。また、今作の新キャラとして橋本環奈さん演じる美雲が登場し、名探偵一家という家柄もあってか1話からいち早く事件の真相を謎とく推理力が見られました。祖父が謎の死を遂げたことでその死にLの一族が関わっていると憤る美雲が見られ、Lの一族、そして華と和馬の関係を脅かす存在として注意すべき人物であり、どう美雲が関わりを深めていくのか目が話せません。2話の視聴が楽しみです。

20代女性

前作ですごくかっこいいしきゅんきゅんしながらみていて楽しませてもらっていたドラマだったので今回もとてもたのしみにしていました。いざ始まって前作の結末とかを全く覚えていなかったのですが2人が一緒になっていてすごく嬉しかったです。でも警察一家が泥棒一家と一緒に住んでいることはすごくカオスだし、警察一家からすると屈辱的だしストレスしかないだろうなと思いました。職業のせいで安心した生活ができないのはすごくかわいそうだし運命って残酷だなと思いました。あんな盗品ばかり家に持ってこられたら警察でなくても絶対にストレスがたまるだろうし、他人の家だと思っていない感じがずうずうしくておもしろかったです。たまに出てくるミュージカル俳優的な人が個人的に大好きで花ちゃんと一緒に歌うところがみていておもしろいです。お兄ちゃんが相変わらずの不気味さですがしっかりマッチングアプリをしているところがおもしろかったし、でも絶対に会いに行かないだろうしいいねも帰ってくるのかと思ってしまいました。一緒に住む家があんな綺麗なマンションですごく素敵だなと思ったのですが新婚生活が始まってからも毎朝一緒に朝ご飯を食べるのは厳しいなと思いました。

60代女性

待っていましたの第1回。死んだことになっている“Lの一族“が警察一家桜庭家に厄介になっている設定には笑いました。三雲家は元気いっぱいに変わらず泥棒を続けています。尊は盗みに入るとリモートで悦子たちと情報共有。途中でフリーズするのも今ならではの風景です。大量の盗品を入れるリュックはウーバーイーツ?細かい演出が光ります。反対に和馬の母親は日々増えていく盗品の山に、具合が悪くなり寝込んでいる始末。しかし華と和馬は好き同士で、二人のシーンには映画「ロミオとジュリエット」を思わせる音楽が流れて美しい風景です。バックハグにもうっとりです。とは言え華は働くこともできず、和馬との事実婚を続けるしかないのです。華が思い悩むと出てくるのは円城寺。変わらぬ美声とダンスで華を励まします。引きこもりの渉が今回は彼女が欲しいというのも新しい展開です。もう一人、新しい登場人物が出てきます。昭和のホームズと言われた北条宗真の孫・美雲です。演じる橋本環奈の京都弁が可愛い。今後彼女がどうかかわってくるのか、和馬や華と顔を合わす時が楽しみです。和馬は華と付き合っていたことが警察にバレ、所轄勤務に回されしかも公安が監視している状態に。和馬の両親から別れてくれと頼まれ、愛する故に悩む華。もう一つの窃盗集団が現れ、ついに”Lの一族”が再始動しますが華は和馬と離れることを決めるのです。身重の華の今後はどうなるのか。待ち遠しい木曜日が始まりました。

20代女性

このドラマは華と和馬が幸せそうだったのが印象的です。二人での生活は新鮮さがあって良かったです。そんな中で朝食は三雲家みんなで食べるという決まりが、思わず面白かったです。三雲家は変わらず個性的で、独特な雰囲気が伝わってきます。またLの一族は死んだことになっているから、華と和馬は事実婚というのがリアルです。和馬が公安に追われていて、なかなか外で華と一緒にいられないのは複雑な気持ちになりました。それでも華のことを大切に守ろうとしていたのが、和馬らしさを感じます。さらに和馬が捕まってしまった時、華がコスチュームに着替えて敵を交わしていくところが、本当に逞しかったです。前よりパワーアップした華に圧倒されました。華の俊敏な動きは思わず目が点になります。やっぱりLの一族はすごいなと改めて感じました。だけど華が和馬の両親から、別れてほしいと言われていたのが切なかったです。息子のことを思う両親の気持ちがわかるからこそ、すごく胸が痛かったです。和馬は小さい頃から警察官になりたかったから難しい問題です。華にとって和馬とずっと一緒にいたいけど、これ以上迷惑はかけられないと思ったような気がします。華の切ない表情がグッときました。

