だから私はメイクするの見逃し動画を1話から無料視聴する方法【最新話まで】

だから私はメイクするの動画を無料視聴する方法

「だから私はメイクする」

動画配信サービス「Paravi」

第1話から最新話まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<Paraviのおすすめポイント>
 
・TBS系列の人気ドラマやテレビ東京系列の人気ドラマが見放題
・最新の連続ドラマやバラエティ番組も見逃し配信
・アニメ、海外ドラマなどParavi独占でラインナップ!話題の新作映画も
・スマホのアプリでは動画のダウンロードも可能
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々1017円(税込)で継続できる
 
<Paraviユーザーの声>

20代女性

下町ロケットが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れて便利だなって感じた!スマホのアプリで見れるし、すぐ見れるところがとにかくお手軽。他の動画配信サービスでは配信されていないTBSやテレビ東京の独占ドラマがあり、ドラマ好きには必須の動画配信サービスだと思う。また、水曜日のダウンタウンなどのバラエティ番組も充実してるから、自宅で退屈なときに重宝してる♪

だから私はメイクするの見逃し動画まとめ

■第1話から最新話までフル動画の視聴方法■

Paravi

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>第5話
 
まだ放送されていません
 
<予告動画>

第5話の公式あらすじ

友人の紹介でドバイからきたマダムのお手伝いとして働くことになった元絵画教室講師・月野輪子(石川恋)。初出勤の日、マダムのメイク担当としてやってきたのは、コスメショップのBA・熊谷(神崎恵)と芽生(志田彩良)だった。イスラムの黒い装束を身にまとう姿が神秘的なマダム。しかし、その中に着ていたのはゴージャスでセクシーなドレス!?更にマダムが依頼した驚きのネイルデザインとは?異国のおしゃれ作法や、自信を持ってファッションを楽しむマダムと過ごすことで、輪子自身に「謙遜」や「自虐」が染み付いてしまっていることに気付き…。
 
<出典>だから私はメイクする公式

第5話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第5話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第4話
 
Tverで見る
 
<予告動画>

第4話の公式あらすじ

メイクや可愛いものが大好きなOL・亀山玲央奈(片山友希)。着ていく洋服に合わせてメイクを楽しんでいるだけなのに、職場の男性達は、玲央奈のメイクや身なりをいちいちイジる。求めていない見た目へのアドバイス“クソバイス”のせいで、大好きなメイクをする度にストレスが溜まっていく玲央奈。
そんなある日、お目当ての化粧品を購入するため定時で会社を出ると、同僚の男性・吉成(井上祐貴)と帰りが重なり、一緒に帰宅することに…。駅で別れ、メイク直しをして出てきた玲央奈が見たのは、ヒールを履いて、メイクもばっちりの美しすぎる男性!それは普段とは様変わりした吉成の姿だった…!
 
