ラブホの上野さん season2の無料動画を1話からフル視聴する方法【最終回まで】

ラブホの上野さん season2の動画を無料視聴する方法

「ラブホの上野さん season2」

フジテレビの動画配信サービス「FODプレミアム」

第1話から最終回まで全話配信中です

 

今すぐ無料おためし

 

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

< FODプレミアムのおすすめポイント>
 
・フジテレビ系列の人気の月9ドラマなどフジテレビ作品が5000本以上見放題
・FODでしか見ることができないオリジナル配信作品も配信中
・アニメ、海外ドラマなどFOD独占でラインナップ!話題の新作映画も
120誌以上の人気雑誌が読み放題!ファッション雑誌や女性誌までラインナップ
スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます
・無料期間後は、月々880円(税抜き)で継続でき、毎月最大900ポイントもお得
 
<FODユーザーの声>

20代女性

月9ドラマが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れたのでビックリした!月額制だけど、スマホのアプリで見れるし、お手軽に楽しめる。また、FOD限定配信ドラマとか、地上波で放送されないきわどいドラマもあり、面白い♪スマホで見ると、通信量が気になるけど、Wi-Fiなら通信料金を気にせず楽しめるし、一気に見れるのでストレスなく動画を視聴できる。月額料金を払っているけど、雑誌も読む放題なので、待ち時間とかにスマホで動画を見たり、雑誌を見たり、時間をつぶせて本当に便利♪

ラブホの上野さん season2の見逃し動画まとめ

■第1話から最終回までフル動画の視聴方法■

FODプレミアム

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

注意
動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用することをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。

<見逃し動画>最終回(第11話) 「素敵なフリ方 フラれ方」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
最終回(第11話)の公式あらすじ

中瀬麻衣(松井愛莉)とピエール(ジョナサン・シガー)が付き合っていると決め付ける一条昇(柾木玲弥)は、誤解している事に気付き慌てて麻衣に電話する。しかし、帰国してから忙しい日々を送る麻衣と落ち着いて話す事も会う事も出来ない。パリで活躍する若手シェフの麻衣と自分は釣り合わないと考え始める一条。
一方、麻衣は、品川佐奈(古畑星夏)から「一条と付き合っている」と言われ動揺している。佐奈の嘘により、一条と麻衣の溝は深まる・・・。
そんな中、佐奈は、一条との初デートとなる花火大会が近付き、上野(本郷奏多)から、ある恋愛テクニックを聞き出す。一条も上野に、ある恋愛テクニックの教えを乞い、二人は花火大会へ向かう。
一条と佐奈、そして麻衣、すれ違う恋心、その結末は・・・。そして、三人の想いを知る上野が指南した、恋愛テクニックとは・・・。
 
<出典>FOD公式

最終回(第11話)のネタバレはここをクリック
店選びは手間をかけるべし!
麻衣がピエールと付き合っていないことを知った一条は、麻衣に電話。
 
すると、麻衣はそっけない態度で、雑誌の取材の後そのままフランスに帰ると告げ電話を切る。
麻衣は佐奈から一条と付き合っている告げられ、佐奈と一条が付き合っていると勘違いしていたのだった。
 
その後、佐奈は一条とのデートについて上野からアドバイスをもらおうとするも、上野は「私が指南するのは当ホテルの利益になるお客様のみです」と断る。
それを聞いた佐奈は、どうにか上野からアドバイスをもらおうと、里帆を介して上野からアドバイスをもらうことを思いつくのだった。
里帆は「友達の相談」と称して佐奈のデートについてアドバイスを求める。
デートの後にむちゃカフェで食事をしようと考えていると話す里帆に上野は「むちゃカフェはデートに誘うには最悪なお店です!」とバッサリ。
むちゃカフェは雰囲気は素敵で食事も良いが、五反田キングダムに行きやすいが、「自分のために手間をかけてくれた」という点に関してはダメなのだとか。
「行きつけのむちゃカフェに行くよりも、相手の好みを調べるなどして手間をかけたことが分かりやすく表れる店を選んだ方が相手は喜んでくれる」
上野はそう話し、それを隠れて聞いていた佐奈は」なるほど〜」と思うのだった。
 
 
花火デート
そして、五反田花火大会当日。
佐奈は浴衣を着て一条と待ち合わせる。
 
すると一条は佐奈が街の景色の写真を撮るようすから、麻衣のことが連想され麻衣の話を始める。
それを佐奈は複雑な表情を浮かべながら聞くのだった。
そして佐奈は一条を花火がよく見栄は穴場スポットに連れて行く。
一条はわざわざその場所を調べてくれたことに感謝。
 
そして佐奈は手作り弁当を一条に振る舞う。
その味に一条が感動していると、花火がスタート。
 
しかし、花火はちょうどビルに隠れていてよく見えない。
予想外の展開に落ち込む佐奈に一条は「佐奈ちゃんらしいね」と笑顔で言うのだった。
 
 
一条の気持ち
時は遡り数日前。
 
一条は上野を屋上に呼び出し、「傷付けずに女性のフリ方を教えて下さい」とアドバイスを求めていた。
つまり、一条は佐奈をフろうと思っていたのだ。
すると上野は相手がどの方法でフられれば傷付かないかを考えるべきだと一例を挙げる。
 
・正直に気持ちを伝える
・告白させない
・冗談にしてはぐらかす
・嫌われるように振る舞う
 
「いずれにせよ次に進みやすい方法でフるべきだ。その方法は経験からでしか学べない」
上野は一条にそうアドバイスするのだった。
 
そして時は戻り現在。
一条はどの方法で佐奈をフるべきか悩んでいた。
 
すると佐奈は、一条が本当は麻衣のことが好きだと勘づいていてそれを話す。
実は佐奈も一条が麻衣のことが好きだとわかっていてデートをしていたのだ。
 
そして2人は束の間の花火デートを楽しむのだった。
 
 
一条と麻衣
翌日、麻衣は一条に会わずにフランスに帰ろうとしていた。
それを知った佐奈は、自分のせいで2人の関係が悪くなってしまったことを知り、慌てて一条に麻衣がフランスに帰ろうとしていることを報告。
それを聞いた一条は麻衣を追いかけるのだった。
 
一方で、佐奈は麻衣を追いかけ「一条さんと付き合っていたというのは嘘です!」と明かす。
麻衣はホッとしながらも、改めて一条のことが好きだということを再認識した様子。
その様子を一条を始め五反田キングダムのスタッフみんなで見ていた。
 
そして一条は麻衣と改めてちゃんと話すことに。
 
そこで一条はストレートに「俺と付き合って下さい!」と告白。
それに麻衣は「浮気しないでね」とOKの答え出し、2人は付き合うこととなるのだった。
最終回(第11話)の感想はここをクリック
今回は最終回でした。
 
前回のラストで一条・麻衣・佐奈の三角関係が複雑化し「どんな結末を迎えるんだ?」とワクワクしながら楽しめました。
 
最終的には一条は麻衣が好きだという自分の気持ちに正直になるという決断を下し、佐奈のことをフり、麻衣と付き合うことができハッピーエンドという感じでした。
無事に麻衣の誤解も解くことができて良かったですね。
 
佐奈も今回は一条への恋は叶いませんでしたが、女性として成長したということで良い人が見つかれば良いなと思いました。
 
ラストに一条と麻衣が付き合うことになった場面での上野の笑顔がとても印象的で、その笑顔から一条の成長を見守って来た父親のような優しさが感じられました。
 
今回のシーズン2では、前シーズンよりもストーリー性が高く、その中にも毎話学べる恋愛指南があり、見応えがあり面白かったです。
 
まだまだ続編も作れそうな内容なので、今後シーズン3が作られるということであれば是非とも視聴したいです。
 
これまで上野の過去についてはほとんど描かれていないので、次のシーズンでは上野の過去についてのストーリーも観てみたいところです。
<見逃し動画>第10話 「恋とデートはタイミング!」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第10話の公式あらすじ

一条昇(柾木玲弥)は、SNSにアップされた中瀬麻衣(松井愛莉)とピエール(ジョナサン・シガー)との写真を見て、二人で旅行に行く事実を知り、ショックのあまり麻衣からの電話に冷たく当たってしまう。一方、品川佐奈(古畑星夏)は、一条の事ばかり考え仕事が手につかず、一条に会うとドキドキしてしまう。
【むちゃカフェ】で、一条への想いに戸惑いながらタメ息をついていると、花火大会のポスターが目に入る。浴衣を着て好きな人と花火大会に行くのが憧れである佐奈に、大崎里帆(天野菜月)が一条と一緒に行けばいいと提案する。
【五反田キングダム】に戻ると、上野(本郷奏多)が里帆に片想いしている原拓海(堀家一希)に、デートに誘うテクニックを指南している。一条への想いを募らせる佐奈と、傷心の一条は、それぞれの想いで上野の指南を聞いている。そんな中、思いもよらない人物が、二人の前に現れる・・・。
 
<出典>FOD公式

第10話のネタバレはここをクリック
一条と麻衣
一条は麻衣のSNSを見ていた。
 
すると、麻衣が留学先のフランスの先生・ピエールとお揃いのスーツケースを購入したという内容の投稿を発見。
その投稿を見た一条は、麻衣がピエールと付き合っている疑惑が強まり、激しく動揺。
 
すると、一条の元に麻衣から着信が。
電話に出た一条は、麻衣にピエールと旅行をするのかと質問すると、麻衣はそうだと答える。
それを聞いた一条は麻衣とピエールが付き合っているということを確信。
「まぁ、別に俺たち付き合ってるわけではないから良いけど、俺もいま気になる人がいるし…」
一条はショックを受けながらも気丈に振る舞い、麻衣にそう言うのだった。
 
 
佐奈の気持ち
この一連の会話を佐奈は隠れて盗み聞きしていた。
前回、一条にドキドキして以来、一条のことが気になる佐奈は「俺もいま気になる人がいるし…」という言葉が自分に当てられた言葉なのでは?と胸をドキドキさせるのだった。
 
