マリーミー(ドラマ)の見逃し動画を1話から無料視聴する方法【最新話まで】

マリーミー(ドラマ)の動画を無料視聴する方法

「マリーミー(ドラマ)」

業界ナンバー1の動画配信サービス「U-NEXT」

第1話から最新話まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「U-NEXT」31日間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<U-NEXTのおすすめポイント>
 
・国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
・映画、ドラマ、アニメなどのジャンルで見放題作品数でNo.1
・スマホ、テレビ、PS4などで動画が視聴可能
・追加料金無しで最大4人まで同時に視聴することができます
・70誌以上の雑誌が読み放題でダウンロードできる
・無料期間後は、月々1990円(税抜き)で継続でき、毎月1200ポイントもお得
 
<U-NEXTユーザーの声>

30代女性

14万本以上の動画が見れて、それがしかも見放題というところに惹かれました。1か月だけお試しで入ったけど、何より新作映画が見れたことがビックリでした。動画も綺麗でチラツキや音声の乱れもなくてサクサク鑑賞できました。また、ダウンロード機能がついているので、家でスマホにダウンロードして通勤中で電車で見ることもできて便利です♪かなり充実している動画配信だと思います

マリーミー(ドラマ)の見逃し動画まとめ

■第1話から最新話までフル動画の視聴方法■

今すぐU-NEXTで動画を見る

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>第4話
 
まだ放送されていません
 
<予告動画>

第4話の公式あらすじ

心(瀬戸利樹)の父母、圭(神保悟志)と椿(高橋ひとみ)の突然の来訪で、学校にも行かず実家を飛び出してきたことが発覚した弟の翔(水沢林太郎)は、陽茉梨(久間田琳加)を人質に心の部屋に立てこもる。心は翔の反抗的な態度に怒り心頭。その原因を両親に問いただす。ところが、逆に陽茉梨との結婚について問い詰められることになり…。
 
“人質”の陽茉梨が、翔から「お義姉さん」と呼ばれ、ちょっと嬉しい気分でいるとも知らず、久しぶりに両親に対峙した心は、「家族」が苦手で「一生結婚しない」と決めていたかつての感覚を思い出してしまう。小言ばかりの母と会話のない父という家庭に育った心には、家族団らんの記憶がなかったのだ…。
やがて、秋保家が抱える問題からずっと逃げてきた自分に気づいた心は、陽茉梨にある頼み事をする。
 
<出典>テレビ朝日公式

第4話のネタバレはここをクリック
視聴後、公開いたします
第4話の感想はここをクリック
視聴後、公開いたします

<見逃し動画>第3話
 
TVerでの配信は終了しました
 
<予告動画>

第3話の公式あらすじ

秋保心(瀬戸利樹)の同僚・山田航平(柾木玲弥)と、上司で元カノの吉浦和歌(佐藤晴美)が突然、家に押しかけてきた翌日、心は職場で和歌から、陽茉梨(久間田琳加)のことが好きなのかと不機嫌に問い詰められる。さらに和歌は、心が留守中の沢本家を再び訪問。陽茉梨(久間田琳加)に、かつて心と付き合っていたことを告げ、「別れてほしい」と離婚届を差し出す…!
陽茉梨は困惑しながらも和歌の話に耳を傾ける。その結果、事態は和歌が予想もしなかった方向へと展開。その夜、陽茉梨は「また一人になるかもしれない」との決意を胸に、初めて見せる険しい表情で心に決断を迫る!
新婚家庭の混乱はさらに続き、今度は心の弟、翔(水沢林太郎)が突然、泊まりにやってくる。実は家族に苦手意識を持っている心は、結婚の報告を一切していなかったのだ!?
 