<出典>だから私はメイクする公式

第4話のネタバレはここをクリック
テンションが上がるメイク

亀山玲央菜は、毎朝お気に入りのドリンクを飲むと、その日着る服を決めるとそれに似合ったメイクをしていく。

玲央菜はお気に入りのメイク道具、化粧品などを駆使して、自分の納得の行くメイクを施していく。

すっかりテンションの上がった玲央菜であったが、その反面少し憂鬱な気分があることに気がつく。

その玲央菜の憂鬱な気分の原因は職場にあり、ばっちりとメイクを決めた玲央菜を見た同僚たちは、デートやパーティーなのかと毎日のように聞いてくるのだった。

玲央菜はそんなことを毎日のように聞かれたりすることに、おしゃれの自由さを失われているような感覚に陥ってしまうのだった。

 
クソバイス

その頃、デパートのビューティー部門で働く織香は、化粧品の良さを伝えるためにYouTuberとして動画を配信していた。

そのチャンネルを浮かない顔で見ていた織香に気がついた芽生が声をかけると、織香はそこに投稿されたメッセージを見せる。

そこには、日本人には合わないメイクだとかもっと似合うメイクがあるはずだという書き込みがされていた。

自分の好きなものを好きなように配信しているにも関わらず、アンチな意見があがることに織香はうんざりしていたのだった。

それを見ていたすみれは、そんなアンチな意見のことを「クソバイス」と称して、役に立たないアドバイスだと語る。

動画配信を止めようかと悩む織香に、こればかりは自分も答えがわからないとすみれも頭を悩ませるのだった。

 
同僚の秘密

今日もまたメイクをいじられる玲央菜に、誰からも好かれているイケメンで爽やかな同僚の吉成蒼が挨拶をする。

誰からも否定されない吉成に、玲央菜は少しだけ苦手意識があったが、それよりも今日新作のコスメが出ると1日頑張るのだった。

帰り際その吉成と一緒に帰ることになってしまい、定時で帰って何かあるのか?と聞かれてしまう。

メイクのことを話すると、大抵は否定的な反応をされることから、玲央菜はなんとなく話を濁して歩いていく。

駅でトイレに寄ると別れた玲央菜は、自分もメイクを直すことにして、トイレに向かいしっかりとメイクを直してから出てくる。

すると男性トイレから、しっかりと着替えてメイクまでした吉成が出てきたことに驚くのだった。

 
楽しい時間

その後吉成もメイクが好きなことを知った玲央菜は、2人で新作コスメを買いにすみれのいる店舗にやってくる。

新作コスメにテンションが上がった2人は、同じ趣味を持つ者同士楽しく買い物をするのであった。

楽しく買い物をした2人は、また一緒に買いに行こうと約束していると、そのところを会社の人に見られてしまうのだった。

その後も、2人は会社や家で新作コスメや美容グッズなどの情報を交換するなど、楽しい時間を過ごしていくのだった。

そんなある日、2人は付き合っているのかと同僚に聞かれてしまい、吉成と距離を置こうと考えるのだった。

 
逃げている

その後吉成を呼び出した玲央菜は、勘違いを解くために今後は2人で会うことは止めようと提案する。

しかし、そんなことは気にしないと話す吉成だったが、その言葉にだったらなぜメイクして仕事にこないのかと言ってしまう。

面倒を回避するためだと言われた玲央菜だったが、それは自分を偽っていることにならないかと反論する。

すると吉成から、メイクを頑張っているのは周りからの意見に負けないようにしているだけじゃないのかと言われてしまうのだった。

そんな吉成の言葉が胸に刺さってしまった玲央菜は、その言葉が頭から離れずにいるのだった。

 
謝る

なんとなく吉成ときまずい雰囲気になってしまった玲央菜だったが、新作コスメを買いにデパートに向かう。

すると同じものを求めにやってきた吉成に声をかけられると、一緒に初挑戦のチークを試すのだった。

2人にとって初めてのチークであったが、その密かになじむそのチークに心を動かされた玲央菜は、先日の言葉を謝るのだった。

それを聞いた吉成もまた、言いすぎてしまって悪かったと謝るのであった。

 
決断

玲央菜たちが幸せそうに帰っていく姿をみた織香は、YouTubeに寄せられた言葉も単なる意見だと思うようになる。

するとそこに、織香の動画をみて新しいメイクに挑戦した芽生の楽しそうな笑顔をみて、動画配信を止めないことを決めるのだった。

一方、普段のメイクを止め職場にやってきた玲央菜は、そのことについてもいじられてしまう。

一瞬うんざりした表情を浮かべた玲央菜だったが、すぐに笑顔を作ると仕事に取りかかるのだった。

そしてその帰り、駅のトイレで完璧にメイクをした玲央菜と吉成は、すっきりした表情で出掛けていくのだった。

第4話の感想はここをクリック
メイクをする理由がそれぞれにあることがわかりましたが、可愛く見られたい、綺麗になりたいという以外に、自分のテンションをあげることにも一役買っていたんですね。
 
確かに自分の話したいタイミングではないときに、それについてグイグイ来られると少し嫌になりますよね。
 
自分が良ければ周囲の目は気にしないと、割りきるのはなかなか難しいことですね。

<見逃し動画>第3話
 
Tverでの無料配信は終了しました
 
<予告動画>

第3話の公式あらすじ

プレゼン勝率は100戦全勝!深夜に及ぶ仕事でも翌日にはその疲れをまったく見せず、身だしなみも完璧なキャリアウーマン・北郷兎咲(太田莉菜)。その影には美と仕事を両立させる独自の“ワークビューティーバランスメソッド”があった。ある日、アメリカ帰りの期待のエリート男性社員と社内コンペで競うことに!
仕事に家庭に順風満帆のライバル出現に正々堂々挑む兎咲だったが、時間がない中煮詰まり、私生活のバランスが崩れ、中間プレゼンでライバルと差がついてしまう。そんな状況を変えるべく、リラックスできる方法を求め先輩・熊谷(神崎恵)の元を訪れる…。「忙しい」と「仕方ない」に支配されないための、15秒でできる気分転換とは?
 