その後、佐奈がむちゃカフェでそのことについて考えていると、相川が声をかけて来る。
相川は近いうちに五反田花火大会が開催されるという話をする。
すると、佐奈は「一緒に行く相手もいないし…」とうつむく。
それを聞いたむちゃカフェのマスターは「一条くんも同じこと言ってたよ」と言い、アルバイト・里帆は「なら、2人で一緒に行けばいいじゃん!」と提案してするのだった。
 
 
デートへの誘い方を指南
その後、佐奈が仕事に戻ると、スタッフルームで上野が男性に恋愛指南をしていた。
その男性は拓海といい、むちゃカフェのアルバイト里帆に恋をしていてデートに誘いたいが一歩踏み出せないと相談していたのだ。
 
すると、上野は女性をデートに誘う時に注意すべき点について話し始める。
女性をデートに誘う時、特に花火大会など事前に色々と準備が必要なデートの時は、直前に誘うのはNG。
 
さらに人は暇な人間だと思われたくないため直前の誘いは断られる可能性が高いのだとか。
とはいえ、2〜3ヶ月先のデートに誘うのもNG。
「デートの誘いは早すぎても遅すぎてもダメ。相手の心情や状況に合わせて適切なタイミングで誘うべき」
上野はそう拓海に指南。
指南を受けた拓海は、里帆を今度行われる五反田花火大会に誘うことに決めるのだった。
 
 
麻衣が帰国
その後、拓海へのの指南を一緒に聞いていた佐奈は、勇気を振り絞り一条を五反田花火大会に誘う。
すると一条は「いいよ」と答え、2人で花火大会に行くことが決まる。
 
その後、佐奈はそれを里帆に報告し「一緒に浴衣を買いに行こう」と盛り上がっていると、むちゃカフェに麻衣がやって来る。
麻衣はピエールと一緒に日本に帰国して来たのだ。
麻衣と初対面を果たした佐奈は複雑な表情を浮かべる。
するとそこに一条がやって来て、麻衣とピエールがいることに驚き、気まずい雰囲気になり一条はその場から走り去る。
 
しかし実は麻衣とピエールが付き合っているというのは一条の勘違いで、2人は付き合ってなどいなかったのだ。
そんなことは知らない一条は、屋上で1人泣いていた。
すると、上野が一条に声をかけ、一条は麻衣のことを勝手に決めつけて勝手に悲しんでいるだけだと話す。
「状況を冷静に見極め、間違った判断を下さず最善を尽くすことが大切」
上野はそうアドバイスするのだった。
 
 
佐奈が驚きの宣言
その後、麻衣は一条の誤解を解こうと五反田キングダムのフロントへ。
 
しかし、そこには一条の姿は無く、対応したのは佐奈。
一条を探す麻衣に佐奈は「私、一条さんと付き合っています!」と宣言。
 
それを聞いた麻衣は突然のことに驚き「そうなんだ…」とショックを受けた様子で、五反田キングダムから走って出ていくのだった。
第10話の感想はここをクリック
今回は上野によるデートの誘い方の恋愛指南、麻衣の帰国、佐奈の恋など、盛りだくさんの内容で見応えがありました。
 
上野による恋愛指南は今回も勉強になりました。
 
デートの誘いは早すぎても直前でもダメで、相手の状況や心情などを見極めなければならないということでしたが、それを見極めるのもなかなか難しいだろうなと思いました。
 
そして中盤にはフランスのパリに行っていた麻衣が突然彼氏疑惑のピエールと一緒に帰国してくるという驚きの展開でした。
 
結局ピエールとは付き合っていないことが判明しましたが、一条の立場になると、付き合っていないとはいえ2人で日本にやって来る時点であまり良い気持ちでは無いだろうなと思いました。
 
今回の終盤で一条は、麻衣とピエールが付き合っていると勘違いしていたことに気づいたようですが、その一方で、佐奈が麻衣に「自分は一条と付き合っている!」と宣言するという驚きのラストでした。
 
どちらかが歩み寄ろうとするとどちらかが離れてしまうという一条と麻衣の関係性にもどかしさを感じながら、次回の最終回2人はどうなってしまうのかと気になるラストでした。
 
次回の最終回、一条・麻衣・佐奈の三角関係がどんな結末を迎えるのか楽しみです。
<見逃し動画>第9話 「ウソつきは不倫の始まり」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第9話の公式あらすじ

【五反田キングダム】でアルバイトを続ける品川佐奈(古畑星夏)は、マネージャーの上野(本郷奏多)への想いを募らせ仕事が手に付かない。そんな佐奈の様子を気に掛けるバイトの先輩、相川千尋(大沢ひかる)が佐奈を飲みに誘う。
相川は行き付けのバーで、佐奈に恋愛アドバイスを始めるが、彼氏と会わなくてはいけなくなり、直ぐに店を出てしまう。すると、独り残された佐奈は、その場にいた会社経営者の大山(富田翔)から声を掛けられる。ドラマのようなシチュエーションと、大人の包容力で佐奈の話しに耳を傾ける大山の魅力にハマり、佐奈は大山に会うためにバーに通うようになる。
バーに行って以来、佐奈の様子がおかしく、バイトを定期的に休み始めている事を不審に思った相川は、バーのマスターを問い詰めると、大山の素性が明らかなる。しかし、心配する一条昇(柾木玲弥)や相川の説得に聞く耳を持たない佐奈。そんな中、上野は思いもよらない行動に出る・・・。
 
<出典>FOD公式

第9話のネタバレはここをクリック
佐奈、相川とバーへ
ある日、仕事中の佐奈は上野が最近外出ばかりでホテルにおらず会えないことを残念に思い、ため息をついていた。
 
そんな様子を見た相川は、佐奈を元気づけようと仕事終わりに佐奈を誘い、バーに飲みに行くことに。
そこのバーはかつて相川が三田に連れて来てもらったことがある、落ち着いた大人な雰囲気が漂うオシャレな場所。
相川は佐奈に上野のどんなところが好きなのかを尋ねる。
相川は「上野さんといるとドキドキしますが?人を好きなるということはそういうことだと思います」と佐奈に教える。
それを聞いた佐奈は本当に自分が上野のことが好きなのかどうか改めて考え直すのだった。
 
すると相川は彼氏との急用ができたと先に帰り、佐奈は1人でそこで飲むことに。
しばらくすると佐奈は店内にいた会社員・大山から声をかけられ、2人で飲むことに。
佐奈は「ドラマみたいな出会いかも…」と胸をときめかせる。
 
そして話の中で大山は会社を経営していることが判明し、その後も佐奈は日頃の愚痴や実家の話など様々な話を大山とし、2人は親しくなる。
そして佐奈がバーを去った後、大山は不敵な笑みを浮かべるのだった。
 
 
佐奈が心配な一条と相川
数日後、佐奈は再びバーを訪れ大山と一緒に飲んでいた。
すると、大山は「いつかは話さないといけないから」と実は自分が既婚者だと申し訳なさそうに告げる。
 
しかし大山曰く、妻とは別居中で近いうちに別れるつもりなのだとか。
「今は佐奈との時間を大切にしようと思っている」
大山はそう告白にも似た言葉を佐奈に言う。
突然の告白に佐奈は動揺し席を立ちトイレへ。
 
すると大山は不敵な笑みを浮かべるのだった。
「大山とこのまま関係を続けると不倫になってしまう」
悩む佐奈だったが、その後も佐奈はそのバーに通い、大山との時間を楽しむために毎週水曜日はバイトを休むようになる。
それを心配した相川は、バーのマスターに事情を問い詰め、大山と佐奈が親しくしていること、さらには大山が既婚者でかなりの遊び人だということを知る。
 
その後、相川と一条は、佐奈に大山との関係をやめるよう言うも、佐奈は「私悪いことはしてません!彼には私が必要なんです!」というスタンスで聞く耳を持たず、「わたしキングダムやめます!」と立ち去ってしまうのだった。
 
 
大山が本性を現す
その後、佐奈はバーにいる大山を訪ね、妻との関係などを問い詰める。
 
しかし、大山は別居中だと主張。
 
そんななか、佐奈はバーテンダーが上野だと気がつく。
 
その後、大山が電話で席を外した隙に上野は大山の言葉は不倫する男の常套句だと佐奈に教える。
そして大山が不倫しているかどうかを確かめるべく、佐奈の方からデートする店を決めてみてはどうかとアドバイス。
不倫する男は決まった場所で決まった曜日にした会えないため、その反応から大山が不倫しているかどうかを確かめられるのだとか。
「大山の自宅は目黒、職場は新宿ということで、もし大山が佐奈との関係が不倫ならば、その近辺の店は行きたがらないはずだ」
上野はそう佐奈に伝えるのだった。
 
その後、大山が席に戻ると、佐奈は「今度目黒か新宿の店に行きませんか?」と言うと、大山は遠回しにそれを断る。
それにより大山は佐奈に嘘をついていることが決定的に。
 
さらに上野は大山の身辺について調べていたようで、子どももいることを佐奈に伝える。
それを聞いた佐奈が驚いていると、大山は本性を現し「お前も俺が既婚者だと分かっていて近づいたんだろ?」と逆ギレ。
するとそこに、一条が乗り込んできて「佐奈ちゃんはあんたのこと真剣に好きだったんだぞ!」と大激怒。
大山はめんどくさそうにその場から立ち去るのだった。
 
その後、一条は五反田キングダムには佐奈が必要だから戻って来るように言う。
その言葉を聞いた佐奈はドキドキしてしまうのだった。
第9話の感想はここをクリック
今回は佐奈が相川に連れられていったバーで既婚者の会社員・大山にナンパされ、不倫に手を染めそうになるというストーリーで、視聴者の女子たちへの注意喚起のような内容でしたね。
 