<出典>テレビ朝日公式

第3話のネタバレはここをクリック
4年間の交際期間
少子高齢化対策として成立した、新しい法律・通称「ニート保護法」。その法律の実施によって、被験者に選ばれたのが、国家公務員の秋保心とニートの沢本陽茉梨である。
 
二人は、恋愛もせずに、婚姻届を提出し、夫婦となった。そんな、ある夜のこと、酔った勢いで、同僚の山田航平と上司で心の元カノ・吉浦和歌がやって来る。
 
山田だけが泥酔しているなか、和歌は、陽茉梨に、心と2年前まで付き合っていたことを明かす。
 
次の日、心が不在のときに、また和歌が訪ねてくる。つとめて笑顔で対応しようとする陽茉梨に、和歌は、本題を切り出す。
 
心と別れてくれませんか? そう言って、和歌は、陽茉梨の目の前に、白紙の離婚届を差し出すのだった。
 
和歌は、心の上司でありながらも、ニート保護法の施行には、反対だった。
 
4年間、和歌と心は付き合っていた。4年付き合って、別れを切り出したのは、和歌の方だった。
 
心が自分を好きじゃないことなんて、和歌にも分かっていた。そのとき、心は、理由も聞かずに、了承したという。
 
そして、陽茉梨は、こんな法律で結婚しなくても、和歌が想像した以上に、ずっとまともな人間だった。
 
一方、陽茉梨は、そんな和歌の話を聞いて、恋愛の経験はないながらも、心が和歌を傷つけたのだということだけは、理解ができた。
 
 
そばにいたい
誰かと付き合ったこともないし、二人に何があったかも、よく分からない。しかし、陽茉梨からすると、和歌は、まだ傷ついたままだった。
 
4年も付き合った人を傷つけておくなんて、陽茉梨には考えられなかった。
 
そのことで、陽茉梨は、心に対して納得できなかった。帰宅したばかりの心に離婚届を見せ、和歌と和解するように言う。
 
心としては、職務放棄になるかもしれないが、今後の心の対応次第では、それも検討せざるを得ない、という陽茉梨。
 
これには、心にも予想だにしておらず、ほとほと困り果ててしまう。次の日、心は、和歌を連れて、陽茉梨の待つ自宅へと帰ってくる。
 
陽茉梨の前で、隠し事はしたくないという心。心が陽茉梨のことをちゃんと好きなのか。二人で暮らすなかで、何か心への不満があるのではないか。
 
まず、和歌が陽茉梨に、はっきりさせたいことを訊ねていく。私は、心には相応しくない。
 
そう言った陽茉梨の瞳を心は見たことがあった。最初に会った時、陽茉梨には何もなくて、こんな目をしていた。
 
でも、一緒に暮らして、陽茉梨はよく笑うようになった。だから、心は、こう陽茉梨に告げる。
 
自分が陽茉梨に相応しいとも思わないし、職務上のこととかも関係ない。誰かが側にいて、陽茉梨が幸せなら、俺が側にいたいと。
 
 
心の家族
心の、その言葉を聞いて、和歌は、離婚をこれ以上、無理強いすることはできなかった。
 
その夜、ふと心は縁側に出て、陽茉梨とお月見をする。なんでもないことだけど、陽茉梨は、今とっても幸せだという。
 
そう言った陽茉梨に、笑顔が戻っていた。そして、心は、それに応えるように、陽茉梨の手をそっと握るのだった。
 
次の日、突然、心の弟・翔がやって来る。翔は、自分の兄が結婚したことを知らなかった。
 
だが、折を見て実家の家族に話そうと思っていた矢先だった。翔は、ただ泊まりに来たのだというが、詳しくは話さない。
 
そもそも、心は、3年近く実家に帰っていなかった。翔が知った以上、あとは時間の問題。
 
翌日、心は、帰りに実家に説明しに寄って帰るつもりだった。そこへ、陽茉梨から、連絡がある。
 
なんと、心の留守中に、心の両親・圭と椿がやってきたらしい。驚くのは、まだ早かった。
 
昨夜、泊まった翔は、高校にも行かずに家出をしていた。なおかつ、いま、部屋に立てこもって出てこないというではないか。
 
これには、居ても立っても居られなくなり、自宅へ戻った心は、まず翔が立てこもった部屋を激しくノックするのだった。
第3話の感想はここをクリック
エリート国家公務員とは言え、家庭環境に恵まれているとは限らない。そもそも、陽茉梨は、心と結婚するまで、確かにニートだったかもしれない。
 