<出典>だから私はメイクする公式

第3話のネタバレはここをクリック
完璧な女

プレゼンでの勝率は100%、さらにどんな接待の夜を過ごしても翌日には完璧な姿で現れる北郷兎咲は、後輩からその完璧な秘訣を教えて欲しいと頼まれる。

兎咲は、そんな悩める後輩のために自身が確立した「ビューティーワークメソッド」があることを話す。

完璧すぎるほどの兎咲の秘訣を知りたくなった後輩は、そのビューティーワークメソッドがどんなものかと興味を示すのだった。

一方、百貨店の美容部門で働く芽生と織香は、新発売のコスメの対応に追われ日々の疲れを癒せずにいた。

すると織香は、さすがのすみれもこの忙しさに忙殺されているはずとその姿を見るが、いつものように優雅にすごすその姿勢に完璧な女の姿を見るのだった。

 
ビューティーワークメソッド

その頃、自分の完璧さを探ろうとする後輩に、兎咲は実践する「ビューティーワークメソッド」について指導を始める。

兎咲は、そのビューティーワークメソッドの第一として、まずは資金力だと告げるのであった。

兎咲はどんなに忙しくても美に関する追求は止めてはいけないと語ると、どんなに高額な化粧品でも、それを惜しみ無く使うことが重要なのだと語るのだった。

美容に関して手を抜かない兎咲は、資金力こそそのビューティーワークメソッドの根底にあるののだと話す。

高額な化粧品や美容グッズを見せられた後輩は、その金額の高さに驚くが、それこそが自分をリセットするものなのだと語るのだった。

その後美容グッズを後輩に試させてみると、その良さを知りどうすればそんな情報が手に入るのかと聞かれていた。

その頃、忙しい百貨店で働くすみれの美の秘訣を知ろうとする芽生は、そこですみれから懐かしい出会いが自分を変えたのだと話すのだった。

 
疲れたに支配されない

数年前、働いていた百貨店に学生時代の後輩である兎咲がやってくると、まだ美に無頓着だった兎咲はズボラを助けてくれる商品が欲しいとお願いする。

それを聞いたすみれは、簡単だが質の良いメイク落としを紹介すると、5000円程するのだと語る。

驚く兎咲だったが、ちょっとの楽の積み重ねが、疲れたという感情に支配されないための秘訣なのだと教えるのだった。

それを聞いた兎咲は、それを購入し今のメンタル形成の礎になっているのだと後輩に伝えるのであった。

そんなことを話していると、上司から呼ばれた兎咲は、新しい企画のプレゼンを任せたいと伝えられるのだった。

 
対戦相手

快く引き受けた兎咲だったが、今回は大きな企画になるとして、社内でプレゼン対決をすることになるのだった。

その対決相手として連れてこられたのは、アメリカ帰りのエリート男性社員であり、彼は仕事に家庭に順風満帆な相手であった。

かなり強敵なコンペ相手に、さらに気合いをいれる兎咲は、絶対に負けられないと必死に資料を作り始める。

しかし、時間の無い中での資料づくりに煮詰まる兎咲は、いつもはしないようなミスをするなど、私生活とのバランスが崩れてしまう。

さらに中間プレゼンで、同じ準備期間にも関わらず、ライバルとの間に差がついてしまったことを知り、さらに焦るのだった。

 
15秒のリフレッシュ

最終プレゼンに向け、気合いを入れ直す兎咲であったが、焦れば焦るほど美と私生活のバランスが崩れていく。

時間の無い中気分をリフレッシュしたいと考えた兎咲は、すみれの元を訪ねると15秒でリフレッシュするものが欲しいと相談する。

しばらく考えたすみれは、兎咲を椅子に座らせると香水を一振するのだった。

その匂いを嗅いだ兎咲は、あまりのいい匂いに感動していると、すみれは匂いも気分を切り替えるためには必要な要素だと話すのだった。

その商品が気に入った兎咲は、3万円ほどする香水を即決すると、そのために働いているのだと自分を奮い立たせるのだった。

その夜家に帰った兎咲は、その香水をひとりすると、時には休むことも大切だと、今日はしっかり寝ることを決め眠りにつくのだった。

 
秘密の秘訣

その話を聞いていた芽生は、自分もすみれのようになりたいと、使っている香水を尋ねる。

教えられた香水が高いことに驚く芽生に、ボディクリームは手軽に手に入ると教えられ、それを購入する。

家に帰った芽生は、さっそくそのボディクリームを使うと、その匂いに包まれ癒されるのであった。

その頃気分も新たに仕事に打ち込む兎咲を見た後輩は、まだまだ秘訣があるのではないかと問い詰める。

すると兎咲は、心の中で「誰にも言えない秘訣があるのだと」さらなる秘訣があることを呟くのだった。

その夜、久しぶりに同級生を呼び出した兎咲は、その男性に「セックスしない?」と尋ねると、それが最後の秘訣なのだと笑みを浮かべるのだった。

第3話の感想はここをクリック
外に出るため、綺麗になるためのメイクですが、それは気分を入れ換えることにも大きな力があるのですね。
 
そして、それをうまく活用して次に繋げるという兎咲は、うまく自分をコントロールできているのだと思います。
 
さらに香水や匂いで気分をリフレッシュさせることで、次の活力になること知り、とても勉強になりました。

<見逃し動画>第2話
 
Tverでの無料配信は終了しました
 
<予告動画>

第2話の公式あらすじ

締め切りに追われる少女漫画家・川松奏子(阿部純子)。
メイクやおしゃれに無頓着な奏子の生きがいは漫画と男性アイドルグループ・ボイメン!
推しメン本田剛文くんの笑顔を頭に浮かべながら新連載に向け奮闘していると、ファンからピンクのマニキュアが送られてきた。
本田くんのイメージカラーで気分もアガる!
はずだったが、慣れないネイルはぐちゃぐちゃに…。そんな中、熊谷(神崎恵)と芽生(志田彩良)に偶然出会う。いつでも自分の“大好き”が目に入る日常とは…?
 