佐奈も既婚者だと知りながら、別居中だと言う大山の言葉を信じ惹かれていき、一時はどうなることかと思いましたが、上野たちにより一線を越えることなく踏みとどまることができたのでひと安心の結末でした。
 
しかし、佐奈を口説いていた大山をもう少し懲らしめてスカッとする結末でも良かったのでは?と思いました。
 
実際に同じようなパターンで不倫関係になっている人たちは多くいるのだろうなと思いました。
 
世の女性たちは、今回の大山のような男に騙されないためにもこの話を見て勉強するべきなのかもしれないですね。
 
今回のラストには佐奈が一条の言葉にドキドキしてしまい、今後恋に発展しそうな新展開がありました。
 
そして次回は、ついに麻衣が帰国しますが、どうやら彼氏を連れて帰国して来るようです。
 
一条と麻衣と佐奈、この3人の恋模様がどうなっていくのか目が離せません。
<見逃し動画>第8話 「恋愛指南バトル!ニセ上野 現る!?」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第8話の公式あらすじ

「指南された通りに実践したら、ラブホに連れ込めた!」と、【むちゃカフェ】で盛り上がっている男性客。そのやり取りを目にした一条昇(柾木玲弥)は、【五反田キングダム】のマネージャー上野(本郷奏多)から恋愛指南を受けた事を話していると思い、聞き耳を立てていると、上野が口にしないセリフが聞こえてくる。不信に思った一条は、男性客から、指南した男の名刺を見せてもらう。そこには【鶯谷クイーンダム】と書かれている。
上野でなければ何者なのか?一条は不安を抱えながら【鶯谷クイーンダム】に向かうと、そこには、服装、声のトーン、お辞儀の仕方、全てが上野とそっくりなマネージャーの大塚(武田航平)が出迎える。驚きながら、大塚の正体を探るべく恋愛指南を受ける一条。果たして大塚は何者なのか?
 
<出典>FOD公式

第8話のネタバレはここをクリック
ニセ上野現る
一条はむちゃカフェで休憩をしていた。
すると上野から恋愛指南を受けたと思われる男性客の話が耳に入って来る。
 
しかしよくよく聞いていると指南を受けた相手は上野ではないようだ。
気になった一条は、その男性客からその指南してれた人物の名刺を見せてもらう。
その正体はラブホテル「鶯谷クイーンダム」のマネジャー・大塚という人物だった。
その正体を調べるべく一条は鶯谷クイーンダムに行くことに。
中に入るとその雰囲気は五反田キングダムと瓜二つ。
 
するとそこに大塚が現れる。
大塚の佇まいや話し方も上野そっくり。
早速、一条はニセの恋愛相談を大塚にする。
 
すると、大塚は「あなたはお友達ゾーンの男です!」と宣言。
それはかつて上野から恋愛指南された際にも言われた言葉だった。
「あなたは相手に安心感しか与えておらず、恋愛に発展するには緊張感も必要。安心感=優しさ・気配り・穏やかなどの居心地の良さ、緊張感=強さ・頼りがい・逞しさなどのトキメキ。相手をドキドキさせなければ恋愛に発展することはない」
大塚は一条にこう恋愛指南をする。
この言葉もかつて上野が一条に話していたのと全く同じなのだった。
 
しかし最後に大塚は「もし女性を口説ければ、それは私のおかげだから必ず当ホテルに連れて来るように」と脅しとも取れるような口調で言う。
その最後の言葉だけは上野とは違うと感じると一条だった。
 
 
上野VS大塚
その後、五反田キングダムに戻った一条は佐奈に大塚のことを話す。
 
すると佐奈は「ニセモノのせいで上野の評判が落ちたら困る」と一条と2人で鶯谷クイーンダムに行くことに。
ホテルに到着すると佐奈と一条は大塚に自分たちが五反田キングダムで働いていることを明かし、なぜ上野のマネをしているのか?と問い詰める。
 
すると、大塚は上野は尊敬し手本にして接客しているだけだと反論。
それを聞いた佐奈は手本にしている割には客室の掃除が行き届いていないこと、恋愛指南に料金をとっていることなどを指摘。
すると大塚は「上野さんは甘いんですよ…」と本性を現し、全てはビジネスのためだと主張。
そんな話をしているとそこに上野がやって来る。
どうやら上野と大塚は知り合いのようだ。
実は大塚はかつて五反田キングダムで働いていたのだ。
 
そしてどちらが恋愛コンシェルジュとして優れているのか勝負をすることに。
勝負の形式は一つテーマを決め、それについてそれぞれが恋愛指南をするというもの。
テーマは「初めて女性をホテルに連れて行く際のテクニック」で勝負が始まる。
 
まずは大塚のターン。
大塚はダブルバインドという心理テクニックを使う、女性の手を握り反応を見るなど、かつて上野が恋愛指南していた内容を話し、「これは机上の空論!成功率30%のゆるいテクニックだ!」と展開。
 
そして大塚は、「女性の腰に手を回し、強引に男らしくホテルに誘導するべき!これは成功率90%だ!」と豪語のだった。
 
 
勝負の行方は…
次は上野のターン。
 
上野は大塚のテクニックだと例えホテルに連れ込めたとしても1度きりの関係で終わり恋人には発展しないと反論。
「”自分本位の強引さ=男らしさ”ではない。余裕こそが真の男らしさ」
こうして上野は大塚のテクニックの穴を指摘する。
 
そして次に上野は女性をホテルに連れて行くためのテクニックを話し始める。
「ダブルバインドの手法はテレビなどでも紹介されみな知っているから行ったところでバレてしまう。なのでダブルバインドがバレた状況を上手く使いホテルに連れて行くべきだ」
上野はそうは言うのだった。
 
こうして勝負は上野の勝利で幕を閉じる。
すると大塚は自分がこうなったのは上野のせいで、「上野は過去に自分の恋愛を潰したんだ!」と言う。
実は大塚は上野から恋愛指南を受けるために五反田キングダムで働き始めるも、上野は理由も言わずその恋をあきらめるよう大塚に告げた。
大塚は納得できず意中の相手に告白するも彼女は何も言わずに姿を消したのだ。
その経験から上野を見返すためにニセ上野となったのだった。
それを聞いた上野はある女性を呼び込む。
その女性は大塚が上野に恋愛相談をしていた意中の女性。
実はその女性も当時大塚のことが好きだったが、海外留学が決まっていてそれを打ち明けられないでいた。
 
それを知った上野はあえて嫌な役回りを担い大塚にその恋をあきらめるよう言っていたのだ。
それを知った大塚は上野について勘違いしていたと心を改める。
そして留学も終わり帰国した彼女は大塚のことが好きだと告げ、2人は付き合うことに。
 
そして数日後、大塚と彼女は五反田キングダムを訪れるのだった。
第8話の感想はここをクリック
今回はニセ上野ことラブホテル・鶯谷クイーンダムの大塚が登場し、上野が大塚と対決するというストーリーでした。
 
実は大塚は過去に五反田キングダムで働いていて、上野に恨みがあったと判明する場面は驚かされました。
 
上野を恨んでいる割には、鶯谷クイーンダムのホテルの雰囲気や服装などが全て五反田キングダムのパクリで、大塚自身の出立ちもそのまま上野だったのが面白かったです。
 
最終的には当時上野は大塚のこと思い彼女を諦めるよう言っていたことが判明し、そこに彼女が現れ大塚は時を経て彼女と付き合うことになるというハッピーエンドでした。
 
一時はどうなることかと思いましたが、きれいにまとまり良かったです。
 
次回はどんな展開が待ち受けているのか楽しみです。
<見逃し動画>第7話 「リア充とはなんだ?」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第7話の公式あらすじ

大学の知人に、バーベキューに誘われた品川佐奈(古畑星夏)は、リア充であることをアピールし、一条昇(柾木玲弥)に自慢する。そのやり取りを目にした上野(本郷奏多)は、営業活動を行うため、佐奈が誘われたバーベキューに一条と共に参加する。
ところが、バーベキューにいたのは、リア充とは程遠い佐奈を「姫」と慕う取巻きの男子学生3人だけ。実は、バーベキューをやりたいと言い出したのは佐奈自身で、他にも参加者を集めるよう彼らに頼んでいた。メンバーを揃えられず、しかも手際が悪い彼らに対して、機嫌を損ねていく佐奈。
そんな中、佐奈と同じ大学の同期である立花祐介(高崎翔太)を中心にした、本物のリア充グループと出会ってしまう。しかもそこには、大学で目立っている高島加奈子(立石晴香)ら美女3人もいる。佐奈は逃げるようにその場を立ち去ろうとするが、上野の提案で、一緒にバーベキューをすることになる。
気まずそうに立ち振る舞い、リア充グループを避ける佐奈に、上野は・・・。
 
<出典>FOD公式

第7話のネタバレはここをクリック
バーベキューでリア充グループと遭遇
佐奈が友人とバーベキューをするということで、上野と一条も「五反田キングダムの宣伝活動に絶好の機会だ」と一緒に行くことに。
リア充をアピールしていた佐奈だったが、現地に到着すると佐奈の友人というのは大学でさなのことをチヤホヤしている童貞3人組だけ。
 
それを知った佐奈は不機嫌になりながらもバーベキューが始まる。
すると、上野は近くでバーベキューをしていた別のグループに声をかけ、五反田キングダムの営業活動をしていた。
するとそのグループが佐奈と同じ大学で同期の祐介たちだと判明する。
 
彼らは本物のリア充グループで男2人女3人でバーベキューをしていたのだ。
佐奈は大学入学当時、彼らと仲良くなりたいと思っていたが、勇気が出ずに仲良くなれず、キラキラした祐介たちと自分を比べ劣等感を感じ、彼らを避けていたのだ。
 