しかし、祖父母の世話に明け暮れていた、陽茉梨が家族に恵まれなかったとは、一概に言えないと思う。
 
それに比べて、まだはっきりとは分からないが。心はというと、家族同士が、冷え切った関係で、陽茉梨と出会うまでは、人に興味がなく、本気でひとを好きなったことがなかった。
 
3年も実家には帰っていなかったし、結婚のことも言ってない。なんか最初から、心と陽茉梨の生活に違和感があったのは、これか! と思った。
 
心にも家族がいるのだ。ただ、蓋を開けてみると、家族がバラバラの状態に見える。弟は、家出をして来て、不登校。
 
父親は、まだ一言も発していない。母親は、すでにヒステリーを起こしている。一体、心と陽茉梨は、どちらの家庭にいたほうが、ココロが豊かなんだろうと思う。
 
これは、もう比べても数値化できるものではないが、和歌が傷ついていることに気づかない心は、いくらエリートでも、精神的な成熟度という点では、陽茉梨よりも低いのではないだろうか。
 
次回では、心の精神的な成長を期待する回となりそうで、楽しみにしたいと思う。
<見逃し動画>第2話
 
TVerでの配信は終了しました
 
<予告動画>

第2話の公式あらすじ

秋保心(瀬戸利樹)と陽茉梨(久間田琳加)は、沢本家で一緒に暮らし始める。陽茉梨には慣れ親しんだ家だが老朽化が進んでおり、心は修繕のため陽茉梨を連れてホームセンターへと出かける。
ずっと引きこもっていた陽茉梨にとって、実はこれがホームセンターデビュー!普通のことにも緊張したり喜んだりする陽茉梨に、心の気持ちは自然と和んでいく。そして二人はお揃いの湯飲みを購入。修繕作業の合間に陽茉梨が淹れるお茶を飲みながら、心にふと「結婚した」という実感が湧いてくるのだった。
翌日、沢本家に珍客が現れる。家出少年の梅村拓海(松浦理仁)だ。物怖じしない拓海は、心と陽茉梨を見て感じたままを口にするが、その一言に心は密かに傷つく。そんな拓海に誘われ、陽茉梨は拓海の父、広樹(喜矢武豊)とともに遊園地に出かけるが…。
 
<出典>テレビ朝日公式

第2話のネタバレはここをクリック
ホームセンターデビュー
新しく出来た法案・通称「ニート保護法」。この、ニート保護法の実施に先立って、厚生労働省は、2名の被験者を選んだ。
 