40代男性

いったい何歳まで深田恭子は、美しさを演じきることができるのか。そういったところに焦点が集まりがちな彼女の美貌、実年齢なら特に二人の子持ちでもおかしくないそれほどの年齢である彼女なのに、奇跡とも言えるその美しさを披露しています。若く見えるということはもう若くないということと置き換えられる。そのような厳しい意見を持ちたくなる気もしなくてもないのですが、それぐらい彼女に嫉妬する人が多いのという証左なのかもしれません。ここ一番のシーンでの可愛らしさは、絵力が強いというのもがあり、往年の可愛らしさ、10年前ぐらいの下妻物語の彼女こそそこにはいませんが、それ以上に妖艶で可愛らしいものがありました。かわいらしさだけではなく、アクションとまた成敗したことによる最後のきめセリフが、このドラマの看板となっています。泥棒と警官の恋、すごくその恋の行方が気になり面白いと思いました。その他、渡部篤郎と小沢真珠がノリノリであるという所にコミカルさを感じ、シリアスを演じている彼らよりかは、どちらかというとそのコミカルなシーンの方が私は好きです。そこにはギャップが十二分にあり実際にシリアスな演技を繰り広げていた両者のコミカルな部分が、輪をかけて面白く作品を作っているのだと思います。テンポの良い笑いとカラッとした内容、続編にも特に期待してしまう。そんなドラマでありました。

50代女性

前作から1年で続編を観ることができとても嬉しいです。大変な困難を経てやっと結婚に至りマスオさん状態ではあるものの楽しい新婚生活が映し出されるとほのぼのして心が癒されました。L一族が死んだものとして報道されているので見つかるわけにはいきません。そして和馬はL一族との関係を怪しまれ公安警察に監視されていて今度の事件解決後は警察官を辞めようと決めていました。そんな仕草を微塵も見せず華との生活を楽しもうとしていました。和馬の両親が華を訪ねて来てその事を告げ別れてくれと頼まれました。せっかく一緒になったのにすぐこの困難です。小学校の卒業文集を見ると警察官になる事が自分の夢だと書いてありました。夢を諦めて欲しくないということで華は密かに別れる決心をするのでした。和馬が犯人に捕らえられている場所に出向きました。華を演じている深田恭子さんのスタイリッシュな姿に目を奪われ迫力あるアクションシーンに目が離せませんでした。とても優雅な感じを受けるアクションで犯人を退治する姿を見ていると気分がスッキリします。しかしこれを最後に和馬の前から姿を消しました。妊娠していることがわかってもその意思は変わらないようです。和馬が1番望んでいたことが華を守るということだったので別れるという決断は、とてつもない衝撃だと思います。

50代男性

自粛中になり桜庭家に世話になっていた三雲尊や悦子が流行りのリモート飲み会ならぬリモート泥棒をしていた内容に、三雲家の一家は相変わらずしたたかでちゃっかりしているなァとドラマとして笑って見られました。渉が最新のテクノロジーで織田信長に献上された南蛮時計の宝を発見しましたが、それをめぐっての泥棒アベンジャーズなる指名手配犯人グループとの争奪戦には、佐伯光晴というショットガンの貴司が黒幕で同一人物だった事に驚きましたし、彼らに囚われた和馬をLの一族のコスチュームに身を包んだ華が、前作同様に大立回りを披露して救出したアクションシーンにもこれぞルパンの娘らしさを感じられて爽快な気分で楽しく見られました。また、前作は和馬たち警察対華たち泥棒と別グループの悪徳犯人との対決が見ものでしたが、今回から昭和のホームズこと北条宗真と孫娘の美雲の探偵一家が参戦し、より物語が盛り上がりそうで楽しみになりました。更に宗真が焼死した事から美雲がその真相をどう暴いていくのかという点もこれからの見どころになりそうで楽しみが一つ増えたなとも感じました。最後に、華が妊娠した展開にも和馬と本当に別れてしまうのか、はたまた仲直りするのか、そんな今後の二人の関係性の移り変わりも楽しみだなァと思った1話でした。