そんな祐介たちと遭遇したことで戸惑う佐奈は、上野を連れて自分のグループに戻ろうとしていると、祐介は「全然いいよ!大勢の方が楽しいから」と言い一緒にバーベキューをすることに。
リア充グループの女子はミスコン優勝者や読者モデルなど美女ばかりで、一条は浮き足立つ。
 
一方、佐奈のグループの童貞3人組もリア充グループの美女たちに心を奪われてしまい、そんな様子を見た佐奈は複雑な気持ちになり1人バーベキューの輪に入れないのだった。
 
 
佐奈の複雑な思い
そんななか、上野はこのバーベキューについて、リア充グループの祐介がリーダーとしての役割を完璧にこなしていると感心。
バーベキューには肉を焼く係など様々な役割があり、祐介は状況を把握し各所に適切な指示を出し、みんなが楽しめるようにこの場をコントロールしていると、冷静に分析をしていた。
「バーベキューは仕事を伴う遊びです。よって自分のすべき役割に徹することが大切」
上野は一条にそう話すのだった。
 
一方、佐奈は落ち込んだ様子でバーベキューの輪に入れずにいた。
すると祐介が佐奈に声をかけバーベキューの輪に入れる。
祐介たちリア充グループは佐奈の名前を知らず、悪気がない様子で佐奈に名前を尋ねる。
改めて自己紹介する佐奈は、辛くなり」ちょっとトイレ行ってくる…」と、その場から立ち去ってしまうのだった。
 
その後、佐奈はリア充グループたちから離れて1人歩いていた。
するとチャラい雰囲気の男2人組がナンパして来る。
「可愛いね」とチヤホヤされ、佐奈はまんざらでもない様子でその男2人組について行くことに。
 
その後、佐奈はその男2人組から酒を無理やり飲まされそうになり困っていると、心配になって探しに来た一条が登場し佐奈を連れ戻そうとする。
すると男2人組は一条を突き飛ばす。
 
しかし一条は「大切な後輩ですから…」と佐奈の手を引き男2人組から佐奈を救出するのだった。
 
 
佐奈の役割
その後、佐奈は一条と2人で話していた。
そこで佐奈はリア充グループと上手く馴染めず、劣等感を感じてしまう気持ちを明かす。
すると一条は「あんな風にならなくても良いじゃん」と励ますのだった。
 
一方、上野は「バーベキューは仕事ができるかできないかを見極める場所。グループの信頼を得られれば合コンやデートに繋げることができる」と、童貞3人組にバーベキューでの立ち振る舞いを指南していた。
そしてしばらくして一条と佐奈が戻って来て、佐奈は上野と話すことに。
 
そこで佐奈はリア充グループと馴染めないことを相談。
すると上野は「あの人たちは広く薄い交友関係でも大切だと考えているのです」と佐奈に言い、「広い交友関係を楽しむのか?気の合う人と深い関係を築くのか?は人それぞれだがどちらにせよ努力は必要」と指南。
それを聞いた佐奈は「私はあの人たちが羨ましい…」と本音を吐露。
するの上野はバーベキューでの女子の立ち振る舞いは「楽しく遊び、美味しそうに食べる。しかし準備の時は手伝うなどメリハリを効かせる。そうすることによって女子に喜んでもらいたいという男子の欲求に応得ることが大切」だと話す。
さらに上野は必要とされる役割を探すべきだと佐奈に言うのだった。
それを聞いた佐奈はテーブルの後片付けをするなど自分の役割を探し全う。
 
するとリア充女子も佐奈を手伝い、その片付けの中で佐奈はリア充女子たちと仲良くなり、佐奈はリア充女子たちと連絡先を交換するのだった。
第7話の感想はここをクリック
今回は佐奈が取り巻きの童貞たちとバーベキューに行くも、そこで大学のキラキラした1軍のリア充グループと遭遇しら気まずくなってしまうというストーリーでした。
 
佐奈は彼らへの羨ましさから勝手に劣等感を感じる避けていただけで、上野のアドバイスもあり最終的には佐奈は彼らと仲良くなりハッピーエンドでした。
 
自分も学生時代はどちらかといえば佐奈の立場に近かったので、佐奈の気持ちには共感できる部分がありました。
 
バーベキューでの立ち回りは仕事にも通ずるということで、逆を言えばバーベキューに行けば仕事ができる人がどうかが分かるということなのでしょうね。
 
次回はニセ上野が登場するということで、上野vsニセ上野の戦いがどんな展開を生むのか楽しみです。
<見逃し動画>第6話 「キャバクラ純愛物語」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第6話の公式あらすじ

一条昇(柾木玲弥)の様子がおかしい。仕事中に職場の金庫や客の財布を怪しい目つきで見つめ、清掃員の三田悦子(麻丘めぐみ)にお金を借りようとする。夜の勤務シフトも減らしている。
不審に思った品川佐奈(古畑星夏)と三田は、一条を尾行し、綺麗な女性と楽しく食事をする現場を突き止める。その女性を見た三田は「なぜ麻衣ちゃんが?」と口にする。【むちゃカフェ】の元店員で、現在はパリで料理の修業中であり、一条が恋い焦がれる、中瀬麻衣(松井愛莉)らしき女性だった。麻衣の帰国を知らない二人は、更に尾行を続けると、一条とその女性は楽しそうにキャバクラに消えていく。
麻衣らしきキャバ嬢にハマり、キャバクラに入り浸る一条。その真相を突き止めるべく、上野(本郷奏多)は佐奈とキャバクラに潜入する・・・。
 
<出典>FOD公式

第6話のネタバレはここをクリック
一条、キャバクラにハマる
一条は三田からお金を借りようとしていた。
 
さらに最近一条は夜の勤務シフトを減らすなどさていてその様子を不審に感じた佐奈と三田は一条を尾行することに。
するとそこで2人は一条と麻衣がレストランから出て来るのを目撃。
さらに尾行すると2人はキャバクラに入っていくのだった。
 
翌日、佐奈と三田はそのことについて一条に問い詰める。
すると昨晩一条と一緒にいた女性は麻衣ではなくキャバクラ嬢のカレンという女性だったことが判明。
実は一条は麻衣そっくりのキャバクラ嬢・カレンにハマり、そのキャバクラに通い詰めていたのだ。
一条が夜の勤務を減らしていたのも、お金を借りようとしていたのもそのためだったのだ。
 
それを知った上野は失望し、一条のことを軽蔑した目で見ていて、一条は上野に平謝りするのだった。
 
 
佐奈と上野がキャバクラに潜入
その晩、一条はこの日もカレンのキャバクラに来ていた。
そこでカレンに仕事の愚痴を吐く一条。
酒に酔った一条はいつものようにカレンのことを麻衣と呼んでいて、一条の話を聞くカレンは複雑な表情を浮かべるのだった。
 
数日後、一条は仮病で仕事を早退しカレンのキャバクラに行こうとするも、そのことが佐奈にバレて失望されてしまう。
そんな様子を見ていた上野は「ひとつお願いがあります」と佐奈に頼みごとをするのだった。
 
その後、カレンが働くキャバクラに佐奈はキャバ嬢として、上野はボーイとして体験入店することに。
上野の頼みは2人でキャバクラに潜入することだった。
こうしてキャバ嬢として客の接客をすることになった佐奈だったが、客のセクハラまがいの言動に困ってしまう。
すると、隣にいたカレンが客に話しかけ、佐奈を助けるのだった。
 
その後、佐奈はスタッフルームでカレンと話していた。
そこで佐奈はカレンに助けてくれたことの感謝を伝える。
そして話題は理想の男性のタイプについて。
カレンは理想のタイプについて「お金持ちの人」と、佐奈に話す。
そしてカレンは今気になる人はいるが、キャバ嬢を始めてから気まずくなってしまったことを明かすのだった。
 
その後も佐奈は接客をするも思うようにうまくいかず落ち込むのだった。
そして仕事を終え佐奈とカレンが外で話していると、ある男性が通りかかる。
その男性はカレンが話していた”今気になる人”で、カレンが声をかけるも配達の仕事中の彼は素っ気無い態度でその場から立ち去ってしまうのだった。
 
その後、佐奈はカレンには気になる人がいて、その人とはあまりうまくいっていないということを上野に報告するのだった。
 
 
上野がカレンに指南
その後、上野はカレンが接客する隣でキャバ嬢が客に個人のものと称して仕事用の連絡先を渡す理由などを呟き、客を冷めさせてしまう。
それを聞いたカレンは上野を呼び出し「仕事の邪魔をするな」と説教。
 
しかし上野は「強引な接客で客を潰してしまうのはもったいない」と反論。
それを聞いたカレンは「キャバ嬢の賞味期限は短いから稼げるうちにかせいでおかないとと…」と自分のスタンスについて説明。
 
すると上野は「稼いだ金=愛とは限らない」と言い、同じ100万円の指輪でも年収1億円の人が買うのと年収300万円の人が買うのとではその労力も思いも変わって来ると説明。
「愛の重さや幸せはお金だけでは測れない」
上野はそう言うと、カレンに幸せとは何かを問う。
すると、カレンは今でも気になっている男性・中野と話している時が頭に浮かぶのだった。
 
その後、仕事を終えたカレンが帰宅しようとしていると、店の前に中野の姿が。
すると中野はカレンに誕生日プレゼントとして万年筆を渡す。
実はカレンの将来の夢は小説家で過去にそれを話していたことを中野は覚えていたのだ。
そして2人は仲良さげに一緒に帰っていくのだった。
 
その後、一条が仕事をしているとカレンが中野とホテルにやって来る。
カレンは中野と付き合い始め、キャバクラを辞め小説家という夢を追っているのだとか。
カレンに彼氏がいることを初めて知った一条は複雑な気持ちになりながらも、2人をホテルの部屋に見送るのだった。
第6話の感想はここをクリック
今回は前シーズンで夢を追いパリに行った麻衣が再登場したと思いきや、彼女は麻衣そっくりのキャバ嬢・カレンでした。
 