国家公務員の秋保心(28)と、今までアルバイト経験もない沢本陽茉梨(21)。彼らは、恋愛もしないまま、夫婦になった。
 
陽茉梨の住んでいた一軒家は、祖母が亡くなって一人暮らし。その二階に住むことになった秋保。
 
しかし、この家は、老朽化が進んでおり、秋保は、身の危険を感じ、休日を利用してホームセンターに行って修繕をすると言い出した。
 
ホームセンターに生まれてはじめて行くという陽茉梨。このときばかりは、部屋着ではなく、私服に着替えている。
 
ところが、広い店内を歩いているうちに、秋保は陽茉梨とはぐれてしまう。
 
こうなると、いざ探そうとしても、陽茉梨はケータイを持っていないことに気づく秋保。
 
そのとき、不安そうな表情で秋保を探す陽茉梨を見つける。陽茉梨は、当然のように秋保を探してくれていた。
 
結婚してもらったのでも、してやったのでもない。秋保は、ただ陽茉梨と結婚したのだと、そう感じ始めていた。
 
ある日のこと、陽茉梨が買い物から戻ると、庭先に人影が横切る。恐る恐る近づいてみると、それは、小学四年生の梅村拓海だった。
 
 
家族に見えない
拓海は、近所の新しく出来たマンションに引っ越してきたばかり。親に、反抗して家出をしてきたという拓海。
 
秋保は、見ず知らずの小学生が勝手に上がり込んでいるのが、気に食わない。それでも拓海は、我が家のように、腹が減ったという。
 
これを聞いて、陽茉梨は、肉の入ってない肉じゃがを、拓海にご馳走する。不味くはないが、グラタンが食べたいと、わがままを言う拓海。
 
すると、そこへ拓海を呼ぶ男性の声が聞こえる。父親の広樹が迎えに来て、ほっと一安心の秋保。
 
だが、帰り際、拓海は、秋保と陽茉梨が家族に見えなかったという。この言葉に、秋保は、半分仕事で結婚したと割り切っていたはずが、かなりのショックを受けてしまう。
 
翌日、広樹は、秋保にこう言ってくれる。お互いを思いやっている、いい夫婦に見えたと。
 
秋保が帰ると、また拓海が来ていた。陽茉梨は、レシピを勉強して初めてグラタンを作ったという。
 
出来上がったグラタンは、美味かった。陽茉梨は、食べたいものがあったら、何でもいってくださいという。
 
この言葉に、感謝の気持ちも込めて、秋保は、新しく買ったスマホをプレゼントする。これまた初めて手にするスマホに、無邪気に喜ぶ陽茉梨だった。
 
 
秋安の元カノ
そして、拓海は、こんなことを言い出した。明日遊園地に行きたいと。秋保は、明日もちろん仕事があり、陽茉梨だけだと心もとない。
 
そこで、売れない小説家・広樹と3人で行くことになる。仕事中、早速、陽茉梨が3人で楽しそうにしている写真が、秋保のスマホに届く。
 
楽しそうな様子に一安心の秋保。ところが、帰り道、秋保と、遊園地から帰ってきた3人がばったり会うが、何やらいつもと様子が違う。
 
楽しかった、そう言って気を遣う陽茉梨。それを広樹が訂正する。何でも、拓海が陽茉梨のスマホを壊してしまったらしい。
 
拓海は、陽茉梨と一緒に遊園地で遊ぶことを楽しみにしていた。それなのに、陽茉梨は、初めてのスマホに夢中になってしまった。
 
それに腹を立てた拓海がスマホを放り投げてしまったのだ。陽茉梨は、先に謝る。ごめんなさい。また私と遊んでくれますか? と。
 
すると、拓海は、こくんと頷いて、謝りながら大声で泣きだしてしまった。その夜、陽茉梨は、周りの人に対して配慮が足りなかったと、涙を流して反省する。
 
自分ばかり、楽しくて舞い上がってしまって。そう言って、いつになく落ち込む陽茉梨を秋保は、優しく抱きしめようとした。
 
そのとき、けたたましく玄関の呼び鈴が鳴る。同僚の山田航平が酔っ払って訪ねてきたのだ。トイレに駆け込む航平のあとに、吉浦和歌が入ってくる。
 
初対面の挨拶もそこそこに、和歌は、秋保と2年前まで付き合っていたと、陽茉梨に告げるのだった。
第2話の感想はここをクリック
本気で人を好きになったことがない秋保と、ニートで引きこもりの陽茉梨が、前回、恋愛もせずに結婚した。
 
そして、今回2話目で、新婚生活が始まった。陽茉梨にとっては、結婚するのも、もちろんだが、ホームセンターに行くのも、クレープを食べるのも、スマホを使うのも初めて。
 
でも、そんな初めてのことだらけでも、前回に比べ、かなり明るく、笑顔でいることができたのは、結婚というより、秋安がそばにいたからというのが大きいだろう。
 
上司は、最悪、都合が悪くなれば、離婚すればいいと言っていた。それに、本人も仕事と割り切っているとは言っても、いくら何でも結婚と仕事を一緒に考えるのは無理な話だろう。
 
実際、ホームセンターではぐれたときに、秋保を探す陽茉梨を見て、秋保は、正直意外で、それでいて嬉しくて、結婚してやったとか、してもらったとか、思わなくなったという。
 