<出典>だから私はメイクする公式

第2話のネタバレはここをクリック
漫画家・川松奏子

〆切に追われる少女漫画家・川松奏子は、おしゃれはもちろん、メイクなんてものにと無頓着であった。

お気に入りの化粧水は、安物でじゃぶじゃぶ使えるものを選び、それでも誰と会うわけでなはないとそれで満足していた。

そんな奏子が担当編集に、徹夜して描いた渾身の読み切りを見せると、その評価は上々であり、連載に向け頑張ろうと声をかけられるのだった。

そこで他の担当編集の男性に声をかけられた奏子は、慣れない男性との会話にもじもじしてしまうのだった。

担当の編集者からは、恋のはじまりならば協力すると言われ慌てる奏子に、担当は笑いながら送られてきたファンレターを渡すのだった。

 
推しの色

そんな奏子は家に帰ると、連載のための漫画を必死になって考えながらも、大ファンのアイドルグループ・BOYS AND MENのことを考えていた。

奏子はそんなBOYS AND MENの中でも、本田剛文を推しメンとしており、ライブで見た本田を思い出しながら漫画への意欲を高めようとする。

そんな中、ファンレターの中にマニキュアが入っていることに気がつくと、その色が本田のイメージカラーのピンクだと気がつく。

推しの色を塗ることで自分を鼓舞しようとした奏子は、さっそくそのマニキュアを塗ってみることにする。

しかし普段からメイクをしない奏子は、なかなかうまく塗れず、それでも推しの色が目に入ることに満足するのだった。

その頃デパートの売場で在庫を色順に並べていた芽生を見たすみれは、今度のマニキュアのディスプレイを任せることを告げるのだった。

 
自己満足

突然のすみれの提案に驚く芽生であったが、そこにお気に入りのメイク用品を取り寄せた織香が笑顔でやってくる。

それに気がついた芽生であったが、ただの自己満足だと語る織香に、すみれは自己満足は素晴らしいことだと話すのであった。

その翌日、ピンクのネイルをつけた奏子が編集に会うと、ネイルをしている自分が恥ずかしく感じてしまい咄嗟に隠してしまう。

一方雑誌のメイク特集のために呼ばれたすみれたちが出版社を訪れると、そこで奏子はすみれの綺麗なネイルを見て自分の下手なマニキュアが恥ずかしくなってしまう。

そんか奏子に気がついたすみれは、優しく声をかけると、自分も好きなものを爪にいれているのだと、蟹のイラストが入った親指をみせるのだった。

好きなものが目に入る幸せがあるのだと語るすみれに、奏子はすみれが通うネイルサロンを教えてもらうのだった。

ネイルサロンを教えてもらった奏子は、早速そこを訪れると、親指に本田のイラストを描いてもらうのだった。

 
欲張りになる

一方、マニキュアのディスプレイを任された芽生だったが、整理整頓ができるというだけで任されたことに疑問を感じていた。

翌日店舗のディスプレイをしていた芽生は、好きな色がありすぎてこまってしまうとすみれに相談する。

するとすみれは、ディスプレイのコツとして、好きに欲張りになることという言葉を伝えるのであった。

そんな中、ネイルにBOYS AND MENのメンバー全員のイラストを入れようとしていた奏子は、その金額を聞いて断念してしまう。

さらにネイルを落としてしまった奏子は、漫画にもなかなか力が入らずに、連載会議には出せるレベルではないと言われ落ち込んでしまう。