そして上野と佐奈がそのキャバクラにスタッフとして潜入し、カレンに恋愛指南するというこれまでとは少し違ったストーリー展開でした。
 
今回の恋愛指南は恋愛という枠を越えて人生についてのアドバイスという感じでしたね。
 
「愛の重さや幸せは、お金では測れない」という上野の言葉は良い言葉だなと思いました。
 
ラストには上野からアドバイスをもらったカレンが険悪な雰囲気だった彼氏と無事に仲直りができ五反田キングダムを訪れるというハッピーエンドでした。
 
次回はどんな展開が待ち受けているのか楽しみです。
<見逃し動画>第5話 「磨いて光って恋をして!?」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第5話の公式あらすじ

上野(本郷奏多)から「イイ女」になる素質があると告げられた品川佐奈(古畑星夏)は、これまでとは見違えるほど仕事を頑張り、先輩の一条昇(柾木玲弥)を驚かせる。同時に、好意を寄せる上野につきまとい始める。
そんな佐奈を煩わしいと思う上野は、「上野以外にイイ男が存在しない」と言い放つ佐奈に対し、見た目だけでは気付かない、磨けば光るイイ男もいる事を佐奈に伝え、ある任務を与える。
一条は上野が佐奈に関心を寄せていると感じ、自信を失っていく。さらに、パリで夢に向かって頑張っている中瀬麻衣(松井愛莉)と自分を比べ、ますます落ち込んでしまう。
そんな様子を感じた上野は、一条に対して【五反田キングダム】の売上げを上げる任務を与える。
佐奈と一条は、上野からの任務を遂行しようと頑張るのだが・・・。
 
<出典>FOD公式

第5話のネタバレはここをクリック
仕事に精を出す佐奈
上野から「いい女になる素質がある」と言われた佐奈は、その嬉しさから見違えるほどに仕事に精を出し始め、一条の仕事の甘さを指摘するようになっていた。
「私この仕事頑張ります!そして絶対いい女になります!」
佐奈は上野にそう言うと、上野は「期待しています」と答えるのだった。
 
その晩、仕事を終えた佐奈は上野のプライベートを知るために帰宅しようとしている上野を尾行。
 
しかし、すぐに巻かれてしまい見失ってしまうのだった。
 
翌日、一条が佐奈の変化に驚いていると佐奈は弁当を作ってきたと自分が作ってきた弁当をみんなに見せる。
その弁当はお世辞にも美味しそうと言える見た目ではなく、三田は「なかなか個性的ね…」と戸惑っている様子。
「見た目はあれですけど、味はおいしいですよ!」
佐奈はそう上野に言おうとするも、上野はその場から立ち去っていた。
佐奈は仕方なくその弁当を一条に食べてもらうことにするのだった。
 
 
磨けば光る男
その後、一条がむちゃカフェで休憩していると雑誌に麻衣が働くパリの店が掲載されていた。
さらに麻衣は重要な仕事を任されているようで、それを知った一条はパリで夢に向かって頑張っている麻衣と自分を比べ、落ち込むのだった。
 
そんななか、佐奈は上野に付き纏っていた。
困った上野は「周りにいい男はいないのか?」と佐奈に尋ねる。
どうやら佐奈は上野にゾッコンのようで「上野さんに比べたら周りはゴミみたいなもの」とバッサリ。
それを聞いた上野はさなへの恋愛指南を始める。
上野曰く、この世界にはには”良い男”と”そうではない男”がいて、さらに第3の男である”磨けば光る男”がいるのだとか。
 
そして上野は佐奈が磨けば光る男を見つけれるように大学前でポケットティッシュを配るよう命じる。
そのティッシュには上野からの一言恋愛指南が書かれた。
その後早速佐奈は「こんなんで磨けば光る男と出会えるのかなぁ…」と不信感を抱きながらも大学前でティッシュ配りをすることに。
 
 
売上アップの方法を考える一条だが…
一方、上野は一条に売上アップする方法について考えるよう仕事を任せられていて、その仕事に精を出す。
 
すると一条はリピーターを増やし毎回新鮮な気持ちを味わってもらうために家具の配置などを定期的に変える案を実践してみる。
しかし毎日家具の配置を変えられるはずもなく断念。
そしてその晩、一条は佐奈のカバンについていたキーホルダーから「五反田キングダムのゆるキャラを作ろう!」と思い立ち、そのキャラを佐奈と描き始める。
 
しかし、しばらくして着ぐるみ作成の費用がないこと、着ぐるみを着る人を雇わなければならないということで断念するのだった。
その後、一条は映画館のような”レディースデイ”を思いつくも、「ホテルに女性無しでやってくる人などいない」という相川の指摘により一瞬でこの案は無くなってしまうのだった。
 
翌日、上野はこの日も佐奈にティッシュ配りを命じていた。
この日のものは昨晩とは違う一言恋愛指南が書かれていて、佐奈は昨日と同じ大学前でティッシュ配りを行うのだった。
 
その後、佐奈が事務所に戻ると一条は売上アップの方法について考えていた。
そこで佐奈は、一条が喜ぶことをすれば客も喜ぶのでは?と提案。
そして考えた一条は”童貞割引”という割引を設けることに。
ナイスアイデアかと思われたこの案でしたが、蓋を開けてみると明らかに童貞じゃない男が料金を安くしせようと「自分は童貞だ」と言ってきたり、逆に童貞の男は一緒にいる女性に良い格好をして自分が童貞ではないと言ったりしてこのサービスは上手くいかないのだった。
 
 
磨けば光る男の意味
翌日、佐奈はこの日も上野からティッシュ配りを命じられる。
 
しかし、この日のティッシュには上野の一言恋愛指南は書かれていないもの。
「ティッシュを渡した人をよく観察すれば、磨けば男が見えてくる」
上野は佐奈にそう言うのだった。
 
その後、ティッシュを配る佐奈はこれまでティッシュを受け取った人を観察。
しかし、上野の一言恋愛指南を実行していないことがわかり、肩を落とすのだった。
 
その後、ホテルに戻った佐奈は上野から「ティッシュに書いていたことはみながそれが良いことだと分かることだが、それを実行にうつせる人は少ない。それを行動にうつせる人が”磨けば光る男”だ」と説明。
するのそこに一条がやって来る。
実は一条はティッシュに書かれていた上野の一言恋愛指南を実行していた。
それを知った佐奈は「一条先輩が磨けば光る男…」と一条を見る目が変わるのだった。
第5話の感想はここをクリック
今回は上野が佐奈に恋愛指南するというストーリーでした。
 
「磨けば光ること男の見つけ方」を教えてもらった佐奈でしたが自分の周りの荷なかなかそれに該当する男はおらず、最終的には一番近くにいた一条がそれに該当し佐奈がドキッとする結末でした。
 
恐らく上野はこのような展開になることを予想した上で佐奈に恋愛指南をしていたんでしょうね。
 
この話を観ながら自分も良いと思ったことは行動に移すべきだなと考えさせられました。
 
今回の話をきっかけに、佐奈と一条の関係性に変化がありそうなので次回以降その行方が気になるところです。
 
次回は前シーズンで夢を追ってパリに行った麻衣が登場するようです。
 
次回予告を見る限り、どうやら挫折して帰国して来た感じでした。
 
一体麻衣に何があったのか気になります。
 
次回はどんな展開が待ち受けているのか楽しみです。
<見逃し動画>第4話 「イジられたい女たち」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第4話の公式あらすじ

品川佐奈(古畑星夏)は、【五反田キングダム】でアルバイトを続けているが、男性客には愛想を振りまき、相変わらず仕事は手を抜き、先輩の一条昇(柾木玲弥)の前でもサボる始末。そんな佐奈の働きぶりに上野(本郷奏多)は、ある計画を実行に移す。
一条を従え、佐奈が通う大学キャンパスに潜入する上野は、佐奈を「姫」と呼びチヤホヤしているオタク系な三人の男子に接触。佐奈を口説こうとしている三人に対し、女性との出会いが無く、出会っても仲良くなれないから童貞であると指摘し、ある思惑から恋愛指南を施す。その様子を見た佐奈は、彼らが自分を振り向かせるために指南を受けていると思い込むが・・・。
 
<出典>FOD公式

第4話のネタバレはここをクリック
佐奈をチヤホヤする童貞三人衆
佐奈は清掃員・三田に「美人だと」ヨイショしていた。
すると三田は過去にミス五反田に任命されたことがあると佐奈に話すのだった。
 
その後、ホテルにローション業者・菊池がやってくると佐奈は菊池にもヨイショ。
そんな様子を見ながら一条は仕事をサボる佐奈のことが嫌になり始めていた。
 
そんななか、上野は佐奈が通う大学に潜入。
そこで佐奈は「姫」と呼ばれ、童貞男子三人衆からチヤホヤされていた。
その三人衆はそれぞれ違う分野のオタクで佐奈を褒め何とか親密になろうとするもうまくいかないのだった。
 
 
女性の正しいいじり方
その後、佐奈が去ると三人衆の前に上野が登場。
「このままでは佐奈はおろか、彼女を作ることすら難しい」と告げる上野は、三人衆に男女の出会いは人の連鎖だと説明する。
つまり、好みではない女性とも親しくすることでその人から好みの女性を紹介してもらうという方法があると指南するのだった。
 
その後、上野は三人衆+一条に「女性の正しいいじり方」について教えることに。
上野はまず、優しいいじり方と強引ないじり方どちらが良いかを童貞4人に問う。
すると童貞4人は「優しい方」と答えるも、実はどちらのいじり方も不正解。
雑誌などでは女性が好きな男性のタイプで「優しい男」はいつもトップだか、優しいだけでは物足りないからモテないとバッサリ。
「極端ないじりは厳禁」と話す上野。
「極端ないじり」とは、暴言・セクハラ・タブー。
 