お互いがやっと、お互いを必要と思い始めたところに、まさかの元カノ登場である。次回は、物騒にも離婚届けまで出てくるようである。
 
元カノとどのように付き合って、どのように別れたのかというのも、1つのポイントとなるだろう。秋保と陽茉梨は、この困難をどのように乗り越えるのだろうか。次回が楽しみである。
<見逃し動画>第1話 8月1日放送
 
TVerでの配信は終了しました
 
第1話の公式あらすじ

少子高齢化社会と働かない若者増加の対策案として成立した、独身の社会人とニートを結婚させる法律、通称『ニート保護法』。世間から取り残された人々を“結婚”で救おうという実験的な法案の施行に先立ち、国家公務員を被験者に試験的実施が水面下で始まる。その被験者第一号に任命されたのは、厚生労働省に勤務する秋保心(瀬戸利樹)。結婚願望はゼロだが出世のための任務と割り切り、上司や同僚に盛大に送り出されて救出相手のニート女性が住む家へと向かう。
着くとそこにはなぜか警察官が!?郵便物を溜めたまま屋内で住人が倒れていたため、近所の人が死んでいると勘違いして通報してしまったらしい。その人騒がせな住人こそが、心が結婚を命じられたニート側の被験者第一号、沢本陽茉梨(久間田琳加)だった。
 