推しを無くし、さらに仕事もうまくいかない奏子は、ふとすみれたちのいるデパートへ向かっていく。

そこで芽生のディスプレイしたネイルコーナーを見た奏子は、その可愛さにうっとりする一方、様々な色がありながらまとまりがあることに驚くのだった。

そんな奏子に優しく声をかけたすみれは、一見様々な色が置かれているようでも、ある共通点があるのだと告げる。

そしてその共通点とは、ディスプレイを担当した芽生の好きなものなのだと話すのだった。

 
好きが溢れる

その話を聞かされ、ネイルを試すことになった奏子は、すみれが実はネイルが苦手であり、たくさん練習をしたのだと聞かされる。

さらにすみれは、その小さな爪の色一つで、色んな人の笑顔が見られたことが嬉しかったと話すのだった。

家に帰った奏子は、すみれの話を思い出すと、好きを思う存分出すことも必要なのだと悟り、その思いを詰め込んだ漫画を書き上げるのだった。

そんな漫画を編集に見せた奏子は、その思いがたくさんつまった作品がとても面白かったと評価されるのだった。

そして次の連載会議に奏子の作品を出すということを話していると、男性編集者が奏子のマニキュアに気がつく。

その編集者もまた、BOYS AND MENのファンなのだと語ると、2人は意気投合し目を輝かせながら話しているのだった。

第2話の感想はここをクリック
今回はメイクに無頓着な漫画家の話でしたが、マニキュア一つでそのテンションが上がりメイクの楽しさがこんなところにもあることを知りました。
 
それにしてもすみれは、よく人を見ていて、その人に合ったアドバイスを送るなどとても大人の雰囲気を感じます。
 
後輩である芽生もまた、そんなすみれに影響され、どんどんメイクの楽しさを感じていて幸せになるドラマだなと感じました。

<見逃し動画>第1話
 
Tverでの無料配信は終了しました
 
<予告動画>

第1話の公式あらすじ

学生時代は地味なオタク女だった。“人並み”になれたらと始めたメイクは次第にエスカレート!すっかりメイクの沼にハマってしまった会社員・錦織笑子(島崎遥香)。彼女が愛するのはお人形のような濃いメイク。それゆえ職場ではちょっと浮いてしまっている。
ある日、話題のコスメショップでアイシャドウを見ていると、ビューティーアドバイザーの熊谷すみれ(神崎恵)がお試しを提案する。
笑子は自分が陰で「マリー様」と呼ばれていることを話し始める…。
好きな自分でいるためのメイクとは?
 
<出典>だから私はメイクする公式

第1話のネタバレはここをクリック
メイクの沼
事務の仕事をする錦織笑子は、高校の時に友人からメイクを教わって以来、そのメイクの魅力にどっぷりとはまっていた。

メイクは日に日に濃くなっていき、会社の女子社員たちからは、陰でマリーアントワネットのようだとマリー様と揶揄されるのであった。

しかし笑子は、それを悪口とは思っておらず、むしろその言葉に喜んでいるのであった。

その頃、デパートのコスメコーナーで準備をしていた熊谷すみれのもとに、 山本織香が新人の近藤芽生を連れてくる。

子供服売場からやってきたと話す芽生は、接客のこつをすみれに教わろうとするが、すみれはメイクの色も微妙に違うように、人がメイクする理由もそれぞれであり、なかなか答えのない質問なのだと笑顔を向けるのだった。