まず”暴言”は、言葉通り相手を傷つける言葉。
 
次に”セクハラ”は、女性の体についての話をすること。
“頭なでなで”や”壁ドン”などもセクハラに該当するのだとか。
それを聞いた童貞たちは「それらは女性がキュンとするのでは?」と質問。
すると上野は「それらはイケメンのイケメンによるイケメンのための技法です!あなたたちはイケメンではないので一生無理です!」とバッサリ。
 
次に”タブー”は、女性が他の人に知られたくないこと。
過去に付き合った人数などがそれに該当する。
 
それを聞いた童貞たちは自分たちは佐奈に対して極端ないじりをしていたのかと反省するのだった。
 
 
童貞三人衆、童貞卒業へ
上野は童貞たちにどのようないじりをしたらよかったのかを実践形式で教えることに。
そこでは勝手にポジティブなキャラ付けをすること、ギャップを指摘することが大切だとは指南。
そして最後に上野は「もしうまく行った際には五反田キングダムにお越し下さい」と言い、童貞たちに名刺を配るのだった。
 
数日後、童貞3人衆は上野からの教えを実行。
するの1人はタイプではないサークルの女子と仲良くしたことでタイプな女性を紹介してもらうことに成功。
もう1人はサークルの女子マネージャーに勝手にポジティブなキャラ付けをしいじったことで、彼女のハートを射止めることに成功。
 
そしてもう1人は普段美人で大学のマドンナが実はゲーム好きなオタクだったことを知り、「そんなアナタも素敵」とギャップを指摘。
それにより大学のマドンナのハートを射止めることに成功するのだった。
 
一方、一条は上野から教えてもらった「女性の正しいいじり方」を相川で試そうとするも「使い方間違えてます」と言い、すぐに上野から指南されたテクニックだと見抜きどこかに行ってしまう。
そんななか、童貞三人衆がそれぞれハートを射止めた相手と五反田キングダムにやって来る。
それらを接客した一条は嬉しくなる。
 
そんななか、佐奈はこれまで自分のことをチヤホヤしてくれていた童貞三人衆がそれぞれ女性を連れて五反田キングダムに来ている様子を見て不機嫌な表情を浮かべるのだった。
 
その後、佐奈が屋上でため息をついていると上野がやって来て声をかける。
上野は「チヤホヤする=モテる、ではない」と言い、童貞三人衆にとって佐奈はただのヤリたい女だったとバッサリ。
しかし上野は「佐奈は本当はいい女だと思う」と言い、「もしここでこれからも働いてくれるならいい女になる指南をする」と言う。
するの佐奈は「これからも働くので教えてください!」と頭を下げる。
 
その日以来、佐奈は仕事にやる気を持って臨み、その様子を見た一条は驚くのだった。
第4話の感想はここをクリック
今回は上野が一条を含む童貞たちに女性のいじり方について指南するというストーリーでした。
 
上野から指南を受けた童貞3人が、その服の色や雰囲気からのび太とスネ夫とジャイアンを模していて面白かったです。
 
「女性は理想のタイプとして優しい人と挙げるが、優しいだけではモテない」という言葉は「確かにそうだな」と思いました。
 
出会いの連鎖について上野が指南する場面も勉強になりました。
 
確かに友人の紹介で付き合うパターンって多いですもんね。
 
女性へのいじり方について上野が童貞たちに指南する場面では、ポジティブな決めつけによるいじりや、ギャップの指摘など学びのポイントが多くありました。
 
次回はどんな展開が待ち受けているのか楽しみです。
<見逃し動画>第3話 「恋活パーティ―完全攻略法!!」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第3話の公式あらすじ

【むちゃカフェ】のカウンターで、区役所職員の宮武(大谷幸広)がため息をついている。五反田地域活性化イベントの企画を任され頭を抱える宮武に、【五反田キングダム】マネージャー上野(本郷奏多)が、「仕事に行き詰まるのはプライベートがうまくいっていないから」と指摘し、宮武が恋愛に飢えていると言い当て、「仕事と恋を解決するには、恋活パーティーをやればよい」と指南する。
恋活パーティー当日。
受付では、一条昇(柾木玲弥)と品川佐奈(古畑星夏)が参加者たちの対応をし、【むちゃカフェ】マスター室田平吉(聡太郎)と高校生アルバイト大崎里帆(天野菜月)がフードスペースで準備を進めている。そんな中、上野は、ある思惑から宮武をパーティーに参加させる。
恋活パーティーはスタートしたが、恋愛慣れしてない男性達は、美人の真美(岸明日香)に群がる。そこには宮武の姿も・・・。パーティーの様子を静観していた上野はふがいない男性陣を見かねて動き出した・・・。
 
<出典>FOD公式

第3話のネタバレはここをクリック
恋活パーティー
上野はいつものようにむちゃカフェでパンケーキにはちみつをたっぷりかけ食べていた。
 
すると、店に区役所職員・宮武がやって来る。
宮武は五反田の地域活性化のイベントを担当していてどんなイベントをすれば良いか悩んでいた。
上野はすぐに宮武に彼女がおらず恋愛をしていないことを見抜き、発想が生まれないのはそのせいだと指摘。
 
そして上野は恋活パーティーを開いてはどうかと宮武に提案するのだった。
 
その後、宮武は上野の提案通り恋活パーティーを開くこととなり五反田キングダムのスタッフも受付など色々と手伝うことに。
そして上野の号令と共に恋活パーティーがスタート。
 
そんななか男性陣は1人の女性に集まる。
するとある紳士的な男性がやって来てドリンクを取りに行こうと誘い、その女性とツーショットに持ち込むことに成功。
その男性は女性が男性たちに話しかけられドリンクを取りに行けていないことに気がついていたのだ。
 
そのような気配りが大切だと上野は置いてけぼりの男性陣にアドバイスするのだった。
「あなたたちの敗因は緊張です。緊張があるから会話はぎこちなくなり気配りもできなくなる。まずは話しかけやすい女性と話し、緊張を解くべきだ」
上野はそう指摘するのだった。
 
 
5W1H
その後、参加者としてパーティーに参加していた宮武は上野に背中を押されユリコという女性に声をかける。
しかし、宮武は緊張から会話がうまくいかない。
 
すると上野は宮武を呼び出し質問内容について忠告する。
「このようなパーティーに何度も参加しているかどうかなど知られたくないことを質問するのはご法度」
そう忠告すると宮武は落ち込み肩を落とす。
 
すると上野は会話を上手く行うために大切な「5W1H」について説明。
5W1Hとは、When(いつ)、Where(どこで)、Who(だれが)、What(何を)、Why(なぜ)、How(どのように)。
これは1つの話題から会話を展開させるためのテクニックだと教えると、宮武は再びパーティー会場に戻るのだった。
 
その後、パーティー会場で女性たちが固まって話している様子を見た上野は、佐奈を会場に送り込む。
すると佐奈は男性陣に話しかけ愛想を振り撒気和気藹々と話す。
実は固まって話していた女性たちは勇気がなく男性に話しかけられずにいたのだ。
するとその女性たちのところに上野がやって来て、「このようなパーティーでは笑顔で愛嬌を振りまく八方美人でいいのです」とアドバイス。
 
それを聞いた女性たちはそれぞれ男性に声をかけに向かうのだった。
 
 
Rの質問
その後も、上野はパーティー会場を歩き回り、バイキングで順番待ちをしてる間も前に並ぶ女性に話しかけ時間を有効活用すべし、女性の興味のない話をしないなどアドバイスをして回る。
 
一方、宮武はお目当ての女性と話すも途中で別の男がやって来てその女性はその男と話し始める。
その様子を見た上野は宮武を呼び出す。
「あんなに会話が盛り上がっていたのに…」
そうショックを受ける宮武に上野は「彼女は会話を楽しんでいなかった」とバッサリ。
 
そして上野は”Rの質問”をすべきだと説明を始める。
Rの質問とは相手が「そうそう!」など”Right”で答えれるよう質問の末尾を「?でしょ?」「?だよね?」などにすれば好感度が高まるとアドバイス。
 
その後、宮武はパーティー会場に戻りアドバイスを元に女性に声をかけるのだった。
 
 
カップル成立なるか?
そして、パーティーは終盤に差し掛かり男性陣は上野の元に集まり告白相手を決めることに。
 
すると上野は、「好きなタイプの人に告白するのではなく、まずは女性に慣れるという意味でも、脈アリだと思った人に告白するように」とアドバイス。
それを聞いた男性陣は驚きながらも上野の指示に従うことにするのだった。
 
そして男性陣たちが告白を行う時間に。
宮武は無事にカップルを成功させ恋活パーティーは幕を閉じる。
 
そしてその後も全ての男性陣の告白は次々と成功し、そのカップルたちは五反田キングダムに流れ、ホテルは大繁盛。
実は男性陣の告白タイムの直前、上野は女性陣を呼び出し「”告白=友達になりましょう”という意味なので、生理的に無理でなければ告白にOKするように」と指示していたのだ。
 
さらに「カップルになった際には必ず食事に行き付き合うかどうかはその後に決めれば良い」とアドバイスしていたのだ。
こうして上野は恋活パーティーを成功させ、それに伴い五反田キングダムの売上アップを見事成功させるのだった。
第3話の感想はここをクリック
今回は五反田キングダムを中心に恋活パーティーが行われることとなりそこで上野が様々な恋愛指南を行うというストーリーでした。
 
今回も婚活などのパーティーでの立ち振る舞いなど「なるほど」と、勉強になる点が多かったです。
 
特に「5W1H」を使った会話術は、就職面接の自己PRの際に活用すると良いということは聞いたことがありましたが、今回の話を通じて恋愛においても活用できるんだなと勉強になりました。
 
最終的には全ての参加者がカップルになりそのままそのカップルたちは五反田キングダムに流れるという結末で、上野の恋愛テクニックと共に経営者としての手腕が発揮された回でしたね。
 