<出典>テレビ朝日公式

第1話のネタバレはここをクリック
被験者第一号
日本政府は、少子高齢化と若年層の労働意欲の低下を問題視し、通称「ニート保護法」という法案を可決した。
 
それに伴い、法案の施行に向けての実験的な試みが実施されようとしていた。厚生労働省少子高齢対策局で、その被験者・第一号に任命されたのが、秋保心(28)である。
 
彼は、いわゆるエリート国家公務員で、別段結婚には興味はないが、この被験者としての任務を成功させなければ、出世の道は閉ざされてしまう。
 
秋保は、今日が28歳の誕生日だった。上司から指示を受け、相手の被験者の自宅に向かうことになる。
 
資料にある住所にたどり着く秋保。すると、警官や近所の人々が玄関先で騒いでいた。雲行きが怪しいので、秋保は、私は彼女の夫です、と言って騒ぎを収める。
 
彼女の名前は、沢本陽茉梨(21)。陽茉梨は、ニート保護法の被験者として、厳正なる審査基準をパスしたのだという。
 
そう説明を受け、秋保から名刺を差し出され、今日から私が保護者兼、配偶者ですと、挨拶される。
 
陽茉梨は、訳も分からず、とりあえず話も聞かずに、秋保を追い返してしまう。
 
上司にありのままを報告する秋保。被験者を再度選出するのは、秋保の甘い考えで、認められない。
 
とにかく、秋保は、陽茉梨と結婚しなければ、一生昇進は望めないのだった。
 
 
自分のために生きたことがない
改めて、陽茉梨の家を訪ねてくる秋保。何とか家に上げてもらい話をする二人。
 
陽茉梨の祖父は1年前に、祖母は半年前に亡くなった。おそらく、被験者への申請は、祖母が本人には知らせずにしたものらしい。
 
陽茉梨は、中学を卒業し、そのあとはアルバイトの経験すらなかった。そして、陽茉梨の家族と言えるのは、15歳になる黒猫の桃太郎だけ。
 
桃太郎も先が永くないので、それまで生活できればいい、被験者の登録を解除してほしいと陽茉梨は訴えるのだった。
 
しかし、ご近所の話では、以前はとても明るい性格で、祖父母の世話をしながら、家事を1人でこなしていたという。
 
この話を聞いて、秋保も思い悩む。もう一度だけ、真剣に話をしようと、陽茉梨の自宅玄関まで行くと、陽茉梨が慌てて出てきて、桃太郎が動かないという。
 
どうしていいか、分からない陽茉梨。秋保は、陽茉梨と桃太郎を連れ。近くの動物病院へ。
 
陽茉梨は、処置の間、桃太郎にもしものことがあったらと、不安な表情。そこで、秋保は、気づくのだった。陽茉梨は、今まで自分のために生きたことがないのだと。
 
桃太郎は、消化出来ないものが胃にたまっていたので、それを洗浄して一命を取り留めた。
 
 
今日が結婚記念日
元気になった桃太郎の様子に、安堵する陽茉梨。それを見た秋保は、結婚してくださいとプロポーズ。
 
秋保は続ける。陽茉梨に今必要なのは、家族。自分のことは愛さなくていい、陽茉梨自身を愛せるようになって、陽茉梨の幸せを見つけてほしいと。
 
そういえば、祖母が亡くなる前に同じようなことを言っていたような気がする。陽茉梨は、秋保と一緒に生活することを決心する。
 
翌日、秋保は、荷物を陽茉梨の家に運び込んで、出勤前に婚姻届けを出してくるので、陽茉梨に、書類にサインするように頼む。
 
陽茉梨がサインした婚姻届を提出する順番を待つ秋保。すると、目の前で若いカップルが幸せ一杯な様子で、写真撮影などして、はしゃいでいる。
 
それを見た秋保は、もう一度、陽茉梨の気持ちを確かめようと、走って家まで帰る。
 
俺との結婚は、嫌ですか? こう今更ながらの質問をする秋保。
 
桃太郎が死んじゃうと思ったら、1人より、あなたといるほうがいいと思いました。
 
そう応えた陽茉梨に、秋保は、二人の婚姻届を見せ、一緒に出しに行かないかと誘ってみる。
 
今日が結婚記念日ですね。そう言った陽茉梨の笑顔は、朝日に輝いていた。
第1話の感想はここをクリック
人気のLINEマンガが原作の“ほわキュン”恋愛ドラマ『マリーミー!』。
 
物語は、仮想の「ニート保護法」によって、エリート国家公務員の秋保と、中卒ニートの陽茉梨が結婚・同居をして、恋愛が発展するというラブストーリー。
 
「ニート保護法」自体は、現実には存在しないし、無茶苦茶なような気もするが、少子高齢化と若年者層の無業者の増加を同時に防ぐ対策としては、合理的で、面白いと思った。
 
そして、秋保は、結婚願望も、他人にも興味のない、出世のことしか頭にない。一方の陽茉梨はというと、ニートであり、引きこもりのような生活を送っており、中学卒業後、アルバイトの経験すらない。
 
この二人が、突然結婚して、ひとつ屋根の下で生活を始める。まだまだ、婚姻届を出したばかりの二人。
 
家での役割としては、陽茉梨は、もっぱら専業主婦ということになるだろうが、それでも、エリートでこれまで他人に興味がなかった秋保との価値観の違いというものは相当にあるのではないだろうか。
 
このドラマは、ほんわかと胸キュンを合わせた“ほわキュン”を感じさせるというのが、1つの大きなテーマである。
 
だから、嫉妬とか、裏切りとかの、ハラハラドキドキしない、恋愛ドラマとなるのだろう。
 
それは、今我々が一番求めている平和や癒やしというものを、安心して見ることができる、数少ないドラマになるのではないだろうか。

マリーミー(ドラマ)の内容

公式サイト

ドラマL『マリーミー!』は、架空の法律「ニート保護法」のもと、強制的に結婚することになった“ニート”の女性とエリート国家公務員が徐々に心開き、家族になっていく模様を描く、ピュアすぎる恋愛ドラマ。電子コミックサービス「LINEマンガ」のオリジナル作品で、累計2.7億PVを超える大人気作を原作に、優しい世界観を完全実写化し、ほんわかキュンキュンな癒しの物語をお届けします!
 
<出典>テレビ朝日公式

<出演者>

沢本陽茉梨:久間田琳加
秋保心:瀬戸利樹
山田航平:柾木玲弥
吉浦和歌:佐藤晴美
梅村広樹:喜矢武豊(ゴールデンボンバー)
秋保翔:水沢林太郎
林百果:豊島心桜
秋保圭:神保悟志
秋保椿:高橋ひとみ
三ツ木誠:綱啓永
梅村拓海:松浦理仁

第1話から最新話まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「U-NEXT」31日間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

マリーミー(ドラマ)の感想

感想が集まり次第、公開いたします