 
メイクにこだわる理由

そんなある日、笑子はすみれの働くデパートへやってくると、そこに置かれた新商品に目を輝かせる。

そんな笑子の対応をしたすみれと芽生だったが、芽生は笑子のあまりに濃いメイクに驚いてしまうのだった。

笑子が帰ったあと、芽生は何をアドバイスするべきなのかと頭を悩ませていると、すみれはメイクをする理由が違うのだと話す。

そしてその人がどういう思いでメイクをするのかが大切になるのだと優しく教えるのであった。

その夜、高校からの友人と飲みに来ていた笑子は、そこで自分が「マリー様」と呼ばれているのだと話す。

心配する友人に、なんとも思っていないどころか、むしろ褒められていると感じると話すのだった。

さらに大学時代、付き合った彼氏が泊まりに来たとき、すっぴんを「一反木綿」と言われたことを話す。

それが原因でフラれてしまったものの、一反木綿をマリーアントワネットに変身させられるメイクのすごさにさらに感動したと話すのだった。

 
婚活パーティー

そんなある日、同僚の清水公平がやたらと仕事を依頼してくることに、それを見た別の同僚は清水と付き合っているのかと笑子に尋ねる。

笑子は付き合ってもいないし彼氏も今はいないと答えると、その同僚は笑子を婚活パーティーに誘うのだった。

婚活パーティーに参加した笑子だったが、そのメイクの濃さから、なかなか好印象を与えることはできずに撃沈してしまう。

それを見ていた同僚は、結婚を視野に入れるならメイクを薄くしてありのままの姿を見せることも重要なのだと諭すのであった。

メイクの濃さを気にしていない笑子だったが、その同僚の言葉が頭から離れずにいるのであった。

 
ナチュラルメイク

翌日、ナチュラルメイクで会社に出社した笑子を見た多くの女子社員たちは、その変貌ぶりに驚く。

さらにナチュラルメイクを勧めた同僚も、そのすっきりしたメイクを可愛いと褒めるのであった。

そこに笑子が気になる清水がやってくると、笑子のナチュラルメイクを見て似合っていると笑顔を見せるのであった。

褒められる笑子であったが、自分の顔に自信のない笑子は、薄いメイクにソワソワしてしまうと話すのだった。

その日の終業後、窓ガラスに写る自分を見た笑子は、多くの人に褒められはしたが、それでもなんとなく満足しない自分に気がつくのだった。

 
魔法のメイク

そんな笑子がまたもすみれのいるデパートへやってくると、それに気がついたすみれが声をかける。

ナチュラルメイクで自信がなさそうな表情の笑子だったが、新作の話をするとすごい熱量で嬉しそうに語り始めるのだった。

するとすみれは、その新作を試していってはどうかと話すと、メイク台の前に座らせ準備をするのだった。

そこですみれは、自分が昔アトピーだったことを話すと、そんな自分でも使えるファンデーションを見つけたときの喜びはひとしおだったと話す。

それを聞いた笑子も、高校のころ別人のようになれたメイクを見て、そのすごさに喜んだと話すのであった。

さらに、ありのままでいるということと、なりたい自分になるということは、決して反対のことではないのではないかと迷う笑子にメッセージを伝えるのだった。

そしてメイクが終わり、目を開けた笑子は、いつものような濃いメイクになっていることに感激するのであった。

 
自信がついた

そんなすみれの接客を見ていた芽生は、家に帰ってこれまでのことのメモを見返しているのだった。

そしてなりたい自分という言葉に、芽生はいつか自分もそうなれるのかと考えを巡らせるのであった。

翌日いつもの濃いメイクで颯爽と職場にやってきた笑子は、昨日とは違い自信満々に歩く。

同僚からナチュラルメイクについて言葉をかけられるが、ふっきれたように笑顔を見せる笑子であった。

そんな笑子のメイク道具が気になった後輩が声をかけると、笑子は優しくそして楽しそうにそれを教えるのであった。

第1話の感想はここをクリック
メイクをすることは、自分をよく見せるためだけではなく、自分自身の理想に近づくために行為でもあることに驚きました。
 
笑子も、一反木綿からマリーアントワネットにまで変身できるメイクの力に嬉しさを感じていました。
 
そしてそんな笑子に、的確なアドバイスを送るすみれの雰囲気や言葉にかっこよさを感じ、これからどんなお客が来るのか楽しみです。

だから私はメイクするの内容

公式サイト

本作は、メイクを通して浮き彫りになる「社会」や「自意識」と戦う女性たちの悲喜こもごもを描いた物語。毎話、様々な女性の「メイク」にまつわるエピソードが繰り広げられます。
自分のメイク道を極め続けるうちにあだ名が「マリー・アントワネット」になった女性、職場の男性たちからされる「見た目へのアドバイス」にうんざりしている女性、仕事で多忙な日々を送る中で自分を奮い立たせるためにコスメに大金を投じる女性など、人それぞれの「メイクをする理由」を描くことで現代をたくましく生きる女性たち(時に男性も)の様々な姿を映し出します。多くの共感を呼ぶこと間違いなしの人生讃歌です。
 
<出典>テレビ東京公式

<出演者>

熊谷すみれ:神崎恵
近藤芽生:志田彩良
山本織香:吉田朱里(NMB48)

第1話から最新話まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

だから私はメイクするの感想

30代女性

私は自分に人にメイクをすること、さまざまなコスメを集めることが大好きです。だから、このドラマをとても楽しみにしていました。期待していた通り、いやそれ以上におもしろかったです。笑子がとても派手なメイクをして人に噂されたり、化粧を落とした素顔を元カレに嫌がられたりと悲しいシーンを観た時は少し切なくなりました。なぜかというと、私もまったく同じ経験があったからです。笑子と違って私の場合はまだメイクに慣れておらず、自分に合うメイクがわからないメイク初心者の時に、派手にすればするほど可愛くなれるだろうと思って、とにかく濃く派手にしていました。周りの人に変だとか、似合ってないと笑われてもどこをどう直せばいいのかわからず、とても困った思い出があります。そんな時に助けてくれたのはすみれさんのように人の考えや思いをバカにしたりしない、ビューティーアドバイザーの方でした。その人にメイクの基本から応用まで教わり、自分でも家で毎日練習しました。本当に楽しかったですし、嬉しかったですし、良い思い出です。このドラマはメイクっていいな、人って変われるんだなと思える、とても前向きな作品ですし、メイクの勉強にもなります。コスメが大好きな私のような人にとっても、ドラマの中で使用コスメを紹介してくれるのは本当に嬉しいし、実際使ってみたくなります。観れば新しい世界がどんどん広がるこのドラマに出会えてよかったです。次回もとても楽しみにしています。