恋活パーティーの参加者も五反田キングダム側も全員がハッピーになるというきれいな終わり方でした。
 
次回はどんな展開が待ち受けているのか楽しみです。
<見逃し動画>第2話 「浮気と決めつける その前に・・・・・・」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第2話の公式あらすじ

上野さん(本郷奏多)の思惑にまんまとハマり、【五反田キングダム】でアルバイトをすることになった品川佐奈(古畑星夏)は、露骨にやる気がない態度で仕事をしている。一条昇(柾木玲弥)は、そんな佐奈に先輩風を吹かせているが、舐められてしまう始末。しかし、佐奈は好意を持っている上野に対しては愛想ふりまいている。
そんな中、佐奈は上野からの信頼が厚い相川千尋(大沢ひかる)に対して嫉妬心を抱く。しかも、相川には岡本(冨田佳輔)というイケメンの彼氏までいて気に入らない。
そんなある日、不真面目な仕事態度を相川から厳しく注意される佐奈は、【むちゃカフェ】で相川を待っていた岡本に接近し、とんでもない行動に出る・・・。
 
<出典>FOD公式

第2話のネタバレはここをクリック
佐奈の妬み
佐奈が五反田キングダムでバイトすることとなり一条は佐奈に仕事を教えていた。
 
しかし、佐奈のよいしょに乗せられ、結局面倒な仕事は一条がやるハメになってしまうのだった。
 
その後、佐奈は上野を誘い、一条と3人で一緒に昼休憩でむちゃカフェへ。
そしてランチを食べる3人は相川について話す。
一条や上野が相川について仕事ができる人だと話していると、それを聞いた佐奈は「私は仕事人間にはなりたく無い」と言うのだった。
 
すると、むちゃカフェに相川の大学院生の彼氏・岡本がやって来る。
岡本は大学が終わり相川が仕事を終えるのをむちゃカフェで待つのだとか。
相川に彼氏がいることを知った佐奈は「彼氏もいるんだ…」と仕事ができる彼氏もいる相川を妬むのだった。
 
 
佐奈の嘘
その後、佐奈は一条に彼女がいるかどうか尋ねる。
すると一条は遠距離中の彼女がいることを話すと、佐奈は妬む。
すると、その会話を聞いていた相川は一条にそんな質問はすると好きになられてしまうからやめた方が良いと忠告。
 
さらに仕事についても厳しく指導され、相川に対して苛立つ佐奈は、その鬱憤を晴らすためむちゃカフェにいる岡本に話しかけ誘惑するような言葉をかけるのだった。
 
その後、佐奈は岡本とLINEを交換し連絡を取り合っていた。
それを知った相川は激怒するも表には出さずにいると、佐奈は岡本からイタリアンを食べに行こうと誘われたと嘘をつく。
さらに佐奈は岡本が知らない女性と歩いているのを見たと嘘をつく。
それを聞いた相川は激怒し、その場から去っていくのだった。
 
その後、岡本の件で動揺した相川は仕事でミスをしてしまう。
そんな様子を見てニヤつく佐奈。
 
すると、上野が相川を心配して声をかける。
実は上野は佐奈が相川のことが気に食わずに陥れようとしていることを知っていたのだった。
 
 
浮気チェック
その後、上野は佐奈と一条をむちゃカフェに呼び出す。
 
さらにそこに相川と岡本がやって来る。
上野は今から相川が岡本に浮気チェックをすると言いその様子を伺うことに。
上野は浮気チェックに必要な項目を準備していて、岡本の行動をそれに当てはめていく。
まずはスマホの置き方。
岡本はテーブルに画面を上に置く。
浮気している場合浮気相手からのメールなどが見られたく無いために画面を下に置くことが多いのだとか。つまりこの項目はクリア。
次に相川が携帯を見せて欲しいと岡本に言う。
 
すると岡本は「いいよ」と即座に自分の携帯を手渡す。
浮気をしている場合はそうもいかないのでこの項目はクリア。
 
次に相川が「最近何かいいことあった?」と岡本に尋ねる。
すると岡本は特に無いと素直に答える。
 
もし浮気をしている場合、自分が疑われていると感じ時間を稼ぐために質問したりするのだとか。
つまりこの項目とクリア。
 
次に相川は「先週の金曜何してた?」と尋ねる。
その日は佐奈が岡本が女性といたと話していた日。
岡本は「終電近くまで大学にいて家に帰った」と答える。
人は嘘をつくときは右上を見る傾向があり、岡本は左上を見ていたためこの項目もクリア。
 
さらに人は嘘をついていると目を逸らす傾向にあるが、岡本はまっすぐ相川の目を見て話をしているため浮気の可能性はゼロ。
次の項目は服の雰囲気の変化。
服装が変化すると浮気可能性が高いのだとか。
実は岡本はここ最近服の雰囲気が変化していた。
それを問い詰めると急に岡本はしどろもどろし右上を見て目を逸らし何かを誤魔化そうとしている。
 
その様子を見た相川は「もういい…」とその場から立ち去ろうとする。
すると上野は相川を止め、「浮気チェック項目はあくまで傾向に過ぎない」と言う。
さらに浮気をしていないという証明は難しいためこのまま疑い続けるのは悪循環だと上野は相川に言う。
 
そして岡本に服装を変えるように指南したのは上野だったことが判明。
 
 
倦怠期を乗り越えるため
実は岡本は相川との倦怠期を感じていて、それをどうにかしたいと上野に相談し、上野は新しい刺激を与えるために服装を変えるようアドバイスしていたのだ。
 
そして岡本は相川から浮気を疑われていたことを知ると、笑顔になり「浮気なんかするわけないよ」と相川に言う。
その言葉を聞いた相川は安心し「疑ってごめん…」と謝り、岡本も「不安にさせてごめん…」と2人は仲直りするのだった。
 
そして佐奈が嘘をついていたことを白状すると、上野は「佐奈が嘘をついたのは相川と岡本の仲を良くさせるための演技だった」と事実を捻じ曲げ、相川たちはそれを信じるのだった。
結果的に上野に守られた佐奈はその後、なぜあんなことを言ったのかと尋ねる。
 
すると「あなたはこのホテルに必要不可欠な存在だ」と言い、その言葉に佐奈は感動。
その場から立ち去る上野は不敵な笑みを浮かべていた。
第2話の感想はここをクリック
今回は佐奈が仕事もでき彼氏もいて公私共に充実している相川を妬み、相川の彼氏・岡本のデマの浮気疑惑を流し相川と岡本との関係に危機が訪れるというストーリーでした。
 
しかし、上野が間に入ったことでなんとか相川と岡本との関係は修復され良かったですね。
 
上野が作成した浮気チェック項目を元に相川が岡本に浮気チェックにする場面は一つ一つが的確で勉強になりました。
 
人は嘘をつく時に右上を見る傾向にあるというのは、恋愛でなくても他の場面でも活用できそうだなと思いました。
 
今回、相川を陥れようとひどい嘘をついた佐奈でしたが上野に守られ五反田キングダムでバイトを続けることとなりました。
 
なぜ上野が嘘までついて佐奈を守り「ホテルに必要不可欠だ」と言っているのかその理由は謎です。
 
今後どんな展開が待ち受けているのか楽しみです。
<見逃し動画>第1話 「プレゼントで落とせ!」
 
TVerでの無料配信は終了しました
 
第1話の公式あらすじ

大学生の川田(タモト清嵐)は、同じ大学の学生で、「姫」と呼ばれチヤホヤされている品川佐奈(古畑星夏)を眺め、ため息をついている。そこに、ラブホテル【五反田キングダム】のマネージャー、上野(本郷奏多)が現れる。川田の佐奈に対する想いを見抜いた上野は、デートに誘う恋愛テクニックを指南する。
【五反田キングダム】のアルバイトから正社員となり、上野に酷使される日々を送る一条昇(柾木玲弥)は、友達以上恋人未満の関係である、パリで料理の修業をする中瀬麻衣(松井愛莉)のSNSをチェックする事を楽しみにしている。そんな中、大学生アルバイトの相川千尋(大沢ひかる)が就職活動を始めシフトを減らすため、新たなアルバイトを探すことに。
大学へ採用活動に向かった上野と一条は、上野が指南した川田に接触する。佐奈とデートの約束が出来たという川田に、上野は新たなテクニックを伝授する。上野が川田を下僕にしようと企んでいると察する一条だが、上野の思惑は・・・。
 
<出典>FOD公式

第1話のネタバレはここをクリック
大学生・川田への恋愛指南
ある日、上野は大学に来ていた。
 
そこで行けてない雰囲気の大学生・川田に声をかけ、恋愛テクニックを伝授することに。
上野は一度相手が断るような高めの要求をし、次にハードルが低い要求を提示すると、一度断った罪悪感から相手は次の要求を承諾してしまうという「ドアインザフェイス」の心理テクニックを教える。
 
それを聞いた川田は「なるほど!試してみよう!」と目を輝かせる。
「成功の際は是非当ホテル五反田キングダムをご利用ください」
上野はそう言い、川田に名刺を手渡すのだった。
 
一方、アルバイトだった一条は五反田キングダムの社員になり、仕事の合間に向かいの喫茶店「むちゃカフェ」で休憩していた。
そこで愚痴を垂れる一条の姿を見た新人アルバイト・里帆は呆れ「一条さんみたいな大人にはなりたく無い」と一条に告げるのだった。
すると、むちゃカフェに上野がやって来て一条を仕事に連れ戻し、五反田キンダムでアルバイトを募集することを告げる。
 
その後、大学で上野が恋愛指南した川田が嬉しそうにやって来る。
どうやら川田は上野から教わった恋愛テクニックを駆使し意中の相手・佐奈とのデートの約束に成功したようだ。
さらに佐奈はもうすぐ誕生日ということで気に入られるようなプレゼントしたいと相談。
上野は恋愛指南をする代わりに川田を五反田キンダムでアルバイトをさせることにするのだった。
 
 
プレゼント=素敵な思い出
その後、上野は佐奈へのプレゼントについてアドバイスをする。
2万円の予算でバッグを買おうとしている川田に上野は「コストパフォーマンスが悪い」とバッサリ。
「2万円の予算でプレゼントするときは2万円のものを買ってはいけない!」
2万円のバッグをそのままプレゼントしても味気なくその価値が激減してしまう。
包装、メッセージカードなどは有料でもしてもらうべきだと上野は指南。
 
さらにそのデートの食事はどうするのか?と尋ねる上野。
すると川田はプレゼントでお金を使うため安い居酒屋で食事を考えていると話す。
 
それを聞いた上野は呆れ顔。
「プレゼントを渡すのに適したお店を予約するべき!
プレゼントは素敵な思い出を渡す総合芸術です!演出をこだわることで高価なものを贈るよりも、心に残る思い出になる!」
上野はそう指南するのだった。
 
 
佐奈をホテルに連れて来るも…
その後、仕事中の一条は相川と話していた。
 
するとそこに川田と佐奈が五反田キンダムにやって来る。
ホテルの雰囲気にテンションが上がる佐奈だったが、「突然用事を思い出した」と言い帰ろうとする。
すると川田は無理矢理佐奈を部屋に連れて行こうとする。
佐奈を部屋に連れて行った川田はキスをしようとするも佐奈は拒否。
 
すると部屋に上野と一条がやって来る。
「嫌がる女性を力尽くでモノにしようとするのは私がもっとも軽蔑する行為です」
上野はそう言うと一条を取り押さえるよう指示し、佐奈をホテルの部屋から出す。
納得していない川田に上野は佐奈の気持ちについて指南する。
 
女性はSEXをする上で、以下の4つのことを考えるのだとか。
 
・その価値があるのか?
・今する必要があるのか?
・タイプじゃ無い部分はないか?
・もっといい男がいるのではないか?
 
「佐奈はあなたとSEXをする価値を見出せなかっただけだ」
上野はそう川田に言うと、川田は怒ってホテルの部屋から出て行くのだった。
 
 
佐奈が五反田キングダムのアルバイトに
その後、上野は一条と話していた。
 
そこで上野はさっき言った4つの条件を全てクリアできることはありえないと話す。
クリアせずともクリアするためには以下のことが大切なのだとか
・考える時間を無くす
・断りにくい既成事実を作る
 
そんなことを話していると、そこに佐奈がやって来る。
「助けて頂きありがとうございました」
すると上野は「それではまた…」と意味深な言葉を残す。
どうやら上野は佐奈をアルバイトとして雇おうと考えていたのだ。
 
そして一条は上野の指示で佐奈を家まで送ることに。
そこで一条は五反田キンダムでアルバイトしないか?と求人情報を手渡すのだった。
バイトをするつもりは無い佐奈だったが、上野にお礼をしようと五反田キンダムへ。
 
しかしそこで佐奈は上野の心理テクニックによりアルバイトするよう誘導され、流れで佐奈は五反田キンダムでアルバイトすることとなるのだった。
第1話の感想はここをクリック
今回は大学生・川田への恋愛指南として意中の相手にプレゼントを送る際のテクニックが展開されました。
 
プレゼントを送る際にただただそのモノを渡すのではなく、ちゃんとした包装やメッセージカード、さらなはそれを渡す場所までこだわり総合的に良い思い出となるようにするべきだという上野のアドバイスは一つ一つが的確で、観ながら「なるほど。確かに」と勉強になりました。
 
川田が佐奈をホテルまで連れて行くことに成功するも、佐奈が帰ると言い出し結局一夜を共にできず、上野がその理由について、さらにその対策について話す場面は、佐奈をアルバイトとしてスカウトするためだったとはいえ川田が少し可哀想に感じました。
 
ラストには上野に言葉巧みに誘導され五反田キングダムでバイトをすることとなった佐奈はどうなってしまうのか、また次回はどんな展開が待ち受けているのか楽しみです。

ラブホの上野さん season2の内容

公式サイト

“五反田の繁華街に佇むラブホテル【五反田キングダム】のマネージャーの上野さん(本郷奏多)は、数々の恋に悩む男と女に恋愛指南を施し、成就させている。
【五反田キングダム】のアルバイトから正社員になり、上野に酷使される日々を送っている一条昇(柾木玲弥)は、パリで料理の修業をする中瀬麻衣(松井愛莉)のSNSをチェックすることを楽しみにしているが、充実している麻衣との格差を感じるようになる。
 
そんな中、【五反田キングダム】の人手不足を解消すべく、上野さんと一条は一条の母校の大学で採用活動を行う。そこで、姫と呼ばれチヤホヤされている女子学生、品川佐奈(古畑星夏)と出くわし、上野さんの思惑通りアルバイトとして迎え入れる。
 
誰にでも愛想良く振る舞う佐奈は、一条に対してだけは見下した態度を取る。好意を持つ上野に近付きたいという思いから【五反田キングダム】のアルバイトになった佐奈は、上野さんには相手にされず、仕事への意欲も失なっていくが、上野さんから良い女になる素質があると告げられる事がきっかけで、良い女になる決意を固め、仕事に取組むようになる。
 
また、一条も上野さんに認められたい思いで奮闘を続ける。当初は一条を見下していた佐奈だが、一条に対する見方が徐々に変化して行く・・・。
果たして佐奈は上野さんの望む良い女になれるのか?また、一条と佐奈の関係はどうなるのか?”
 
<出典>フジテレビ公式

<出演者>

本郷奏多/柾木玲弥/古畑星夏/大沢ひかる/芋洗坂係長/聡太郎/天野菜月/麻丘めぐみ

<各話のタイトル>

第1話 プレゼントで落とせ! 神田優
第2話 浮気と決めつける その前に……
第3話 恋活パーティー完全攻略法!!
第4話 イジられたい女たち
第5話 磨いて光って恋をして!?
第6話 キャバクラ純愛物語
第7話 リア充とは何だ?
第8話 恋愛指南バトル!ニセ上野現る!?
第9話 ウソつきは不倫の始まり
第10話 恋とデートはタイミング!
第11話 素敵なフリ方フラれ方

第1話から最終回まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「FODプレミアム」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

ラブホの上野さん season2の感想

40代男性

シーズン1を見ていた方ならわかると思いますが、続けて観たくなる作品であり上野さんのその神出鬼没な出現方法は非常に面白く見させていただきました。また愛すべき一条くんもそのキャラクターに没頭してしまうものがあり、二人のその軽快なやりとりがすごくお笑いの漫才を見ているようで面白かったです。ずっと二人のやり取りを見続けていたいものであります。明らかにドラマと原作の脚本が異なっているという仕上がりにファンは肩が落ちるのだと思います。しかしながら違った作品であると感じて別の目線で楽しむ方法を模索すると、これはこれで面白いと思われ、違った上野さんも見守り続けてみるのも良いと思います。そういった原作ファンをないがしろにしている点は否めませんが、それを補って余りあるぐらいの上野さんの面白さがあるのだと思います。出現のタイミングはバッチリであり、とにかく心待ちにしている視聴者が多かった。そしてそういった声に基づいて作られたシーズン2ということも納得できる面白さでありました・コメディエッセンスが7割方あり、コメディドラマの要素を含んでいますが、少しだけ豆知識も適度に摂取できるのでちょうど良いバランスが保たれているドラマだと感じられました。

50代男性

シーズン1も同様ですが、男性の心理と女性の心理を良く説明されていて、男女の心理学的にも勉強になります。特にドラマでは、奥手な男性が女性の気持ちをどう掴むか、どのようにアプローチ、言葉をかけていくかが詳しく、面白おかしく演出されていて、非常に興味深い。最終的には、ぜひ五反田キングダムをご利用ください!と、営業トークにしているのも、嫌味なく観れるポイントなのではないだろうか。毎回毎回、オタク系の男性や、イケイケの男性、思ったことが勇気をもてずに言葉にも、行動にも表せない男性が、女性の気持ちに寄り添い理解していく術を伝授されていく中で、今までの男側の視点からの誤解や、同じような行動でも僅かな気配りで女性の気持ちを和らげており、実際に効果的なアドバイスが沢山あると思う。やはり女性は自分を認めてもらえることや、自分の内面に興味を持って話しを聞いて同意してくれることなど、女性の心理をついている演出も見どころ。このドラマは、ただ面白おかしく観て終わりにしてしまうのは、もったいない。ホントに女性と接する上で勉強になります。ただ、このドラマではホテルでゴールインになってしまうが、そのゴールから末永く付き合いが続いていくことの難しさも、なんらかの形で伝えていけたら、尚更素晴らしいと思う。

40代男性

シーズン1同様、シーズン2においても、上野さんの恋愛テクニックは面白いです。シーズン2では、料理の修行に行った麻衣と五反田キングダムの正社員の一条が遠距離恋愛をしていて、それぞれすれ違いになってしまう事がシーズン2を通してのストーリーの軸になっている構造でした。一条が麻衣に似たキャバ嬢に入れ込んだり、上野と新キャラの品川が変装して、キャバクラに体験入店したりと、いずれの登場キャラもポイントがズレた行動をするところに笑ってしまいました。麻衣の先輩である、日本が大好きなピエールが紛らわしい事を言ってしまい、さらにそれに被せるように、品川が一条と付き合っていると言ったりした事で、余計にややこしい事になってしまったのには苦笑いしてしまいました。上野さんはどんな時も安定したキャラで、ブレないのが凄いです。相川というシーズン1でも目立つ存在が大学卒業して就職する事になった事で、新キャラとして品川が入店する事になりましたが、相川とはまた違う路線ですので、ちょっとインパクトが薄い気はします。しかし、麻衣と一条との間に入ってきて、三角関係になりそうかなという微妙な関係を作るには、良いキャラクターだと思います。