40代男性

錦織笑子が濃い化粧をしていて誰かに似てるなとは感じていたんですが誰かが直ぐにはわかりませんでした。色っぽいんですがムリしている感じが伝わってきて島崎遥香と結構時間が経ってから気づきました。やはり女性はメイクでガラッと変わるなと感じました。メイクをキッチリ決め込む笑子に同僚の女性達がマリーアントワネットを略してマリー様と読んでいました。女性というのは濃いメイクには批判的なんだろうかと少し気になってしまいました。もしかしたら結構、女性というのはメイクの濃い濃くないで派閥が生まれるんじゃないかとも感じてしまいました。ただ笑子がアドバイスから薄いメイクにしてきたときに一気に大人しいイメージに変わったのもメイクは魔法だなとわかりました。まったく持って雰囲気が変わったし島崎遥香に関してはナチュラルが良いなと思いました。ただ周りが褒めるが笑子が複雑な気持ちというのも女性は難しいのか笑子が難しいのかはわからないですが人それぞれなんだよなと感じました。このドラマは女性が観たらメイクの仕方、使ってる製品が気になってしまうと思いました。男性からするとメイクでここまで変わるんだということと女性の気持ちが少し分かるドラマだなと感じました。

20代女性

ドラマ「だから私はメイクする」について、「メイクにはまる笑子の姿」と「自分自身と向き合うことの大切さ」が特に魅力的だと思いました。
まず、メイクにはまる笑子の姿についてです。このドラマでは、メイクに悩みを抱える女性たちが、メイクを通して自分を見つめ直す様子が描かれます。会社員の笑子は、派手なメイクをすることにはまり、会社で浮いてしまっています。元々はメイクに興味がなかった笑子が、どんどんメイクの深みにはまってしまい収拾がつかなくなっている様子を、心配になりながら観ていました。
次に、自分自身と向き合うことの大切さについてです。化粧品を買いに行った笑子は、売り場の美容部員と話すことになります。そこで、自分自身のメイクに対する考え方などを話している中で、笑子は自分でも気づかなかった自分の本当の気持ちに気づいていきます。笑子が、メイクを通してありのままの自分と向き合おうとする姿に、勇気をもらいながら観ていました。また、笑子がメイクや自分自身について悩みながら奮闘していく姿が健気で、応援したくなったと同時に、感情移入してしまい悩みを乗り越えて自分らしく生きられるようになって欲しいと願わずにはいられませんでした。

50代女性

藤原紀香が最終話に出演するというニュースを見かけ、とっさに期待せずに見てみた「だから私はメイクする」。このドラマを制作した意図は、以前から予定されていたのか、それとも自粛やマスク生活による化粧品需要の低下によるスポンサー絡みの要望があった物なのかは不明ですが、自分的にはタイムリーな流れのテーマに思えました。現在、マスクでほぼ顔の半分以上が隠れてしまうため、消費が早いファンデーションのコストの見直しを考えるようにまでなっていましたが、逆に皮脂崩れによるマスクの汚れが気になったり、人目に触れる目の周りのメイクに工夫を凝らしたい欲求にかられるようになってきていました。女心としては、マスクしているからスッピンで良いということは決してありません。第一話は、お化粧するのが好きなあまり、濃くなったメイクゆえに職場で“マリー様”と呼ばれる女性が主人公でした。確かに、メイクテクニックやセンスがイマイチながら、周囲の評判を一向にかまうことなく、自己満足メイクに走る姿はポジティブで気持ちよく感じるものがありました。ストーリー序盤から早くも、有名なコスメメーカーの売上ランキング上位アイテムが次々と登場し、ちょっとしたメイクテクニックの紹介もあるため、目が釘付けとなりがちです。舞台となる化粧品売り場のBAさんとの会話も優しくて好感が持て、ライトな精神科クリニック的要素が感じられました。高価なイメージ商品(開発費・税金の塊)なだけに、今後は実際に店頭での接客にはこのような要素が必要となるのかなとも思いました。ストーリー的な深みはそれほど感じませんでしたが、ネガティブな要素はあまりなく良い感じです。ただし、男性が視聴したくなるかは疑問です。

30代女性

このドラマを見て、まず思ったのは、メイクは奥が深いということでした。私も美容師だったので人にメイクすることが多くあったのですが、人それぞれ本当にメイクすると雰囲気が変わるということです。そして、皆、きっと、なりたい自分というのが前提にあってメイクしているのではないでしょうか。今回のテーマも、自分の好きなメイク、そして似合うメイクの間で、悩んでいる女性がテーマでした。同じ女性としては難しい問題だと思います。この主人公のように、メイクの経験豊富で、メイクの技術も高度だと、自分のメイクに自信があります。自分を持っていることです。メイクすると自信が持てます。そして、今日もメイクがうまくいけば、その日の気分もあがります。人間的にも、ものすごい輝きがでてきます。似合うメイクの方は、人うけはすると思います。その場その場の雰囲気などを取り入れ行えば仕事やプライベートでも、馴染んできて人から見た印象はよくなります。でも、この1話の最後は、スッキリしました。メイクは、やはり、自分のためにするのです。人にどう思われようが、関係ないのです。自分の納得の行くようにするのが、これからの女性の輝き方なのではないでしょうか。次回はどんなストーリーを持つ女性が登場するのか楽しみです。

60代女性

1話のゲスト、島崎遥香扮する笑子のつぶやきを聞いていると、ただただ変わっていく自分にウキウキする、メイクするって本当に楽しい!と見ているこちらも気持ちが弾んできます。会社の女子社員には”マリー・アントワネット“と言われ、少しあきれられている笑子。メイクが濃いってことでしょう、と友達に言われても全く動じない揺るぎないメイク愛で、目指すは『お人形』とは素晴らしい。メイクを徹底するだけでなく、仕事も手を抜かないのですから立派です。そんな笑子も婚活イベントで男性たちから「強そう」「高そう」「一人で生きていけそう」と距離をとられると揺らいでしまうのですね。同僚のアドバイスを受けて、ありのままのメイク、薄化粧になってしまいます。ちょっと気になっていた社内の男性からも高評価でしたが、ぼんやりとした笑子。『結婚』という言葉はやはり女子には影響力大ですね。そんな笑子にメイクしてくれるビューティーアドバイザーのすみれは、アトピーだった過去を話し、笑子の揺れる気持ちに寄り添ったアドバイスをしてくれます。可愛いといわれたい、褒められたい気持ちを否定することはない。メイクする理由にかかわらず自分を好きになれることが大事ではないかと。メイクされ変わっていく顔を見て、どんどん気持ちが上がっていく笑子。自分の人生、自分が楽しくなくてどうするの。迷いを振り切りフルメイクに戻った笑子に、共感する同僚が近づいてくる最後はこちらも笑顔になりました。ファンデーションやアイシャドウなど情報も豊富なドラマで、これからもいろいろ勉強させてもらえそうです。

20代女性

神崎恵さんが出るということをたまたま知って見てみました。化粧品や美容のことがとても好きなので、今話題になっているコスメなどが出てきてとても気分が上がりました。今後、もっといろいろな化粧品やスキンケアなどが出てきてほしいなと思いました。2点気になるところがあり、内容などはとても好きな感じのドラマだったのですが、出演者の演技が正直上手ではなく内容より一つ一つのセリフの方が気になってしまった。それと、島崎遥香さんが出ていたのですが、周りの意見に合わせず最終的には自分の好きなメイクをしたらいいということだったのですが、派手な格好やメイクで彼女の良さがなくなっていると感じました。ドラマが伝えたいことはわかるのですが、もっと透明感を活かしたメイクや格好をしてほしかったなと思います。視聴者がマネしたいと思えるようなメイクでの変身が見てみたいです。これから他の登場人物が出てくると思うので、メイクの力でどのように変身していくのか・驚くようなメイクの技などが知れたらいいいなと思います。化粧品以外でも恋愛のお話などがあれば更に面白くなると思います。化粧品や美容に興味がある女性は、とても好きなドラマだと思います。

30代女性

原作の漫画が話題になっていて読んだことがあり、今回はドラマ化ということでどのような感じになるのかと気になっていました。実際に見てみて、ドラマの方では実際の商品が出てきたり、メイクのやり方なども学べるので原作よりもより楽しむことができました。第一話のゲストの島崎遥香さんも元からかわいい人なのでそんなに変わらないだろうと思っていましたが、メイクによって印象が違うので驚きました。私はメイクが得意ではなく興味はあるけれどメイクを心から楽しむということが、あまりありません。しかし、このドラマを見ていると私もメイクを楽しみたいな、色々な化粧品を使ってみたいなと思いました。私は漫画の実写化はあまり好きではない方なのですが、ストーリーも大幅な変化はなく今の時代の要素が入っているなという印象なので原作が好きでドラマ化は嫌だなと思っている方にも受け入れやすいのではないかと思います。ストーリーの面白さではだけではなく、メイクをする楽しさやこの商品を使うとこうなるということも分かるので2倍楽しめるようになっています。無料動画配信でも見れるので気になったけど忘れてしまった商品を見返して調べることもできるので助かります。